【2023年】賃貸管理会社おすすめランキングTOP10!迷ったときの選び方

【2023年】賃貸管理会社おすすめランキングTOP10!迷ったときの選び方

相続した賃貸や、資産形成のために賃貸経営を考えている人にとって、利用する賃貸管理会社選びに悩まれている方も多いかと思います。

個人では対応しきれない管理業務や集客などの心強い味方になってくれる賃貸管理会社は、オーナーとしてしっかり選びたいものです。

この記事では、おすすめ賃貸管理会社をランキング形式で紹介します。

賃貸管理会社の失敗しない選び方や、利用時に心がけたい3つのポイント、利用前に解決しておきたい疑問なども解説しているので、賃貸管理会社選びの参考にしてください。


空室や家賃の低さでお悩み
なら『マンション貸す.com』へ相談するのがおすすめ!

  • 部屋を一番高く貸せる不動産会社を1営業日以内に教えてもらえる
  • 管理会社は対応も丁寧で親身になってアドバイスしてくれたとの声
  • 好評なサービスにつき、利用者は15,000人を超える
無料のサービスなので、家賃収入を高める見込みがないか気軽に確認できます。

\利用者満足度95%の一括比較サービス/
マンション貸す.comで無料相談

おすすめ賃貸管理会社ランキングTOP10

おすすめの賃貸管理会社を10社厳選し、ランキング形式で紹介します。各社の基本情報以外にも、特徴的なサービスを中心に解説するので、自分の管理会社に希望する条件を踏まえて比較してみましょう。

1位:大東建託パートナーズ

※画像出典:https://www.kentaku-partners.com/business/management

社名大東建託パートナーズ株式会社
設立年1994年7月
資本金10億円
従業員数4,713名 ※アルバイト872名含む(2022年3月時点)
営業拠点全国
公式サイトhttps://www.kentaku-partners.com/

全国120万戸以上の管理戸数を誇る大東建託グループは、大東建託のグループ会社です。賃貸住宅の管理業務のほか、一括借り上げ事業や空き家管理事業、ビルマネジメント事業を手がけています。

24時間365日、いつでも入居者をサポートしてくれる緊急出勤体制が整っており、2022年3月末時点で入居率97.6%と、高い入居者あっせんをおこなっています。プランによっては、空室時の賃料保証も受けられ、安定した経営をサポートしてくれるでしょう。

また、全国のネットワーク組織として、一括借り上げ事業の透明性を目的としたサービスの大東オーナー会が実施されています。オーナー以外にも、家族が専用スマートフォンアプリやインターネットから利用できるサービスです。

資産に関する税金の対策や運用、遺言に関する相談など、家族間で共有したい情報も手軽にやり取りできます。

公式サイトで詳細を見る

2位:積水ハウス不動産

※画像出典:https://www.sekisuihouse.co.jp/shm-keiei/support/leasing/

社名

積水ハウス不動産株式会社

※エリア別で企業情報が異なるため基本情報は積水ハウス株式会社の会社概要を参照

設立年1960年8月1日
資本金2,025億9,120万円
従業員数28,821名(2022年1月31日現在、グループ全体)
営業拠点
  • 支店・営業所:113
  • カスタマーズセンター:30
  • 展示場:312

(2022年7月31日現在、グループ全体)

公式サイトhttps://www.sekisuihouse.co.jp/shm-keiei/

積水ハウス不動産グループは、賃貸住宅一括借り上げシステム(サブリース契約)が基本となる、賃貸管理や不動産の売買、仲介をおこなう会社です。

ハウスメーカーとしても有名な積水ハウスグループの傘下にあり、自社が手がける賃貸住宅のシャーメゾンを中心に、賃貸物件の管理業務のノウハウが充実しています。長期的な視点から建物の維持管理やメンテナンス、リフォームの提案も受けられるのがメリットです。

