IESHIL(イエシル)のリアルな口コミ・評判とは?|サービスの流れと特徴

IESHIL(イエシル)のリアルな口コミ・評判とは?|サービスの流れと特徴

IESHILは、マンションの参考相場額やマンションの関連情報を見られたり、仲介を依頼する不動産会社を紹介してもらえたりするマンション売却のサポートが充実したサービスです。「マンションの査定額を知りたい」「マンションの売却を仲介してくれる不動産会社を比較して見つけたい」と探している際にIESHILを見つけた、という人も多いのではないでしょうか。

しかし「自分のマンションに向いているサービスなの?」「具体的にどのようなサービスを提供しているの?」など利用を迷っている人もいると思います。

そこでこの記事では、実際にサービスを利用した人の口コミ・評判を紹介します。また、IESHILのメリット・デメリットや特徴、具体的に利用がおすすめな人、申し込みの流れも解説するので利用を検討している人は最後までお読みください。

公式サイトで詳細を見る

IESHIL(イエシル)のリアルな口コミ・評判

良い口コミ

査定以外にも専門の方に直接相談ができるので、実際に売却をするイメージも湧きやすかったです。(30代/男性/600万円~800万円未満)
希望するエリアのマンション価格が詳細にわかり、専門知識のあるイエシルアドバイザーによる計画的な資金繰りの相談ができた。(50代/男性/200万円~400万円未満)
査定をしていただくのは初めてで不安もありましたが、使い方がシンプルでわかりやすかったです。(30代/女性/200万円未満)

改善して欲しい口コミ

イエシルの改善してほしいところは査定金額に対する根拠などの説明をしっかりしてほしいところです。(20代/男性/400万円~600万円未満)
全国的に見て郊外や地方での対応エリアが少なく、エリア拡大を望みます。(40代/男性/200万円~400万円未満)

口コミから分かった傾向

イエシルの良い口コミからは「査定以外のところでも専門家と直接相談できる」「専門知識のあるイエシルアドバイザーによる計画的な資金繰りの相談ができた。」など、専門家に気軽に相談手できる点が喜ばれていました。

一方で「査定金額に対する根拠などの説明をしっかりしてほしい」「全国的に見て郊外や地方での対応エリアが少ない」などサービス内容に対しての不満の声も見受けられました。

公式サイトで詳細を見る

IESHIL(イエシル)のメリット・デメリット

続いてIESHILののメリット・デメリットを見ていきましょう。利用をはじめる前にメリット・デメリットがわかれば、所有するマンションに合ったサービスなのか確認できます。

IESHIL(イエシル)の3つのメリット

IESHILのメリットは次の3つがあげられます。

  • メリット①東証プライム上場企業が運営している
  • メリット②相場額以外の豊富なデータを見られる
  • メリット③不動産売買に役立つコラムが充実している

詳しく解説していきます。

メリット①東証プライム上場企業が運営している

IESHILを運営する株式記者リブセンスは、東証プライムに上場しており社会的にも信頼性の高い企業です。なぜなら東証プライム上場企業になるには、次のような厳しい条件を満たす必要があるためです。

  • 企業時価総額250億円
  • 直近2年の利益が25億円以上
  • 株主数800人以上
  • 株式時価総額100奥円以上
  • 株式数2万株以上
  • 株式比率35%以上 

運営会社が安定した企業ならサービスも安心して利用できます。

メリット②相場額以外の豊富なデータを見られる

IESHILは、マンションの参考相場額以外にも次のような情報も確認できます。

  • 新築時の価格
  • これまでの価格推移と将来予測
  • 災害リスク(地震・洪水・液状化・津波・土砂災害)
  • 学区
  • マンション周辺の売買履歴

マンションをより高く売却するには、さまざまな情報を参考に価格を決めることが大切です。1つずつ自分で調べると手間がかかる情報がIESHILなら一度にわかります

たとえば、価格も現在の参考相場額だけでなく新築時の価格やこれまでの価格推移と予測価格が見られます。また、学区内の保育園・小学校・中学校の情報が確認できます。保育園は対象児や開閉所時間、定員など、小中学校はマンションまでの距離が表でまとめられています。

ただし、すべてのデータを閲覧するにはIESHILの無料会員登録が必要です。

メリット③不動産売買に役立つコラムが充実している

IESHILのサイトでは、不動産売買時に役立つコラムが掲載されています。コラムの内容は、不動産の売却・購入の基本知識から、業界ニュース、インタビュー記事まで豊富に取り揃えています。すべての記事が登録不要で読むことが可能です。マンション売却が初めての人は、コラムを参考にしてみるとよいでしょう。

IESHIL(イエシル)の3つのデメリット

IESHILは東証プライム上場の企業が運営する信頼度の高いサービスです。また、不動産に関するさまざまなデータやコラムが見られるなど役立つ情報も多く取り揃えられています。しかし、メリットだけでなく次のようなデメリットもあります。

  • デメリット①対応している不動産がマンションのみ
  • デメリット②対応エリアが一都三県と限定的
  • デメリット③紹介してもらえる不動産会社が最大3社と少ない

