不動産査定のおすすめアプリ5選!メリットとデメリットも解説

不動産査定のおすすめアプリ5選!メリットとデメリットも解説

今住んでいる家や遠方にある家を売却するためには、まずどのくらいの価値があるかを知る必要があります。そのためには、不動産会社に査定をお願いすることになりますが、不動産会社と言っても、具体的にどうしたらいいのかも分からないもの。そういう人たちにとって心強いのが不動産査定アプリです。

ここでは、不動産査定アプリの特徴と上手な使い方、利用することのメリットやデメリット、さらにおすすめのアプリなどを紹介します。

不動産査定の種類と特徴

不動産を売却するためには、売り主側が売却価格を設定しなければいけません。しかし、売却価格は、高ければ高いほど売り主の利益が増えますが、売れ残る可能性が高くなりますし、逆にすぐ売れるぐらいの価格にすると売り主に入るお金は少なくなってしまいます。

さらに、周辺の物件よりかなり安いと、何か問題のあった事故物件ではないかと勘繰られて売れ残る可能性もあります。売却価格は売り主が設定するものですが、適当に金額をつけるのではなく、いろいろな情報をもとに設定するもの。

不動産査定の方法として、以下の査定方法があります。

机上査定

机上査定は、査定方法の一つで、比較的簡単に割り出せる方法の一つです。売却を考えているほとんどの人が第1段階として行っています。所在地や築年数、面積など物件の情報を過去の物件データや、国が発表する地価などから算出します。過去の物件データは不動産会社によって違いますので、提示される査定額は不動産会社ごとに異なります。

査定結果は早ければ当日中にわかります。メールで伝えてくるところもあれば、郵送で他の資料と一緒に送ってくる場合もあります。今では、便利さからWebサイトで査定を依頼することが多いのでメールでの連絡が多くなっている傾向です。

査定依頼をする際に、物件や依頼主の個人情報なども入力することになりますが、最近では匿名で依頼できるWebサイトも増えています。

訪問査定

訪問査定は、文字通り物件を直接見て査定する方法です。より正確な査定額を知りたい場合は必ず行わなければいけません。すでに伝えてある物件情報と直接見た物件を細かく照らし合わせながら、細部にわたってチェックを入れて査定額を算出します。

また、書類上では分からないところ、例えば最寄りの駅や停留所までの距離や道路状況や周辺の環境、生活に必要な施設の有無、日照時間帯や騒音、においなども査定額に反映されます。そのため、机上査定よりは時間がかかるのが普通で、訪問査定後1週間~10日ほど必要ですが、より正確な査定額が得られます。

訪問査定の場合は、売り主も立ち会いが必要ですので、時間に余裕のある時を選んで依頼するようにしましょう。

AI査定

最近多くなってきた方法ですが、机上査定のように書類を基に算出します。机上査定はあくまでも不動産会社の社員がデータを見ながら算出しますが、AI査定は物件情報をAIデータと照らし合わせるため、あくまでも客観的な査定額が算出されることになります。

また、人の手を介さずに機械を通すため、目的以外に利用される心配がなく正式な査定依頼までは匿名のままにすることが可能です。しかも、不動産会社の繁忙期でも待たされることなく短時間で査定額を知ることができるため、AI査定を採用している会社への査定依頼が増えています。

AI査定とあわせて訪問査定も依頼することで、さらに正確な査定額が得られます。参考価格の一つとして考るとよいでしょう。

不動産一括査定 

以上、3つの査定方法がありますが、これらをより簡単にできる方法として、不動産一括査定サイトの利用があります。不動産一括査定サイトは、24時間365日PCやスマホから気軽に査定依頼ができます。

さらに、依頼できる不動産会社も1社だけではなく、複数社、多いところで上限のないWebサイトもあります。査定額は一つだけではなく、いくつかの査定額を比較検討した方がより適した売却価格を設定できるので、手間の少ない不動産一括査定サイトを利用するのがおすすめです。