また、入居者のお部屋探しをサポートするシャーメゾンショップが全国3,000店舗以上あり、賃貸住宅管理戸数の中から最適な部屋探しをサポートしています。

公式サイトで詳細を見る

3位:野村不動産パートナーズ

※画像出典:https://www.nomura-pt.co.jp/

社名 野村不動産パートナーズ株式会社
設立年 1977年4月1日
資本金 2億円
従業員数5,416名(2020年9月1日時点)
公式サイト

https://www.nomura-pt.co.jp/business/

野村不動産パートナーズは、ビル管理やマンション管理を中心にサービスを展開する、野村不動産株式会社のグループに属する会社です。

マンションの総合管理のほか、専有部や居住者同士のコミュニティ形成など、長年の管理実績をもとに対応してもらえます。

サポートするスタッフは、マンションの設備を再現した研修用設備を活用して研修がおこなわれているため、設備の維持・管理にも迅速な対応が期待できるでしょう。

また、野村不動産パートナーズ賃貸管理物件の入居者限定サービスとして、24時間365日対応のリビングQコールが受けられます。水漏れや電機のトラブルなど、生活の悩みごとの依頼のほか、暮らしのサポートサービスとして家事代行や引越しサポートも受けられます。

住む人の満足度も考えたサービスに注目して選びたいオーナーに、野村不動産パートナーズはおすすめです。

公式サイトで詳細を見る

4位:スターツアメニティー

※画像出典:https://www.amenity-net.co.jp/business/housing-lease/

社名スターツアメニティー株式会社
設立年 1985年4月
資本金3億5000万円
従業員数

1036名(2022年4月1日現在)

エスティーメンテナンス(株)、賃住保証サービス(株)含む

営業拠点東京を中心に1都3県
公式サイトhttps://www.amenity-net.co.jp/company/

スターツグループのなかで、賃貸マンションと分譲マンションの管理業務をそれぞれ専門的に請け負っているのがスターツアメニティーです。

賃貸・売買を手がけるピタットハウスを運営しており、地域密着による市場分析力と、自社サイトや大手ポータルサイトを活用した募集力が魅力です。万が一、トラブルが起きた場合も、管理業務を専門的に請け負ってきた経験を生かして対応してもらえます。

専門の工事監督や設計士を社内に配置しており、自社で賃貸物件の工事をおこなうことで、適切な修繕プランも提案してもらえるのもメリットです。

また、専用WEBサービスを活用することで、オーナーは現在の物件の管理状況が、離れた場所でもすぐにわかるようになっています。きめ細やかな対応力と、リアルタイムの情報管理に注目して選びたい人におすすめです。

公式サイトで詳細を見る

5位:大和リビング

※画像出典:https://www.daiwaliving.co.jp/owner_existing/

社名大和リビング株式会社
設立年1989年10月26日
資本金 1億円
営業拠点 137拠点(2022年7月1日現在)
公式サイトhttps://www.daiwaliving.co.jp/

全国約60万戸の賃貸住宅を管理する大和リビングは、大和ハウスグループの賃貸住宅事業を担う専門会社です。

繁雑な業務をサポートする一般管理システムでは、退去時の思わぬ出費に備えたリペアパックや原状回復など、トラブル予防に強みのあるサービスが展開されています。大和ハウス工業でアパートやマンションを建てる場合は、一括借上契約も可能です。

契約は2年ごと更新され、その間に有料で施設管理業務を追加することもできます。柔軟な対応力で、オーナーとして持つ運営方針に合わせ、管理業務を担ってくれる賃貸管理会社を探している方におすすめです。

公式サイトで詳細を見る

6位:三井不動産レジデンシャルサービス

※画像出典:https://www.mitsui-kanri.co.jp/

社名三井不動産レジデンシャルサービス株式会社
設立年1973年7月14日
資本金 4億円
従業員数2,921名(2022年4月1日現在)
営業拠点東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、滋賀県など
公式サイトhttps://www.mitsui-kanri.co.jp/

三井不動産グループのマンション管理専門会社として、グループ各社と連携した賃貸管理をおこなってくれるのが三井不動産レジデンシャルサービスです。

管理業務をスムーズに実施するための高レベルの管理マニュアルがそろっており、研修によって幅広く知識を習得したスペシャリストが業務にあたってくれます。長く培われノウハウをもとに、日々のメンテナンスから長期的な建物保全まで、資産価値を守ってもらえるでしょう。

また、入居者向けのサービスとしてメンバーシップサービスが展開されています。家事代行やハウスクリーニング、リフォームなど、対応内容はさまざまです。

一部地域では、三井アウトレットパークへの無料送迎サービスや、町のコミュニケーションサービス拠点の設置などがおこなわれています。他とは違う充実したサービスで、入居者獲得を目指したい方におすすめです。

