エアコンクリーニングの頻度は?最適な掃除のタイミングを解説

エアコンクリーニングの頻度は?最適な掃除のタイミングを解説

年間を通してエアコンを使用している場合には、季節を問わずエアコンが汚れやすい状態にあります。自分でこまめに掃除をしていたつもりでも、エアコンの運転を始めると臭いが気になるようなら、エアコン内部でカビが増殖していることも考えられます。

エアコンで一度発生してしまったカビを自分できれいに取り除くのは、難しい作業ですが、専門の業者に頼めば自分で行うよりも早く、きれいな状態に戻してくれます。しかし、どれくらいの頻度でエアコンクリーニングをしなければならないのかは悩ましいところです。

この記事では、エアコンクリーニングについて頻度・タイミング・効果・予防策などを紹介していきます。是非参考にしてみてください。

エアコンクリーニングの適切な頻度

エアコンクリーニングを業者に依頼する場合、頻度としては基本的に年に1回程度すればきれいに保ちやすくなります。最近では、自動掃除機能も進化してきているので、さらに遅くしてもきれいに保てているケースもあります。エアコンの適切なクリーニング頻度について、ここでは詳しく見ていきましょう。

基本的には1年に1回

エアコンを業者にクリーニングしてもらうのは、基本的には1年に1回が望ましいです。特にエアコンが本格的に必要になる夏前に1年の汚れを取り除いて、きれいな冷たい空気で部屋を快適な状態にしたいものです。使用環境によっても異なりますが、夏と冬にほぼ毎日、エアコンを使用しているなら、1年に1度のクリーニングが安心です。

エアコンのあるリビングで頻繁にホットプレートを使って調理する場合には、エアコンの内部に油煙が入り、汚れが付きやすいので、汚れ具合によっては半年に1度の検討も必要かもしれません。

自動掃除機能付きなら2年に1回

自動掃除機能付きのエアコンの場合には、2年に1回くらいのクリーニングが目安になります。定期的にダストボックスのホコリを捨ててメンテナンスをしていれば、自動掃除機能が働いているので、普通のエアコンよりもきれいな状態を保てます。

自動掃除機能が付いている場合でも、機能がOFFになっていると意味がありません。ダストボックスを掃除する時には、リモコンを確認して自動掃除機能がONになっているか確認しましょう。しばらく使っていない時には、エアコンの運転を始める前にフィルターなどをきれいにしておきましょう。

エアコンクリーニングのタイミングは

エアコンクリーニングは、どのようなタイミングで行うのが最適なのでしょうか。ここではエアコンクリーニングのタイミングについて紹介していきます。

使い始める時期の前

エアコンクリーニングのタイミングは使い始める時期の前の季節に済ませておくのがよいでしょう。夏と冬に使う場合には、春の終わりや秋の終わり頃にエアコンクリーニングを行うのがよいタイミングです。

猛暑日が続く昨今では、夏場の方がエアコンを本格的に使うことになります。年に1度なら4月から5月の春がおすすめです。新生活が始まったり、暖かくなる中で、エアコンクリーニングの需要も低く、料金も抑えられた傾向にあります。また、6月の梅雨時期や、7・8月の本格的に暑くなってくる時期には、エアコンを使用して臭いや汚れが気になることからクリーニング依頼が増加するため、春に行うのがよいでしょう。

もしくは秋の長雨の前の9月から10月の時期もおすすめです。

汚れが目立ってきたとき

フィルターの掃除やダストボックスの掃除をしている時に、フィンの隙間のホコリや黒いカビが目視できるようになったら、エアコンクリーニングをするタイミングと言えます。エアコンの吹き出し口やフィルター付近に黒カビが見えるようならエアコンの内部にカビが広がっている可能性が高いです。

また、ホコリはカビの増殖に深く関係しているので、ホコリが内部に溜まっているのが確認できた時点でクリーニングをしておくと、カビの繁殖を抑制して、きれいな状態を長く保てます。

表面に見える取りにくい汚れが目立ってきた時点で、既に内部は汚れが溜まっていることもよくあります。エアコンクリーニングをしてから1年以上経っている場合や、黒カビが目立ってきた場合には業者に相談しましょう。

理想的なエアコン掃除の頻度

しっかりとエアコンクリーニングをしてもらったら、定期的な掃除をして最良な状態を保ちましょう。説明書にあるお手入れの方法に従って、きれいな状態を保つことでエアコンも長持ちします。ここでは理想的なエアコン掃除の頻度について見ていきましょう。

基本は月に2回

エアコンの定期的な掃除は、1カ月に2回を基本としましょう。エアコンの機能や使用環境によっても異なりますが、フィルターの自動掃除機能が付いていないなら月2回のフィルター掃除はエアコンの寿命だけでなく、電気代の節約や冷房効果にも効果的です。

自動掃除機能が付いていても、月に1度はメンテナンスのつもりで、ダストボックスのごみ取りやフィルターの掃除が必要か確認をするとよいでしょう。

使用頻度が高いならよりこまめに

エアコンは温度を一定に保つほうが節電に繋がることから、1日中エアコンを使っている家庭もあります。エアコンの使用頻度が高いと、より多くのホコリを吸い込むだけでなく、内部の湿度も高くなるのでカビも繁殖しやすくなります。