利用者の多くは、ここで得た情報をもとに自分に合った会社を選んで次の段階である訪問査定を依頼するという方法をとっています。

不動産査定のおすすめアプリ5選

不動産査定アプリはまだまだ新しいサービスですが、次のアプリは使いやすさや手軽さの点からおすすめです。

ハウスドゥ「10秒でDo」

※画像出典元:HOUSE DO公式サイト

「10秒でDo」は大手不動産業の株式会社ハウスドゥが運営している無料の不動産査定アプリです。

不動産の所在地や面積、築年数などおよそ基本的な情報を入力し、送信してからおよそ10秒で査定結果が送られてきます。ビッグデータを駆使したAI機能を用いてハウスドゥ独自のアルゴリズムによって査定額を算出します。過去の取引データや市場全体の相場額をもとにしたハウスドゥ独自のデータです。提示された査定額に納得したらメールで正式に査定申し込みをします。

ただし、正式な査定申し込み時には、不動産情報だけではなく依頼者の個人情報も入力しなければいけません。他の目的には使用することなく、個人情報の保護には努めていますので安心できますが、自身の情報が伝わることは念頭に置いて、使用してください。

リビンマッチ「らくらく不動産査定」

※画像出典元:リビンマッチ公式サイト

「らくらく不動産査定」は、リビン・テクノロジーズ株式会社が運営している不動産一括査定サイトのアプリ版です。同じく運営している一括査定サイト「リビンマッチ」とほぼ同じ内容であり、サイトのアプリ版です。

他社の査定アプリと違うのは、同時に6社まで査定依頼ができる点です。入力する情報もGPS情報を利用して所在地入力が省略でき、同時に近隣の相場も知ることができるので、売却価格を決める参考資料として重宝します。

「らくらく不動産査定」は、Webサイトと同じ方法で査定依頼ができ、その後も簡単な操作で査定額を確認できます。

リビンマッチの評判や口コミが知りたい方は以下の記事もおすすめです。

【2022年最新版】リビンマッチのリアルな口コミ・評判とは?

ハウスマート「カウル」

※画像出典元:カウル公式サイト

「カウル」は、株式会社Housemart(ハウスマート)が2016年から運営しているサービスです。マンションに特化しており、主に首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)のマンションを査定対象としています。数あるサービスの中で一番の魅力は、仲介手数料が半額になる点です。

最低の手数料が60万円を超えた場合、仲介手数料が半額になるサービス。例えば、3,800万円の物件を取り引きすると通常120万のところが「カウル」では手数料が半額の60万円になるということです。これは売却・購入どちらにも適応されます。また、匿名での査定依頼もできますので、初めて査定を依頼する人には安心して利用できます。

さらに、マンションを売却後、「カウル」を介して別のマンションを購入した場合、10万円キャッシュバックされるサービスもついています。

Yahoo!JAPAN「Yahoo!不動産」

※画像出典元:Yahoo!JAPAN「Yahoo!不動産」公式サイト

「Yahoo!不動産」はネットショッピングサイトとして有名なYahoo!株式会社が運営している不動産物件検索アプリです。ソニーグループの開発したAIを用いて査定サービスを行っています。首都圏のマンションが対象ですが、2022年6月末で終了した連携先の「おうちダイレクト」に変わる新しい物件検索サービスとして運営しています。

主にマンションの購入や賃貸を希望する人向けの内容になっていますが、売却希望者向けのメニューもありますので、住み替えを希望する人には手間が省けて便利です。なお、ホームページ上でもサイト「Yahoo!不動産」を運営しており、ほぼ同じ内容で提供していますので、そちらもご利用ください。

フィナンシャルドゥ「Do BANK」

※画像出典元:ファイナンシャルドゥ公式サイト

「Do BANK」は、株式会社フィナンシャルドゥが運営する不動産担保ローンのシミュレーションができるアプリです。家を購入したいけれど、手持ちのお金はないから借り入れをしたい。しかし、いくら借りられるのか分からないし、銀行へ相談に行く時間もないし、相談しずらい。そのような人のために、家に居ながらにしてPCやスマホから簡単に借り入れ可能額を調べることができるのは、とても楽です。

今すぐ家を購入しなくても、今後どのくらいの予算を立てれば購入できるかなどと計画をたてる目安にもなります。アプリ上で住所や面積を入力するだけで、およそ10秒後に借り入れ可能額が分かります。