公式サイトで詳細を見る

7位:レオパレス21

※画像出典:https://www.leopalace21.co.jp/chintaikanri/

社名 株式会社レオパレス21
設立年 1973年8月17日
資本金 1億円(2021年8月10日現在)
従業員数連結4,265名、単体3,514名
管理センター全国102拠点
公式サイトhttps://www.leopalace21.co.jp/chintaikanri/

レオパレス21は、全国55万戸を超える賃貸管理戸数を持つ、大手不動産会社です。

2020年12月時点で、全国にメンテナンス対応や法定点検、料金管理などの対応を受け持つ管理センターが102拠点あります。突発的な災害などが生じた場合でも、別の拠点がサービス提供を継続可能です。

また、地域の環境にも配慮して管理することを徹底しています。契約時に地域でのごみの捨て方や分別の指導、月の4回の定期掃除など、入居者が地域に親しみつつ、過ごしやすい住環境のサポートが期待できるでしょう。

公式サイトで詳細を見る

8位:東建コーポレーション

※画像出典:https://www.token.co.jp/rent/owner/management/

社名東建コーポレーション株式会社
設立年1976年7月17日
資本金4億8,000万円
従業員数4,506名(パート社員含む)
(2021年8月27日現在)
営業拠点

北海道から沖縄まで全国568店舗
(2020年7月現在)(ホームメイト店・東建支店・FC店)

公式サイトhttps://www.token.co.jp/

東建コーポレーションは、土地活用事業を広く扱う企業です。アパート経営や賃貸マンション経営の建設から管理を請け負い、建築部材を自社工場で生産することで、低コストと高品質を併せ持ったアパート・マンションを提供しています。

また全国不動産仲介ネットワークに加盟する11,971店舗の不動産会社と、月間3,000万アクセスを誇る賃貸物件検索/ホームメイトの活用により、入居者を広く募集できる広告力も特徴です。

そして法人顧客・社宅あっせんもおこなっているため、社宅の運営に携われる可能性があります。法人との契約は安定性も期待できるため、社宅の経営に興味がある方におすすめです。

公式サイトで詳細を見る

9位:ハウスメイト

※画像出典:https://www.housemate.co.jp/

社名株式会社ハウスメイトパートナーズ
設立年1977年
資本金4億6,000万円
従業員数543人(グループ総数:2,610人)2022年4月現在
営業拠点全国
公式サイトhttps://www.housemate.co.jp/index.html

ハウスメイトは、賃貸住宅の管理運営から資産活用までを総合的にサポートするグループ企業です。賃貸管理業務や仲介業務のほか、自社でメンテナンスやリフォーム、通信事業なども手がけています。

ハウスメイトでは、自社と提携合わせて全国200店舗を超える仲介ネットワークを通じ、さまざまな形での入居者募集が可能です。

ニーズに合わせ3つの管理委託が選べます。

  • 空室保証つきの一括借り上げシステム
  • 空室保証なしにすることでオーナーの意思が反映されやすくなる貸主代行システム
  • 家賃滞納を防ぐことに特化した集金管理システム

また、首都圏エリアであれば、竣工10年を超えた建物は無料で安全性を診断してもらえるサービスもあるため、古い建物の安全性が気になっている人にもおすすめです。

公式サイトで詳細を見る

10位:旭化成不動産レジデンス

※画像出典:https://www.afr-web.co.jp/fudousan/business/chintai.html/

社名旭化成不動産レジデンス株式会社
設立年1994年1月
資本金32億円
従業員数639名(2022年4月時点、関連会社含む)
営業拠点全国(14拠点)
公式サイトhttps://www.afr-web.co.jp/fudousan/index.html/

旭化成ホームズの子会社の旭化成不動産レジデンスは、都市開発や賃貸、売買・仲介事業を担う不動産会社です。

自分に合う管理システムを選ぶことができ、30年一括借り上げシステムでは、一定の条件をクリアできれば10年間賃料固定型も選べます。選択できなかった場合も、2年ごとに賃料の制定がおこなわれ、安定して受け取れるため、継続して円滑な経営につなげられます。

