ちょこっと不動産のリアルな口コミ・評判とは?メリットやデメリット

ちょこっと不動産のリアルな口コミ・評判とは?メリットやデメリット

資産運用や副収入を得るために不動産投資を検討しているが、「不動産を購入できるほどのお金がない」「不動産投資は手続きや運用に手間がかかりそう」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめしたいのが近年注目されている「不動産投資型クラウドファンディング」です。1万円という少額から気軽に不動産投資ができる不動産クラウドファンディングは展開するサービスも年々増え続けています。

この記事では、不動産売買で実績とノウハウがある株式会社良栄が運営する「ちょこっと不動産」の利用者の口コミや評判を紹介します。さらに、そこからわかった特徴やメリットデメリットも解説しますので、ぜひ参考にしていただき、ちょこっと不動産で不動産投資をスタートしてみましょう。

ちょこっと不動産のリアルな口コミ・評判

良い口コミ

少額から不動産投資を始められる

一口一万円なので少額から不動産投資を始めることができます。そのため資金が少なくても不動産投資を始められます。(20代/女性)
手間を掛けずに資産運用がしたかったので、ちょこっと不動産は利用するメリットがあると感じた。一口1万円から不動産投資を行うことができ、少額から不動産投資が始められるのが良い。(20代/女性)

運用の手間がかからないので楽

一口1万円の少額から投資を始めることができ、運用の手間を省ける点が良かったです。(30代/男性)
出資したらあとは分配を待つだけなので、運用の手間が簡素化していて楽に投資ができるのが良いです。(40代/男性)

初心者でも気軽にできる

投資にあたってのサポートが手厚いことから、予てからこの分野の専門知識が浅い人でもスムーズに活用できるのが良かったです。(30代/男性)
不動産についての知識が少なかったので専門用語の意味や実際の流れなどを丁寧に説明してもらった(30代/男性)

改善してほしい口コミ

地方の案件をもっと増やしてほしい

物件がまだ少ない。東京がもちろん多いのだが地元じゃないので気軽に見に行けない。地元含めてどんどん増やして欲しいです。(20代/女性)

専門用語がわかりづらいので、自分でも勉強は必要

素人には分かりづらい言葉などもあり、予備知識が必要だと感じました。(30代/男性)

口コミからわかった傾向

ちょこっと不動産の口コミからは、「一口1万円からの少額投資ができるので気軽に始められた」「運用の手間がかからないのは初心者にありがたい」といった少額から投資ができる気軽さや、運用の手間がかからない楽さを評価する声が多くありました。

一方で、「投資したいけど案件の数が少ない」「素人には理解が難しい専門用語があり予備知識が必要と感じた」といった案件数が少ないと感じる人や、ファンドの情報を理解するのに苦労する人もいるようです。

しかしこれは「ちょこっと不動産」だけでなく全てのサービスに共通することで、ファンドの情報を理解するためにも、不動産投資に関する基本的な知識は身につけておくと投資判断がしやすいでしょう。

公式サイトで詳細を見る

ちょこっと不動産のメリット・デメリット

ここでは「ちょこっと不動産」のメリットとデメリットを紹介します。少額から投資できるとはいえ、自分の大切なお金を預けるため、利点だけでなく注意すべき点も理解した上で投資をおこないましょう。

メリット

ちょこっと不動産の主なメリットは以下の3つです。

  • 1万円という少額から投資ができる
  • 優先劣後方式とマスター契約で低リスク
  • 投資の手間がかからない

メリット①1万円という少額から投資ができる

ちょこっと不動産では、1口1万円から不動産投資ができます。個人で不動産投資をする場合は、数千万円から数億円という莫大な資金が必要になることもあるため、1万円という金額から不動産投資を始められるのは投資初心者の人にも大きなメリットでしょう。

不動産クラウドファンディング業界の中でも、最低1万円という投資額は最少額となっています。少額ならローンや資金繰りの心配なく気軽に投資を始められるというだけでなく、複数の案件に投資をおこなう分散投資もしやすく、リスクの分散につなげることも可能です。

メリット②優先劣後方式とマスターリース契約で低リスク

ちょこっと不動産では優先劣後方式マスターリース契約という、投資者のリスクを軽減するための仕組みが導入されています。

優先劣後方式は、仮に運用物件に損失が発生した場合でも、あらかじめ決められた限度までは不動産クラウドファンディング業者が赤字を負担する仕組みのことです。元本がある程度守られるため、優先劣後方式を採用しているサービスは比較的ローリスクで投資をおこなうことができます。

また、マスターリース契約は投資物件を一括で借り上げる契約形態のことで、入居状況に左右されず固定の家賃収益が発生します。賃貸経営は、空室が多いほど利益が減るのが通常ですが、このマスターリース契約により投資家側の損失リスクは可能な限り抑えられるようになっています。

メリット③投資の手間がかからない

通常の不動産投資であれば、投資判断のための市場調査や不動産購入の手続き、運用にかかる時間や労力が必要になります。しかし、ちょこっと不動産の投資は、応募するファンドを選んで入金する以外の手間がかかりません。

