会員にならなくてもいいジムはある?種類やメリット・デメリットを解説

会員にならなくてもいいジムはある?種類やメリット・デメリットを解説

「ジム通いが続くか不安」「忙しくて定期的に通えない」などの理由から、会員にならなくてもいいジムを探している人は多いでしょう。自治体が運営する「公営ジム」は会員制度がないため、好きなタイミングでトレーニングできます

ただし、公営ジムは設備が充実していなかったり、トレーニングのアドバイスを受けられなかったりすることも。この記事では、公営ジムのメリット・デメリットや、入会金不要でスポット利用できるジム3選をご紹介します。

※料金はとくに指定がない場合すべて税込価格です。

会員にならなくてもいい「公営ジム」とは?

会員にならなくてもいい「公営ジム」とは?

会員にならなくてもいいジムを探しているなら、家の近くに「公営ジム」がないか調べてみましょう。公営ジムとは、自治体が管理しているジムのことです。

ここでは、公営ジムの特徴や利用料金などをご紹介します。

公営ジムの特徴

公営ジムは自治体が運営する公共施設です。地域にお住まいの人であれば、安い料金でトレーニングできます

公営ジムは、市区町村が所有する施設の中で運営されていることが多いです。「総合体育館」や「スポーツセンター」などの名称がつけられていることもあります。

公営ジムの設備

公営ジムは自治体が運営しているため、ジムによって設備の充実度に差があります。とくに、ジムの規模の大小や設置されているマシンの豊富さなどは、ジムごとに大きく異なるポイントです。

なかには、民間ジム(=民間業者が運営するジム)と連携してインストラクターが常駐していることも。ただし、パーソナルジムのように付きっきりの指導を受けられるわけではなく、マシンの使い方などの質問に答えてもらう形が基本です。

公営ジムの利用料金

公営ジムの利用料金は数百円程度です。

月額制ではなく1回ごとの料金を支払う仕組みのため、会員にならなくても利用できます。

公営ジムの客層

公営ジムの客層は、主婦や会社員、お年寄りの人などさまざまです。

筋トレ目的の人もいれば、ダイエットや運動不足の解消など、通う目的も人によって異なります。

公営ジムのメリット

公営ジムのメリット

公営ジムには主に2つのメリットがあります。

メリット① 民間ジムよりも料金が安い

公営ジムの大きな魅力は、民間ジムに比べて利用料金が安いことです。地域によって異なりますが、公営ジムの中には1回当たり400円で利用できるジムもあります。以下は東京都内の公営ジムの料金例です。

エリア施設名利用料金
(一般の方・1回当たり)
東京都渋谷区スポーツセンター
(トレーニング室)
400円
東京都新宿区新宿スポーツセンター
(トレーニング室)
400円 ※3時間以内
東京都豊島区豊島区立豊島体育館400円

一方で、民間ジムでは月々の利用料金に加えて入会金などが発生することも少なくありません。たとえば、パーソナルジムの基本的なプランである2カ月(16回)コースに通うと仮定した場合、有名なジム15社の料金相場は20万円程度です(入会金+コース料金)。

「まずはお試しでトレーニングしたい」「コストを抑えて運動したい」人には、リーズナブルな公営ジムが向いているでしょう。

メリット② 都度払いのため、会員にならなくてもいい

公営ジムの支払いシステムは都度払い制のため、会員にならなくても利用できます。

民間ジムの会員になると、利用回数が少ない月であっても、会員費などの固定費がかかります。その点、公営ジムは月額会員になる必要がなく、好きなタイミングで気軽に通えるのがメリットです。

公営ジムのデメリット

公営ジムのデメリット

公営ジムは料金の安さや気軽に通えることがメリットですが、以下のようなデメリットもあります。

デメリット① 設備の充実度は期待できない

スポーツジムやパーソナルジムに比べると、公営ジムは設備が充実していないことが多いです。

施設の規模が小さかったり、トレーニングマシンの種類が少なかったりすることは珍しくありません。また、公営ジムは予約制ではないため、使いたいマシンを好きなタイミングで使えない可能性もあります。

なかにはスタジオやプールが併設されていることもありますが、そのような設備が整った公営ジムは、全体で見るとごく一部に限られます。

デメリット② 営業時間が短い

営業時間が短いことも、公営ジムのデメリットの一つです。夜遅くには利用できないケースが多いため、たとえば仕事帰りに立ち寄るのは難しいでしょう。

デメリット③ プログラムが少ない

公営ジムのデメリットとして、プログラムが少ないことが挙げられます。民間ジムでは、エアロビやヨガなどの講座が開催されることが多く、筋トレ以外の運動も楽しめます。

公営ジムではこのようなプログラムが充実していないため、自分で黙々と筋トレするだけでは物足りない人には不向きでしょう。

デメリット④ トレーナーのサポートが無いため、運動の成果が見えにくい

公営ジムではトレーナーのサポートを受けられないため、自分でトレーニングメニューを管理しなければなりません。一人で黙々とトレーニングする必要があり、運動の成果が見えるまでに時間がかかりやすいです。

効率よく運動するならパーソナルジムがおすすめ!