また、総合管理システムの場合は、管理業務のみを委託し、賃料設定などはオーナーが自由に設定可能です。賃貸住宅経営システム・AMSAを生かした、きめ細やかなサービス対応力に期待したい方は、おすすめの賃貸管理委託先となります。

公式サイトで詳細を見る

賃貸管理会社で失敗しない選び方

ランキングで紹介した賃貸管理会社を見て、反対に迷いが深まった方もいるかもしれません。そこで、ここでは会社ごとどこを比較すればよいのか、6つのポイントを解説します。

空室への早期対応

空室状態を放置することなく、早めに対処してくれる賃貸管理会社を選びましょう。入居率や平均空室期間の公表があれば、実績を会社同士で比較するのもおすすめです。

空室が長引くと、家賃収入がなくてもローンの支払いは続いてしまいます。空室対策に強みがある賃貸管理会社を選ぶことで、ローンの支払いに自己資金を充てることなく、賃貸経営を続けられます。

また、空室保証が付いているサービスを検討するのも手です。

賃貸管理会社のサポート範囲

同じような規模の賃貸管理会社であっても、支払う管理費用内でどのようなサポートをしてくれるかは異なります。そもそも、頼みたい業務をカバーしてくれるのか、費用とサポート範囲が見合っているのか、検討してみましょう。

例えば今回1位で紹介した大東建託パートナーズでは、次のような管理・運営業務を代行してくれます。

  • 入居者募集
  • 賃貸借契約の締結
  • 家賃管理
  • 建物の点検・清掃
  • 修繕・原状回復管理

また、トラブルは365日24時間いつ起きるかわかりません。管理会社のサポートセンターの対応時間を確認し、対応時間が長い会社を選ぶとよいでしょう。

滞納された家賃の回収率

いくら入居者がいても、家賃が滞納されてしまうと、空室状態と同様です。家賃収入が得られず、ローンの支払いを自己資金でまかなう必要が出てきます。

家賃は1ヵ月滞納であれば、払い忘れの可能性もあります。そこで、賃貸管理会社には2ヵ月以上家賃を滞納している入居者の割合を確認しておくと、家賃の回収力のある会社かどうか、判断できるでしょう。

トラブルへの対応力

賃貸物件でのトラブルは騒音や修繕工事、隣人同士のトラブルなど、多岐にわたります。トラブルが頻発し、解決するまでに時間がかかると退去者が増えてしまい、家賃収入が少なくなるかもしれません。

次の3点を確認してみましょう。

  • 1戸数あたりどのくらいのスタッフが対応しているのか
  • 年中無休のコールセンターはあるのか
  • これまでの対処してきた事例

24時間365日対応しているコールセンターと、所有する賃貸物件の近くに管理拠点があると、相談もスムーズにおこないやすくなるでしょう。

賃貸管理にかかる費用

賃貸管理会社へ支払う費用の相場は、家賃収入の総額に対し5%と言われています。高すぎると利回りが下がり、結果として経費がかさんでしまうため、サービス内容との見極めが大切です。

希望するサポート内容を提供してくれる賃貸管理会社を選び、それぞれ見積もりを取ってみましょう。見積もりを取っておかないと、同じような管理内容でもA社は追加料金が必要、B社は追加料金が不要といった差を見逃すことになります。

賃貸管理会社とは長期間契約を結ぶため、小さな差であっても将来の差額が大きくなる可能性が高いです。複数社を比較し、納得できる費用で、期待するサポートを提供してくれる1社に絞り込みましょう。

利用者の口コミ・評判

賃貸管理会社のなかには、利用者の口コミ・評判を掲載している場合があります。しかし、賃貸管理会社に掲載される口コミは、あくまでも前例であり、依頼したい賃貸物件のエリアではない別のエリアの口コミも少なくありません。

事前情報として口コミを調べて、あまりに評判が悪い賃貸管理会社は避けたほうがよいでしょう。

また、実店舗の担当者と口コミで語られる担当者はまったく違うこともあります。インターネット上で口コミを収集したうえで、実際に店舗にも足を運んでみましょう

賃貸管理会社を利用するポイント

効果的に管理会社を使うことで、賃貸経営の成功を目指しやすくなります。自分のスタイルに合わせた適切な賃貸管理につながる、3つのポイントを紹介します。

サブリース契約は将来の賃料見直しを考慮

入居者の有無に関わらず、一定期間賃料の85%~90%を保証してくれるのが、サブリース契約です。

オーナーにとっては、空室による収入減を気にする必要がなくなります。さまざまな賃貸管理を賃貸管理会社へ依頼できるため、時間的な余裕も得られるサービスです。

しかし、一定期間ごと賃料の見直しがあります。サブリース契約が結べるからといって、賃貸管理会社と契約を結ばないようにしましょう。将来的に賃料を下げることがあった場合、アパート経営が黒字を維持できるか確かめることが重要です。