フィナンシャルドゥは不動産会社の大手であるハウスドゥの100%子会社なので、不動産全般の知識が豊富です。家を買うのに最も考えるべきお金のことを親身になって考えてくれる会社です。

不動産査定をアプリでする2つのメリット

PCやスマホで査定額を調べるには、不動産一括査定サイトを利用するのが一般的でしたが、Webサイトは単発で利用できるようになっているため、刻一刻と変わる査定額や相場を知るには毎回Webサイトを検索しなければいけませんでした。

このような面倒くささをなくしたのが不動産査定アプリです。まだまだ数は多くありませんが、手軽に調べられるため便利です。

査定の結果がすぐにわかる

不動産査定アプリは基本的にAIを利用しているところが多く、通常の机上査定よりも早く査定額がわかります。知りたいときにすぐに知ることができるので、売るタイミングも決めやすくなります。さらに、24時間365日、自分の都合のいい時に自分のPCやスマホから調べられるというのも魅力。

なお、AI査定を採り入れているのは、ハウスドゥの「10秒でDo!」、ハウスマートの「カウル」、Yahoo!Japanの「Yahoo!不動産」です。それぞれに特徴があるので、事前に調べてから自分に合ったアプリを利用するといいでしょう。

不動産会社からの営業電話を避けられる

不動産査定アプリでもある程度の情報は伝えなければいけません。個人情報もアプリによっては詳しく伝えなければいけないアプリや最小限だけで査定してもらえるところなどさまざまです。

このうち、連絡先やアドレスだけで済むところでしたら、不動産会社からの連絡もメールのやり取りだけで済むため、煩わしい営業電話がかかってくる心配はありません。あくまでも、査定の第1段階ですので、査定額だけを教えてもらい、後の売却を依頼したい会社には個別に連絡先を伝えますが、他の会社には伝わる心配はありません。

不動産査定をアプリでする2つのデメリット

一方、注意しておくべき点もあります。アプリを利用する前には知っておいた方がいいでしょう。

査定結果はアプリによって変わる

アプリの中でも不動産一括査定サイトは同時に複数社に査定を依頼できますが、不動産会社が独自で運営している不動産査定アプリは、その会社が持つたデータや方法によって算出された査定額しか分かりません。他社の査定額を知るには、他社のアプリを利用するか、一括査定サイトおよびアプリを利用するしかありません。正確な査定額を知るためには、1社だけではなく、複数の会社から査定額を取り寄せて比較検討する方がよいでしょう。

よって、面倒でもできるだけ他社のアプリも利用して、より正確な査定額を得るようにしてください。いずれのアプリも24時間利用できるので、休みの日など時間がある時にまとめて申し込むといいでしょう。出来るだけ手間を省くのなら、一括査定依頼が出来るアプリを使った方がいいでしょう。

実際の不動産売却には再度査定が必要

不動産査定アプリは、査定依頼するのも出かけずに家にいながらにして依頼できる点が、とても便利。同時に複数の会社に依頼できるのも便利ですが、アプリで知ることができるのは、あくまでも「机上査定」額です。

先述したように机上査定は、売り主側からの文字情報だけをもとに算出するものです。あくまでも参考価格の一つですので、必ず不動産会社に訪問査定依頼をしましょう。

そして、出来るだけ早く売却したい、早めにより正確な査定額を知りたいならば、アプリを利用せずに最初から会社宛てに訪問査定をお願いする方が手間が少なく済みます。アプリでは、訪問査定の依頼をすることもできますのでぜひ利用してみてください。

【アプリ不要】Web上で不動産査定が可能なサイト

以上、不動産査定アプリについて解説してきましたが、どんなに便利なアプリでも、やはり使いずらさがあるものです。その点、アプリではなく不動産査定サイトは、すっかり定着したこともあり、かなり便利になっています。ここでは、中でもAI機能を利用したWebサイトを紹介します。

HowMa(ハウマ)