そのため、不動産に限らず投資初心者の人も始めやすいおすすめのサービスといえます。

デメリット

ちょこっと不動産の主なデメリットは以下の2つです。

  • 元本保証はない
  • 東京の投資物件がメイン

デメリット①元本保証はない

他の不動産クラウドファンディングサービスと同様に、出資者の元本と分配金は保証されません。出資法によって、不動産投資型クラウドファンディングで、元本や分配金を保証することは禁止されているためです。

保証はされませんが、ちょこっと不動産では、メリットでも紹介した通り優先劣後方式やマスターリース契約でリスク低減を図っているため、比較的リスクが低いサービスといえます。

デメリット②東京の投資物件がメイン

ちょこっと不動産は、2021年3月のサービス開始から平均すると月1本ペースでファンドを募集しており、2022年10月現在で合計19本のファンドが掲載されています。

今まで扱っている物件は全て東京都内の物件のため、地方在住の人で土地勘がある地元の物件に投資したいという人にはデメリットといえるかもしれません。

しかし、30年以上の実績とノウハウを持つ株式会社良栄が選んでいるため、どのファンドも収益性が高く厳選された質の高い投資物件です。

公式サイトで詳細を見る

ちょこっと不動産の特徴

※画像出典:ちょこっと不動産公式ホームページ

ちょこっと不動産の基本情報
運営会社株式会社良栄
運営開始2021年3月
想定利回り4,5〜7%
最低投資額1万円
対象エリア東京を中心とするエリア

ちょこっと不動産は、株式会社良栄が運営している不動産クラウドファンディングサービスです。株式会社良栄は、1991年に設立した不動産会社で戸建て、アパート、マンション、テナントビルなどの不動産開発事業や不動産賃貸事業をおこなっており、不動産分野で確かな実績と専門的なノウハウを持っている企業です。

ちょこっと不動産の投資対象となる物件も、株式会社良栄が開発してきた戸建て、マンション、アパートなどの住居不動産、オフィスビルやテナントビルなどの商業不動産が多く、収益性が高い投資物件が揃っています。

特徴①優先劣後方式の導入

ちょこっと不動産は優先劣後方式が導入されているため、投資者側の元本がある程度守られた状態で投資をおこなうことができます。

これは赤字を補うだけのシステムではなく、運用利益の分配も優先出資者である投資家に先に分配する仕組みとなっているのです。損失分の3割まではちょこっと不動産が補うため、投資者は安心してファンドに応募できます。

特徴②マスターリース契約

マスターリース契約によって、投資物件はオーナーから一括でちょこっと不動産が借り上げる方式となっています。これにより空室の有無に関わらず一定の収入が発生するため、投資家にとっては低リスクで投資ができます。

不動産クラウドファンディングという仕組みは元本保証がないため、ちょこっと不動産は優先劣後方式やマスターリース契約によって投資者の資金を守っているのです。

特徴③投資期間が短いファンドが多い

不動産投資は3〜5年、長い場合は10年単位といった長期間の投資期間を設けているケースも多く存在します。そのため「自分の資金が数年間もの長い間動かせないのは抵抗がある」「景気変動などのリスクを考えて本格的な投資には踏み込めない」といった人も多いでしょう。

しかし、ちょこっと不動産の取り扱う投資ファンドの運用期間はその多くが6ヵ以下で定められています。1年を超えるものはほとんどないため、気軽に投資できるのも魅力的な特徴の一つです。

公式サイトで詳細を見る

ちょこっと不動産はこんな人におすすめ

ここでは、ちょこっと不動産をおすすめしたい人を紹介します。

  • 低リスクで投資をしたい人
  • 手間のかからない投資がしたい人
  • 安定した分配金を受け取りたい人

低リスクで投資をしたい人

ちょこっと不動産は、低リスクで投資をおこないたい人はじめて投資する初心者の人におすすめです。

ちょこっと不動産は、マスターリース契約や優先劣後方式など、リスクを低く投資できる安全な仕組みが多く備わっています。もちろん、投資なのでリスクがまったくないわけではありませんが、個人での不動産投資や株式投資、投資信託といった知識やある程度の資金を要する投資方法よりは安全性が高いです。

手間のかからない投資がしたい人

インターネット上で投資の手続きが完了し、物件の管理はちょこっと不動産がおこなうため、運用や手続きに手間をかけたくない人におすすめのサービスです。

不動産投資に限らず、投資には市場調査や動向の分析、専門的な知識の習得など、資金だけでなく時間や労力がかかるものがほとんどなので、ほったらかし投資が最低1万円という金額からできる不動産クラウドファンディングは、忙しい人にも向いている投資方法でしょう。