  • 賃料の見直しは何年ごとにおこなわれるのか
  • 賃料の固定期間は何年続くのか
  • 賃料の値下げ下限額が決まっているのか
  • 似たような物件の過去の見直し後の賃料

また、家賃収入が得られない期間の長さも確かめましょう。免責期間と呼ばれ、入居者が退去したあとや、サブリース契約開始後に発生します。免責期間の長さがわかれば、入退去の回数などをもとに、家賃保証が受けられない期間と額がわかるためです。

大手と地域密着は特性を把握して使い分け

賃貸管理会社は、賃貸物件の建設から管理まで請け負うような大手と、地域で活躍する地域密着型賃貸管理会社にわかれます。メリット・デメリットを比較したうえで、自分に合うタイプを使い分けましょう。

種類メリットデメリットおすすめの
大手
  • 集客力が高い
  • 24時間トラブル対応が可能
  • マニュアルも完備
  • 初めて利用する人でも使いやすい
  • 転勤で担当者がいなくなるリスクがある
  • 対応が遅くなる場合がある
  • 自社以外の物件管理をおこなくれないことがある
  • はじめて賃貸経営をする人
  • 賃貸を建ててくれた会社へ依頼したい人
  • 知名度・集客力の高さを活用したい人
地域密着型
  • 入居率改善の提案がわかりやすい
  • 管理会社とすぐ相談できる
  • 地域の特性に合わせた管理が期待できる
  • 考え方やサービスにばらつきがある
  • 集客力が低い
  • 合う会社を見つけるまで時間がかかる
  • 長く入居してくれる入居者を探したい人
  • 中古物件の管理を依頼したい人
  • 改善案などを地域に合わせたものを提案してほしい人

大手の賃貸管理会社は、24時間のトラブル対応や、知名度を生かした高い集客力が期待できます。賃貸経営に不慣れな人にも使いやすいサービスが豊富です。大手の安定感を活用したい人にとっては、メリットが大きいでしょう。

一方で、地域密着型の賃貸管理会社は、地域の気候や引越しシーズンなどに合わせ、適切な入居率改善のための提案をおこなってくれます。ただし、大手以上に考え方やサービスにばらつきが出やすいため、合う会社に巡り合いにくい点は注意が必要です。

賃貸管理会社とのトラブルは専門家に相談

じっくり検討した賃貸管理会社であっても、会社とオーナーの間でトラブルが起きることがあります。相談先としては、次の3つがあげられます。

タイミング相談先
どこへ相談したらいいかわからないときにおすすめ自治体の苦情・消費者相談窓口など
自治体の窓口がお休みのときでも頼れる国民生活センター
弁護士へ相談したい場合や、違う相談窓口への紹介を前提にしている。緊急性高めの相談におすすめ法テラス

また、緊急性が高い(暴力的など)状況であれば、警察への相談も視野へ入れてください。

もしトラブルが頻発するようであれば、別の賃貸管理会社を検討しましょう。変更方法については、次の賃貸管理会社の利用でよくある疑問内で解説しています。

賃貸管理会社の利用でよくある疑問

記事を読みすすめるうち「ランキングでワーストになりやすい賃貸管理会社が気になる」、「賃貸管理会社を変更したい」といった、さまざまな考えを巡らせている方もいるかと思います。ここでは賃貸管理会社を検討するうえで出やすい悩みに対する3つのポイントを解説します。

どのような会社がランキングでワーストになるか?