※画像出典元:HowMa公式HP

HowMa(ハウマ)は戸建てとマンションのどちらも無料で査定できるWebサイトです。匿名で査定依頼ができるので、その後の不動産会社からの営業電話が来る心配は一切ありません。個人情報が伝える必要もなく、作成したHowMa用のアカウントを使用してやり取りするだけ。査定額の連絡もすべてメールで行うため、仕事中や手の離せない時間帯にやり取りするわずらわしさもありません。AIで査定額を算出するので、あくまでも客観的な数値であり、参考として客観的な相場を知っておきたい人にはとても便利な機能です。

また、アカウントおよびメールアドレスを利用して、価格の動きを逐一教えてくれるのも魅力。売るタイミングを見極めることができる点がとても便利です。納得のいく査定額が出たら、その後はHowMaのスタッフに訪問査定を依頼することができますので、スムーズな手順で安心して最後まで任せられるようになっています。

公式サイトで詳細を見る

HowMaの評判や口コミが知りたい方は以下の記事もおすすめです。

【2022年最新版】HowMa(ハウマ)のリアルな口コミ・評判とは?

東急リバブル

※画像出典元:東急リバブル公式HP

不動産業界最大手の東急リバブルではAI機能を利用した査定をしています。不動産全般の売買を行っており、売却価格だけではなく、賃貸の場合の相場もAIを用いているため、より客観的で正確な価格をスピーディーに提示してくれます。しかも、売却と賃貸を同時に査定してもらえるので、売却した場合の査定額と賃貸にした場合の額を見比べることも可能。

AIによる査定額は毎週更新されるので、アプリ上で申し込み時に作成したMyページから最新の査価格を知りたい時に知ることができてとても便利です。情報登録の段階では個人情報の入力は不要で、査定額を見てから正式に依頼するまではネット上のみでやり取りします。

依頼者も会社への問い合わせや連絡などは全てメールで構いません。

また、問い合わせの件以外に関する営業電話やメールは一切しないため安心です。Myページでは最新の査定価格や周辺の相場、過去の売り出し事例などの情報を知ることができ、知りたい時に自由にチェックすることができます。

公式サイトで詳細を見る

東急リバブルの評判や口コミが知りたい方は以下の記事もおすすめです。

東急リバブルの口コミ・評判は?メリット・デメリットや利用の流れも解説

イエシル

※画像出典元:イエシル公式HP

マンションに特化した不動産Webサイトです。全国のマンション情報が豊富なだけではなく、さまざまな角度から条件に見合った最適なマンションのデータを提供していますので、マンションの売却および購入を考えている人におすすめのWebサイト。

全国にあるマンション約9,000万件の情報を所有しているだけではなく、家族構成や治安·地盤なども項目ごとにデータ化しています。よって、マンション単位ではなく1室ごとの情報も豊富で正確で、部屋ごとの相場価格を知るには最適なサイト。

また、イエシルでは、逐一変動する価格をリアルタイムで公開しているので、常に新しい情報を得ることができ、細かい条件だけではなく売るタイミングを決める資料になります。さらにマンションに関する知識も得ることができるコラムも充実していて、参考資料としても大いに役立っています。

さらに、実際の査定依頼から売却依頼まで不動産会社との間に必要となるやり取りも、事前にイエシル専任アドバイザーと相談することが可能です。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

以上のように、不動産査定アプリについて詳しく説明してきました。不動産査定アプリを使用すると、わざわざ不動産会社に出向いたり電話をしたりという手間がなくなりますので、非常に便利。

また、複数の会社に査定依頼ができる一括査定アプリを使えば、机上査定の全てをスマホやPCでできるのでさらに手軽です。ただし、注意したいのは、不動産査定アプリはあくまでも机上査定として使用するもので、ここで提示された査定額はあくまでも参考価格だということです。

つまり、より正確な価格を知りたい場合は、不動産会社ごとに訪問査定の依頼をしなければいけません。不動産査定アプリは訪問査定の代わりにはなりません。この点に注意してアプリを利用すると、失敗のない査定依頼、さらには不動産売却ができます。

この記事の著者
駅探PICKS編集部
駅探PICKS編集部
駅からみつかる楽しい・便利な情報を編集部が厳選してお届け。普段何気なく利用している駅の近くにも、あなたにピッタリのサービスが見つかるかも?