効率よく運動するならパーソナルジムがおすすめ

公営ジムはコストを抑えて気軽に利用できますが、設備面やサポート体制が整っているとはいえません。公営ジムよりも効率よく運動したい人には、パーソナルジムがおすすめです。

パーソナルジムとは、一人ひとりの会員に対して専属のトレーナーが指導を行うジムのことです。マンツーマンで指導を受けられる分、公営ジムやスポーツジムよりも料金がかかります

ただし、体型や目標に合わせてトレーニングメニューを組んでもらえたり、2〜3カ月の短期間で目標達成に向けてサポートしてもらえたりするため、トータルのコストパフォーマンスは優れているでしょう。

ボディメイクやダイエット、アスリート向けの体づくりなど、さまざまな利用目的に対応しているのも特徴です。公営ジムよりも設備やサポートが充実したジムに通いたいなら、パーソナルジムを検討してみましょう。

パーソナルジムならではの魅力とは?

パーソナルジムならではの魅力とは?

パーソナルジムには以下のようなメリットがあります。

体力や目的に合わせたトレーニングメニューを組んでもらえる

パーソナルジムでは、一人ひとりの体力や目的に合わせてトレーニングメニューを組んでもらえます。

とくにトレーニングに慣れていない場合は、目標に向けて何からはじめればいいかわからない人が多いでしょう。トレーニングをしても効果を実感できず、運動が続かないケースは珍しくありません。

ジムに通ってパーソナルトレーニングを受けると、現在の体力や目的に合わせて適切なメニューを提案してもらえます。専属トレーナーの指導のもと、自分に合うメニューで運動できるため、トレーニングの成果を実感しやすいでしょう。

正しい姿勢やフォームを教えてもらえる

正しい姿勢やフォームを教えてもらえることも、パーソナルジムの大きな魅力です。

効率よく運動するためには、正しい姿勢やフォームを知っておく必要があります。ジムでのトレーニング中は専属のトレーナーが付きっきりのため、姿勢やフォームが間違っていれば、すぐに正しい方法を指導してもらえます

また、マシンの正しい使い方も学べるので、ケガのリスクを抑えられるでしょう。

待ち時間なくマシンを利用できる

公営ジムとは異なり、パーソナルジムではマシンを利用する際の待ち時間がありません。基本的に予約制のため、ジムにあるマシンを独占できます

公営ジムの場合は混雑状況によってマシンが使えなかったり、待っている人が気になってすぐに使用をやめたりすることもあるでしょう。パーソナルジムでは待ち時間なくマシンを利用できるため、ジムでのトレーニング時間をフルに活用できます

周囲の視線を気にせずにトレーニングできる

パーソナルジムでは、周囲の視線を気にせずにトレーニングに集中できます。ほとんどのジムで個室が完備されているため、トレーニングしている姿を他人に見られることがありません

大勢が一つの空間に集まってトレーニングするようなジムでは萎縮してしまう人も、完全個室なら集中して運動に取り組めるでしょう。集中力がアップすることで、1回当たりのトレーニングの質も高まるはずです。

食事の仕方や栄養の知識が身につく

食事指導を行うパーソナルジムでは、食事の仕方や栄養の知識も学べます。ジムによっては、食事の専門家である管理栄養士に食事メニューを提案してもらえたり、毎食分のアドバイスをLINEで受けられたりすることも。

目標に合わせて適切な食事の仕方をアドバイスしてもらえるため、より効率的に理想の体型を目指せます。また、ジムの契約期間中に食事指導を受けることで、ジムを卒業したあとの食生活にも役立てられるでしょう。