よくない賃貸管理会社の特徴として、次の3つが挙げられます。

  • 設備の故障時など約束を守ってくれない
  • 連絡事項の通知が遅い
  • オーナーに対し態度が悪い

賃貸管理会社には、入居者から修理や設備の故障などの問い合わせが入ります。しかし、賃貸管理会社側の対応やオーナーへの連絡事項の通知が遅い場合は、評価が下がるでしょう。

もちろん、設備の故障に対応できる業者が見つからないこともありえます。状況報告が適切に実施されれば、オーナーも入居者も安心できますが、ランキングのワーストに入るような会社の場合は、苦情を避けるためにあえて通知を遅くすることがあるのです。

また、こうした会社ではオーナーに対し、入居者をつけさせてやっている、と強気の態度を示すこともあります。もし対応力や態度に疑問を感じたら、オーナーの気持ちや今の状況に適切に対応してくれている会社か、振り返ってみましょう。

インターネット上で、口コミや評判を検索するのも参考になります。

賃貸管理会社の変更手順は?

変更手順は簡単に説明すると、次の5ステップです。

  1. 解約条件をチェックする
  2. 新しい賃貸管理会社の候補から見積もりをもらう
  3. 解約を委託契約書の内容に基づき通知する
  4. 賃貸管理会社間で引き継ぎ
  5. 入居者へ通知を出す

解約条件は、賃貸管理会社と交わした委託契約書に記載されています。一般的には解約通知のあと、3ヵ月後に管理の引継ぎがおこなわれますが、委託契約書によっては異なることがあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

新たな賃貸管理会社選びも大切ですが、入居者への対応も重要です。家賃の振込先が変更となるため、手続きをお願いしなくてはなりません。手数料節約のため、新たに口座開設をしたいと考える人もいるでしょう。

できるかぎり直接会って、管理会社が変わること、家賃の振込先をいつまでに変えて欲しいのかを伝えます。合わせて、次の2点を伝えると、不安を取り除きやすいでしょう。

  • 管理会社が変更されることでサービス向上が期待できる
  • 入居者のサポートがしやすくなる

融資を受けている機関に連絡をしておく

融資を受けている金融機関にも、事前に管理会社の変更を説明しておきましょう。無断で変更すると、金融機関からの印象が悪くなる可能性があるからです。

金融機関は、物件の価値を見て融資をおこなっています。しかし管理会社が変わると収益性の変化や管理不足による資産価値の悪化など、金融機関にとって融資の回収に懸念が生まれることがあるのです。

直接、金融機関との契約に変化が出るわけではありませんが、融資を受けている側として通知しておくとよいでしょう。

自主管理で節約できるのか?

状況次第では、自主管理で節約が可能です。

しかし、賃貸経営に必要なのは、建物管理や空室対策、節税対策などが挙げられます。自主管理に切り替えた場合、管理システムの導入費やクレーム対処、管理業務への拘束時間も増えるでしょう。

管理費用の目安は、1ヵ月あたりの家賃総額の5%前後と言われます。例えば10戸あるマンションで1室5万円としたら、年間では約30万円の支出です。現金の出費と同時に、労働に対する対価をふくめても、十分な節約ができるか、検討しましょう。

例えば、忙しくて管理業務に集中できない場合は、トラブル対策や、入居者に物件情報を届けやすくなることを考えると、管理会社を使ったほうがメリットが大きい状況もあるといえます。

まとめ

おすすめの賃貸管理会社をランキング形式で10社紹介しました。賃貸管理会社はそれぞれサポート範囲が異なり、代行業務の内容も多岐にわたります。賃貸管理会社同士の比較のポイントは、次の6つです。

  • 空室への早期対応
  • 賃貸管理会社のサポート範囲
  • 滞納された家賃の回収率
  • トラブルへの対応力
  • 賃貸管理にかかる費用
  • 利用者の口コミ・評判

入居者とオーナー、どちらの視点にも立ってサポートしてもらうには、賃貸管理会社の上手な活用が大切です。今回の記事を参考にしつつ、自分の必要とするサポートをおこなってくれる会社を検討しましょう。

他にも不動産投資については、こちらの記事がおすすめです。
2023年最新 不動産投資会社10社のランキング!選び方も解説
不動産投資のリスク9種類を徹底解説|対策と成功ポイントも紹介
不動産投資の仕組みをわかりやすく解説|基礎知識や始め方も

この記事の著者
駅探PICKS編集部
駅探PICKS編集部
駅からみつかる楽しい・便利な情報を編集部が厳選してお届け。普段何気なく利用している駅の近くにも、あなたにピッタリのサービスが見つかるかも?