デメリットも詳しくみていきましょう。

デメリット①対応している不動産がマンションのみ

IESHILはマンションに特化したサービスのため、戸建てや土地、店舗、ビルなどは査定できません。マンション以外の不動産を利用したい人は、他の査定サービスの利用を検討する必要があります。

ただし査定はできませんが、災害リスクや学区などの情報は、マンション以外の物件でも役立つため参考にするとよいでしょう。

デメリット②対応エリアが一都三県と限定的

IESHILのサービス対象エリアは、次の一都三県です。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県

今後は対象エリアを拡大する可能性もありますが、現在は首都圏周辺のみとなっています。

デメリット③紹介してもらえる不動産会社が最大3社と少ない

IESHILでは紹介してくれる不動産会社の営業担当者は最大3人までです。一括査定サービスの多くは6社程度に依頼できる場合が多いため、3人は少ないです。

多くの不動産会社に査定を依頼して比べたい場合は、他の査定サービスもあわせてチェックする必要があるでしょう。

公式サイトで詳細を見る

IESHIL(イエシル)が選ばれる理由

※画像出典:IESHIL(イエシル)公式サイト

運営会社株式会社リブセンス(Livesense Inc.)
本社所在地東京都港区海岸1‐7‐1東京ポートシティ竹芝10階
運営開始2015年8月27日
対象エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
対応不動産マンション
公式サイトhttps://www.ieshil.com/

ここからはIESHILの特徴をみていきます。

特徴①AIが算出した参考査定額が見られる

IESHILではAIを使って算出した参考査定額を見られます。参考相場価格は、AIが約9,000万件の賃貸情報や売買履歴をもとに部屋単位の価格を算出します。マンションの価格は同じマンションであっても、部屋の階数や向きによって価格が異なるため一部屋ごとに確認できるのはより実態に近い価格を確認でき便利です。

ちなみに、使われているAIはIESHILが大学教授などの有権者との研究で独自開発したもので、特許も取得しています。

特徴②アドバイザーに無料で相談できる

IESHILでは、アドバイザーに無料で面談が可能です。アドバイザーは知識が豊富な人が揃えられており、次のような資格と経験を持つ不動産の専門家が担当してくれます。

  • 不動産仲介経験10年以上
  • 有資格者(※宅地建物取引士)

面談は2021年5月時点で3,500組以上の利用実績があり、満足度も93.6%と高いのが魅力です。

相談内容は「不動産の売却をしたいけど何から始めればよいかわからない」などの基本的なことから「現在のマンション市況を知りたい」「不動産会社の営業担当とうまく付き合っていくには」など、不動産に関係するさまざまなことを聞けます。面談時間は約45分です。

面談できる営業時間と場所は次のとおりです。

営業時間10~19時
定休日水曜・年末年始除く
面談場所

東京都中央区日本橋3‐1‐8スターツ日本橋ビル地下1階

JR東京駅『八重洲北口』より徒歩4分
東京メトロ銀座線『日本橋駅 B3出口』より徒歩1分

土日も営業しているので平日に休めない人にも安心です。また、来店して面談できない場合、スカイプなどのオンライン面談も可能です。

※注

宅地建物取引士:不動産取引の専門家を示す国家資格。

特徴③希望に合った不動産会社を紹介してもらえる

IESHILでは、アドバイザーの面談の際、希望をすれば面談を通して自分の条件に合った不動産会社の営業担当者を最大3人まで紹介してもらえます。紹介してくれる営業担当者は、これまでのアンケートで評判の良かったマネージャークラスの営業担当者です。

不動産の売買を成功させるには、営業担当者の実力が重要になってきます。優秀な担当者をつけてもらえれば、売却もスムーズに進みやすくなるでしょう。

公式サイトで詳細を見る

IESHIL(イエシル)はこんな人におすすめ

続いてメリット・デメリットを踏まえ、実際にどのような人がおすすめなのか確認していきましょう。IESHILは、次のような人が利用が特におすすめです。

  • 一都三県のマンションの相場額をすぐに知りたい人
  • マンション売買を専門家に相談しながら進めたい人
  • 優秀な営業担当者を紹介してもらいたい人

詳しく解説していきます。

一都三県のマンションの相場額をすぐに知りたい人

IESHILのサービスは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一都三県のマンションを所有する人が利用できます。

また、IESHILでは参考相場額をマンション名などで検索すればすぐに確認できます。そのため、売却するマンションの相場感をすぐに知りたい人にはおすすめです。

参考相場額は、IESHILが独自開発したAIが約9,000万件のビッグデータを活用して算出した額になります。リフォームしているなど個別事情を考慮した、より詳しい査定額を知りたい場合は、IESHILに依頼して算出してもらうことも可能です。

マンション売買を専門家に相談しながら進めたい人

マンション売買する際、不動産の知識があるプロに相談しながら進めたい人はIESHILの利用が特におすすめです。

IESHILでは、不動産仲介の経験や不動産の専門知識のあるアドバイザーに無料で相談できます。また、アドバイザーは不動産会社の営業担当者ではないため、中立な立場での意見を聞けます