精神面もフォローしてもらえる

パーソナルジムでは、運動や食事のサポートに加えて、精神面もフォローしてもらえます。

目標に向かってトレーニングを続ける中では、不安が生じることもあるでしょう。ジムではプライベートな空間で過ごせるため、悩みを気軽に相談できます

また、一人でトレーニングする場合はモチベーションの維持が難しいですが、ジムに通う場合はトレーナーにサポートしてもらいながら運動できます。目標に向かってトレーナーがしっかりと寄り添ってくれるため、モチベーションが維持されて挫折しにくくなるでしょう。

レンタルや返金保証などのサービスが充実している

さまざまなサービスが充実していることも、パーソナルジムならではの魅力です。

ジムによっては、トレーニングに必要なウェアやシューズなどをレンタルできます。トレーニング用品の預かりサービスを行っているジムもあるため、ジム用の荷物を持たずに手ぶらで行けるのがメリットです。

また、条件を満たした場合に返金保証(※)が受けられるジムも多数あります。返金保証制度を設けているジムであれば、ジム通いがはじめてで不安な人も利用しやすいでしょう。

※返金制度には適用条件があります。詳細は各ジムの公式サイトを確認、お問い合わせが必要です。

パーソナルジムは会員にならなくても利用できる?

パーソナルジムは会員にならなくても利用できる?

パーソナルジムの中には、会員にならなくても利用できるジムがあります。このような仕組みを「スポット利用」や「ビジター制度」といいます。

スポット利用に対応しているジムでは、入会金や月々の固定費が発生しません。代わりに、1回当たりの利用料金が割高になりやすい点には注意しましょう。

運動したいけれど定期的に通うのが難しい人や、さまざまなジムを体験してみたい人は、スポット利用を活用するのがおすすめです。

会費・入会金無料でスポット利用できるパーソナルジム2選

会費・入会金無料でスポット利用できるパーソナルジム2選

ここでは、会費・入会金無料でスポットでパーソナルトレーニングが利用できるパーソナルジムを2つご紹介します。

eviGym(エビジム)

eviGym(エビジム)
入会金(税込)無料
コース料金(税込)月8回プラン57,200円/月
時間・回数1カ月(60分×8回)
1回あたりの料金(税込)7,150円
\キャンペーン実施中/

6月30日まで限定! 初回体験50分(通常税込9,900円)が今なら1,100円(税込)!

※上記に記載している料金やキャンペーンは、各社の方針により変更される可能性、予告なく終了する場合があります。詳細は公式サイトのお問い合わせフォームや店舗にてお問合せください。

エビジムは、東京都内に店舗を展開するパーソナルジムです。

スポット利用に対応しており、都度払いできるのが特徴です。入会金や退会金が発生しないため、ジム通いにかかるコストを抑えられます。

1回のスポット利用料金は9,900円(税込)ですが、初回は5,500円(税込)でお試しが可能です。まずは初回体験トレーニングでジムの雰囲気を確認してみましょう。

eviGymは、「笑顔」をトレーナーの採用基準にしているのも特徴です。利用者との距離が近く、通いやすいジム作りに注力しています。

独自のエビジムメソッドにより、ダイエットや肩こり解消、冷え性対策などさまざまな目的にアプローチ。ライフスタイルや体型などから根本的な原因を見つけ出し、理想の体型に向けて効果的なトレーニングを提案します。

トレーナーとの関係性を重視する人や、利用者への配慮が行き届いたジムをお探しの人は、エビジムを利用するのがおすすめです。

入会金(税込)無料
コース料金(税込)月8回プラン57,200円/月
時間・回数1カ月(60分×8回)
1回あたりの料金(税込)7,150円
店舗エリア都内・関東
営業時間平日:7:30~22:00
土日祝:7:30~22:00

※店舗により異なる

支払い方法クレジットカード、PayPay、LINEPay
レンタル可能品・無料サービスウォーターサーバー、ウェットシート
シャワー設備×
体験○ ※1,100円(税込)
女性専用×
女性トレーナーの有無

MIYAZAKI GYM(ミヤザキジム)

MIYAZAKI GYM(ミヤザキジム)
入会金(税込)22,000円
コース料金(税込)16回プラン 176,000円
時間・回数2カ月(60分×16回)
1回あたりの料金(税込)12,375円
\キャンペーン実施中/
  1. 体験当日の入会で入会金無料!
  2. モニター参加で24回コースの料金が10%コース割引!