安定した分配金を受け取りたい人

ちょこっと不動産のファンドの想定利回りは4,5〜7%程度となっています。これは他の不動産クラウドファンディングサービスと比較すると、平均的な利回りといえますが、ちょこっと不動産ならではの安全性や、投資物件の質の高さを考慮すると、他のサービスよりも安心して分配金が受け取れるサービスといえるでしょう。

公式サイトで詳細を見る

ちょこっと不動産申し込みの流れ

ここでは、実際にちょこっと不動産で投資をする流れを解説します。

主な手順は以下のとおりです。

  1. 会員仮登録をする
  2. 会員登録をする
  3. 本人確認書類の提出
  4. 投資申し込みをする

登録はちょこっと不動産のサイト上で完結しますが、本人確認書類が必要になるため、スムーズに投資を始めるためにもあらかじめ準備しておきましょう。

①会員仮登録をする

まず最初に会員登録をおこなう必要があります。公式ホームページにアクセスし、右上の赤い会員登録ボタンを押すと仮登録のための画面に移るため、案内に沿って必要な情報を入力していきます。求められる情報は以下のとおりです。

  • 個人・法人の選択
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 本人確認用の秘密の質問
  • メールマガジン登録の選択
  • サイト利用規約、個人情報保護方針、電子交付についての各書類への承諾

「会員仮登録する」と表記された赤いボタンを押すと、登録メールアドレスに向けて確認用のメールが送信されます。

②会員登録をする

確認用のメールに記載のあるアドレスから、本登録用のページに進みます。個人情報の入力が求められるため、間違いのないように入力しましょう。このページで求められる情報は以下のとおりです。

  • 氏名
  • 氏名フリガナ
  • 日本国内居住かどうかの選択
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 職業
  • 住まいの種類

続いて、投資の動機などに関する質問が選択式でおこなわれます。

  • 取引開始のきっかけ
  • 年収
  • 主な収入源
  • 取引の目的
  • 投資方針
  • 投資の経験
  • 投資資金の性格
  • 使用する金融機関・支店名
  • 口座種別・口座番号・口座名義

最後に、確認するべき書類に目を通します。

  • 外国PEPs(外国政府の要人)に該当しないことの確約に関する同意書への確認
  • 反社会的勢力でないことの確約に関する同意書への確約

上記のプロセスが終わったら、次の画面に進みましょう。

③本人確認書類の提出

次に、本人確認書類を提出します。画像形式でアップロードするため、スマートフォンやWebカメラなどで撮影をおこないましょう。使用できる書類は以下のものとなります。個人と法人では必要になる書類などが異なるため、あらかじめ公式サイトで確認しておきましょう。

  • 運転免許証
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 在留カード
  • マイナンバーカード
  • 特別永住者証明書

④投資申し込みをする

審査の通過後、本人確認のために登録住所へハガキが送付されます。ハガキには案内が記載された案内に従って、マイページから手続きを終えましょう。これで投資を始めることができるようになります。登録確認後、公式ホームページのファンド一覧から新規案件の申し込みをおこなうことができるため、投資したい案件を探しましょう。

また、投資の際には契約成立前書面をよく確認し、自分の認識とファンドの条件に食い違いがないことを確かめてから、投資をはじめることが大切です。ファンドへの申し込み完了で契約成立時書面が電子交付されるため、こちらもしっかり確認しておきましょう。

公式サイトで詳細を見る

ちょこっと不動産のよくある質問

ここでは、ちょこっと不動産に関してよくある質問に回答しています。

手数料はいくらかかる?

契約事務手数料は無料です。投資収益となったお金の出金手数料は、出金先口座がGMOあおぞらネット銀行の場合は無料ですが、その他の金融機関は金額に関わらず1件145円の手数料がかかります。

振り込みのタイミングは?

投資の申し込み後に振り込みます。申し込みが完了すると振り込み期限が提示されるため、それまでに入金をおこないましょう。

ちょこっと不動産では投資申し込み前には出資金の受け入れはしていないため、振り込みのタイミングを間違えないようにしましょう。振り込みのタイミングは、投資の申し込み後です。

募集金額に届かなかった場合はどうなる?

満たなかった金額分を運営会社が優先出資者として投資するため、予定どおり運用を開始することができます。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

ちょこっと不動産は、1万円という少額から投資ができる不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

優先劣後方式やマスターリース契約によって、投資者の資金を守ってくれる仕組みが用意されています。また、長年不動産関連事業をおこなってきた実績と確かなノウハウがある不動産会社が運営しているため、取り扱う投資物件の収益性と質の高さも魅力の一つです。

そのため、はじめて不動産投資をする人や、ローリスクで安定した不動産投資をおこないたい人には、ちょこっと不動産の利用をおすすめします。まずは、公式サイトから登録して気になるファンドを探してみてはいかがでしょうか。

公式サイトで詳細を見る

(Visited 1 times, 1 visits today)
この記事の著者
駅探PICKS編集部
駅探PICKS編集部
駅からみつかる楽しい・便利な情報を編集部が厳選してお届け。普段何気なく利用している駅の近くにも、あなたにピッタリのサービスが見つかるかも?