また、ペットを飼っていたり、小さい子供がいる場合は、掃除の頻度を増やし、こまめに掃除してきれいな状態を保ちましょう。黒カビはアレルギーの原因にもなる物質なので、定期的な掃除で繁殖を抑えることが可能です。

汚れやすい部屋や常にエアコンを点けているなら、毎週でもエアコンをチェックしてこまめに掃除をしましょう。だんだん部屋の汚れ具合がわかるようになるので、掃除のタイミングもつかめます。

エアコンクリーニングを怠った場合のリスク

エアコンが汚れているのにクリーニングを怠った場合、どのようなリスクが考えられるのでしょうか。エアコンの壁のシミ・水漏れ・前年より電気代が高いなど、異変に心あたりはありませんか。

ここではエアコンクリーニングを怠った場合に考えられるリスクについて見ていきましょう。

水漏れの発生

エアコンは部屋の空気を冷やす際に、内部にある銀色のアルミでできたフィンという部分で取り込んだ空気を冷やします。この際にフィンで結露が起きて水が生じます。エアコンはフィンの下にドレンパンと呼ばれる受け皿がついています。

内部にホコリが溜まると、このドレンパンにもホコリがつまり、外に水が流れずに溢れることがあります。そうなると壁にシミができたり、水漏れが発生します。場所によっては電源に水がかかり、ショートして火災の原因になることもあります。

定期的にクリーニングを行って、エアコン内部を最適の状態に保つように心がけましょう。エアコンの下に水漏れがある場合には、内部が詰まっている可能性が高いので、専門の業者に電話して応急処置とエアコンクリーニングの依頼をするのがよいでしょう。

電気代が高額になる

エアコンは、フィルターを通ってきた空気をフィンで冷やして、部屋の温度を下げます。フィルターが汚れて詰まっているとより強い吸引力で空気を吸い込まなければならず、通常よりも電力消費が高くなります。

また、フィンにホコリが溜まると空気が冷えにくくなるので、より冷やそうと電力を消費します。前年と電気代を比較して上がっているようであればエアコンの内部を確認してみましょう。

エアコンクリーニングに関するQ&A

ここからはエアコンクリーニングをする上で、気になる疑問についてQ&A方式で回答していきます。エアコンクリーニング代金の相場や頻度を減らすためにできることなど役立つ情報を載せていますので参考にしてみてください。

エアコンクリーニングにはいくらかかる?

エアコンクリーニングの代金は5,000円から4万円と幅が広いです。作業内容や使用する洗浄液などによって価格に差が出てきます。相場としては1万円前後が一般的です。室内の養生をして、高圧洗浄などで内部の清掃をしてくれます。

オプションとしてカビの繁殖を抑える薬剤を使用したり、室外機の清掃をするなどのサービスもあります。3,000円から5,000円程度、費用がプラスになります。また、フィルター自動掃除機能が付いているエアコンは5,000円から1万円程度の追加料金がかかります。

クリーナーを動かすモーターや配線などで作業が大変になるので、多くの専門業者で別料金を設定しているケースもあります。また、エアコンクリーニングは6月から8月が繁忙期になるため、料金が追加になる可能性や、日程調整も難しい場合があるので注意しましょう。

エアコンクリーニングの頻度を減らすには?

エアコンクリーニングは、本体内部の汚れを除去するのが大きな目的です。内部の汚れが溜まりにくくなればエアコンクリーニングの頻度を減らせます。

本体内部に汚れが溜まらないようにするには、こまめな掃除が一番効果的です。自動掃除機能が付いているエアコンなら、ダストボックスのホコリを定期的に捨てましょう。ダストボックスにホコリが溜まっていない場合は、自動掃除機能がOFFになっている可能性があります。掃除の時に正常に機能しているか確認しましょう。

自動掃除機能が付いていない場合は、月に2回はフィルターを掃除するのがおすすめです。また、エアコンを使用したあとは、1時間くらいタイマーなどで送風運転をして内部を乾燥させてから停止しましょう。

最近は内部クリーンや内部乾燥機能が付いたエアコンもあります。エアコンの汚れに気が付いたら、こまめに拭き取ったりしてきれいに保つのがコツです。

また、エアコンは油に弱い機械です。リビングでホットプレートを使用して料理をする際、エアコンを使用していると油煙をエアコンが吸ってしまいます。

ホットプレートを使用する場合には、調理中はエアコンを停止し、換気をするなど油分がエアコンに付着するのを防ぎましょう。もし、エアコンを消すのが難しいようなら、翌日までにはフィルターを中性洗剤を利用して、油分をきれいに取り除きます。

まとめ

定期的な掃除をしていても、内部にホコリが溜まったり、黒カビが発生してしまうことがあります。その場合には、エアコンのクリーニングを専門の業者に依頼しましょう。使用頻度にもよりますが、エアコンクリーニングは年に1回程度はすると安心です。

エアコンクリーニングをしている専門業者には

  • おそうじ本舗
  • ダスキン
  • くらしのマーケット

などがあります。エアコン内部をきれいに掃除するのは自分でやるには難しいうえに、故障やけがをすることもあるので、専門家に任せるのが安心です。月に2回程度はエアコン掃除に時間を割き、適切な頻度でエアコンクリーニングをして快適な空間を保ちましょう。