    ※詳細は店舗でご確認ください

※上記に記載している料金やキャンペーンは、各社の方針により変更される可能性、予告なく終了する場合があります。詳細は公式サイトのお問い合わせフォームや店舗にてお問合せください。

ミヤザキジムは、東京都内に多数の店舗を有するパーソナルジムです。

都度払いプランを設けており、1回当たり13,200円(税込)で利用できます。11回目以降は割引が適用され、1回当たりの利用料金は11,000円(税込)です。

通常は入会金として22,000円(税込)がかかりますが、初回カウンセリングや体験レッスン当日に入会すれば入会金がかかりません

短期集中ダイエットや男性向け・女性向けのボディメイクなど、幅広い目的に対応しているのも特徴です。科学的根拠にもとづいたボディメイクメソッドを取り入れており、短い期間での目標達成が目指せます。

豊富な経験を活かしたオーダーメイドのトレーニングを体験してみたい人は、ぜひミヤザキジムを利用してみてください。

入会金(税込)22,000円
コース料金(税込)16回プラン 176,000円
時間・回数2カ月(60分×16回)
1回あたりの料金(税込)12,375円
店舗エリア都内・関東
営業時間平日:7:00~23:00
土日祝:7:00~23:00
支払い方法現金、クレジットカード、分割払い
レンタル可能品・無料サービスウェア、ドリンク(有料)
シャワー設備×
体験
女性専用×
女性トレーナーの有無-

会費・入会金無料でスポット利用できるセミパーソナルジム

会費・入会金無料でスポット利用できるセミパーソナルジム

セミパーソナルトレーニングとは、複数人の受講者に対してひとりのトレーナーがレッスンを行うシステムのこと。

ここでは、スポット利用できるセミパーソナルジム「Bodies(ボディーズ)」をご紹介します。

Bodies(ボディーズ)

Bodies(ボディーズ)
入会金(税込)6,600円(+事務手数料1,500円)
コース料金(税込)ボディーズ会員(レギュラー) 5,970円/月~
時間・回数1カ月(30分×通い放題)
1回あたりの料金(税込)1,082円
※週3回通った場合
\キャンペーン実施中/

夏はすぐそこBodies入会キャンペーン(8月31日まで!)
プロテイン会員なら月会費が2カ月分無料&年会費が20%OFF!

※上記に記載している料金やキャンペーンは、各社の方針により変更される可能性、予告なく終了する場合があります。詳細は公式サイトのお問い合わせフォームや店舗にてお問合せください。

ボディーズは、「ABCクッキングスタジオ」発の女性専用トレーニングジムです。会員制プラン以外にビジター利用制度もあり、不定期でジム通いしたい人のニーズに応えています。

ビジターとしてボディーズを利用する場合、入会金を支払う必要はありません。利用するプログラムによって料金が異なりますが、シューズをレンタルしても1回当たりの合計金額は2,000円以下です。

ボディーズでは、以下の4つのプログラムを提供しています。

  • サーキットトレーニング
  • ゲルマニウム温浴
  • ヨガ
  • ランニング

女性トレーナーがマシンの使い方などを教えてくれるため、マシンを使ったトレーニングがはじめての人も利用しやすいでしょう。女性専用の空間で気軽にトレーニングしたい人にはボディーズがおすすめです。

入会金(税込)6,600円(+事務手数料1,500円)
コース料金(税込)ボディーズ会員(レギュラー) 5,970円/月~
時間・回数1カ月(30分×通い放題)
1回あたりの料金(税込)1,082円
※週3回通った場合
店舗エリア全国
営業時間平日:10:00~22:00
土日祝:10:00~22:00

※店舗により異なる

支払い方法口座振替、現金払い、クレジットカード
レンタル可能品・無料サービスシューズ(250円/回)
シャワー設備
体験
女性専用
女性トレーナーの有無

まとめ

まとめ

会員にならなくてもいいジムを探しているなら、自治体が運営する公営ジムを利用してみましょう。会員制ではないため気軽に通いやすく、その地域に住む人であれば安価な料金で利用できます。

ただし、公営ジムには「設備が充実していない」「トレーナーのサポートが無い」などのデメリットがあります。予約制ではないため、行く日によっては混雑していることもあるでしょう。

その点、パーソナルジムなら充実した設備を独占できます。また、専属のトレーナーによるマンツーマン指導によって効率的に運動できるのもメリットです。

パーソナルジムは会員制が多いですが、なかにはスポット利用できるジムもあります。会員にはなりたくないけれど、サービスやサポート体制も重視したい人は、パーソナルジムの利用を検討してみてください。

この記事の著者
駅探PICKS編集部
駅探PICKS編集部
駅からみつかる楽しい・便利な情報を編集部が厳選してお届け。普段何気なく利用している駅の近くにも、あなたにピッタリのサービスが見つかるかも?