不動産会社の営業担当者の紹介後も相談にのってもらうことが可能です。「営業担当者を変えてほしい」「営業担当者にお断りしたい」などの場合も気軽に相談できるので安心です。

優秀な営業担当を紹介してもらいたい人

マンションの売却を成功させるには、上手く買い主を見つけ適正な価格で交渉してくれる優秀な営業担当者についてもらうことが大切です。

IESHILなら、実際に利用した人のアンケートをもとに評判の良かった不動産会社を最大3人紹介してもらえます。紹介してもらえる営業担当者はマネージャークラスの人です。最短1日で3人を紹介してもらえるので比較もスピーディにおこなえます。

また、売却の希望条件などはIESHILのアドバイザーが事前に不動産会社に伝えてくれるため、1社ごとにいちいち説明する手間がかかりません。さらに、IESHILには不動産会社に優先的に紹介してもらえる紹介客の枠があり優先的に対応してもらうことが可能です。

公式サイトで詳細を見る

IESHIL(イエシル)申し込みの流れ

IESHILを利用する流れは次のとおりです。流れを事前に確認しスムーズに申し込みをすすめましょう。

  1. IESHIL(イエシル)に査定を申し込む
  2. アドバイザーと面談する
  3. 不動産会社を紹介してもらう

流れの詳細を確認していきます。

①IESHIL(イエシル)に査定を申し込む

まずは、IESHILの公式サイトにアクセスします。そして売却したいマンションを、マンション名または住所、駅名、学区から検索します。

売却したいマンションを見つけたら『妥当な購入・売却価格を知る』をクリックし、チャットボックスに、物件との関係性や部屋番号、物件の用途(投資用または居住用)、居住状況、連絡先など必要事項を入力してください。

入力後は『イエシル査定に申込』をクリックし査定の申し込みは完了です。入力は1分程度で終わります

②アドバイザーと面談する

査定の申し込みが完了すると、IESHILから電話がかかってきます。より正確な物件の現状を伝えることができます。

その後、IESHILがデータを元に妥当な売却価格として仲介価格と買取り価格を算出してくれます。この際「現在の不動産市況」や「不動産売買のコツ」なども教えてもらうことが可能です。

相談したいことがある場合は事前に書き出しておくとスムーズに質問できるでしょう。面談時間は約45分程度です。

③不動産会社を紹介してもらう

面談後は、希望すれば不動産会社を最大3社まで紹介してもらうことが可能です。各不動産会社の営業担当者とは1時間ほど面談でき、査定価格やその根拠、担当者との相性などを比較します。

希望すれば不動産会社との面談にIESHILのアドバイザーが同席してくれるので、不安な人は依頼するとよいでしょう。

面談後、気に入った不動産会社があれば※媒介契約を結び、売却活動へ進んでいきます。媒介契約後も、IESHILのアドバイザーに相談ができます。

※注

媒介契約:不動産を売却する際に不動産会社に間に入ってもらい買い主を探してもらうために結ぶ契約のこと

公式サイトで詳細を見る

IESHIL(イエシル)の利用でよくある質問

ここではIESHILの利用でよくある疑問に回答します。利用を始める前に確認しておくとよいでしょう。

IESHIL(イエシル)は無料で利用できる?

IESHILは完全無料で利用できます。

参考相場額やマンション関連情報の閲覧、アドバイザーへの相談、不動産会社の紹介も無料です。IESHILは、不動産パートナー販促促進費や広告収益で運営しているため、利用者から料金を取ることはありません。

IESHIL(イエシル)は会員登録しないと利用できない?

IESHILは会員登録をしなくても利用できます。

ただし、より詳細な情報を見るには会員登録する必要があります。会員登録は無料です。会員登録は、公式サイトからおこないます。メールアドレスがあれば簡単にできます。

アドバイザーに相談するには?

査定を依頼せずに直接、アドバイザーに相談する方法もあります。アドバイザーとの面談を予約する流れは次のとおりです。

  1. IESHILの公式サイトへアクセス
  2. 『専門家からのアドバイス』の『詳しく見る』をクリック
  3. 相談内容を選び『相談をWEB予約する(無料)』をクリック
  4. チャットボックスで必要事項に答え予約は完了

面談は1日5組限定の対応となっています。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

IESHILは独自開発したAIが査定額を算出しており、1部屋ごとの参考相場価格がすぐに確認できます。また、知識が豊富なアドバイザーが相談に乗ってくれ、マンション売却が初めての人も充実したサポートを受けられます。不動産売買の基本から不動産会社選び、担当者とうまく付き合っていく方法など細かなことまで相談が可能です。

さらに、マネージャークラスの営業担当者を紹介してもらえ、信頼できる人に出会える可能性が高くなっています。これらからマンションの売却のため、知識や情報を得ようとしている人や不動産会社を探している人はIESHILを利用する価値は高いでしょう。

公式サイトで詳細を見る

この記事の著者
駅探PICKS編集部
駅探PICKS編集部
駅からみつかる楽しい・便利な情報を編集部が厳選してお届け。普段何気なく利用している駅の近くにも、あなたにピッタリのサービスが見つかるかも?