【2023年最新版】日本ワークスのリアルな口コミ・評判とは?メリット・デメリットも解説

【2023年最新版】日本ワークスのリアルな口コミ・評判とは?メリット・デメリットも解説

都内の不動産投資に興味がある人は、日本ワークスが気になってはいませんか。実際にサービスを利用している人の口コミを参考にして、投資を慎重に検討したいと考える人は少なくありません。

この記事は日本ワークスの口コミ・評判を紹介し、サービスのメリット・デメリットや特徴、疑問点などを解説します。さらに申し込みからマンションオーナーになるまでの流れも紹介するので、日本ワークスの利用を検討している人はぜひ参考にしてください。

公式サイトで詳細を見る

日本ワークスのリアルな口コミ・評判(25%)

日本ワークスを利用した方から、信憑性の高いものを厳選して紹介していますので是非参考にしてください。(※クラウドワークスによる調査2022年10月)

・リード文を挿入する。
・紹介する口コミを要約して中見出しに設定する。10~30文字を目安
※編集部で挿入しますので空けておいてください。

よい口コミ

日本ワークスで良かった所は、リスクへの一括サポートがあることと、入居者退去時でのオーナー様負担分サポート等を得られる点でした。(30代 男性)
2人の営業担当の方と面談しましたが、お二人とも物腰柔らかく威圧的な対応も一切ありませんでした。そしてこちらの要望に対し、難しいものは難しいとはっきり言ってくださったことに好感を持ちました。(30代 男性)
セミナーでは勧誘のようなことも一切なかったですし、非常に親身にアドバイスなどもしていただけたので印象が良かったです。(30代 男性)
オンラインセミナーや確定申告のフォローが充実しているところがよかった。(30代 女性)
管理会社も日本ワークスの関連会社になりますので、購入から管理、確定申告等のアフターフォローまで一貫してお任せできます。(30代 男性)

改善してほしい口コミ

強引な勧誘のようなことは全くないですが、とにかく電話が多いのでもう少し減らしてもらいたいです。(30代 男性)
セミナーに参加しましたが、専門用語や実践的な話ばかりで難しかったです。(20代 女性)

口コミからわかった傾向

日本ワークスの良い口コミは「リスクへの一括サーポートがあること」「購入から管理確定申告等のアフターフォローも一貫してお任せできる」などサポート内容が充実している点を評価してる声が見受けられました。

また、「セミナーでは勧誘はないし、親身にアドバイスをしてくれる」「難しいものははっきりと言ってくれる」など担当者の対応も良いことがわかります。

一方、改善してほしい内容として「強引な勧誘はないが、営業電話が多い」「セミナーでの専用語が多い」といった頻繁に電話がかかってくることや投資初心者には難しいという声もありました。

公式サイトで詳細を見る

日本ワークスのメリット・デメリット

日本ワークスのメリット・デメリットをそれぞれ詳しくみていきましょう。

メリット

日本ワークスは次のメリットがあります。

  • メリット①都内人気エリアのマンションで不動産投資できる
  • メリット②高い需要を維持できるのでスムーズに売却できる
  • メリット③手厚い管理業務サポートが受けられる

日本ワークスは都内23区で、資産運用型ハイグレードマンションのブライズ・フュージョナル・ベルグレードの3シリーズを提供しています。

どのシリーズも将来性ある人気エリアにこだわって建設され、洗練されたデザインとハイクオリティな設備の採用で、高い需要を長く維持しています。そのため中古になっても人気があり、資産価値が低下しにくく、売却による現金化がスムーズです。

また、日本ワークスでは次の3大サポートを提供しています。

  • 空室・入居者トラブルなどのリスクへの一括サポート
  • 入居者退去時の原状回復費用のオーナー負担分サポート
  • 集金代行または家賃保証

空室や入居者によるトラブルなどに適切に対処し、家賃を確実に徴収してオーナーの収益確保をサポートします。さらに通常はオーナーが負担する室内原状回復費用を日本ワークスが支払うので、負担を最小限にした不動産運用ができます。

デメリット

日本ワークスにはデメリットもあります。

  • デメリット①営業電話が頻繁にかかってくる可能性がある
  • デメリット②物件価格が相場よりも高い場合がある
  • デメリット③東京エリアの物件に限定される

日本ワークスは、顧客への最新情報の提供に力を入れているため、営業電話が頻繁にかかってくる場合があります。電話対応にあまり時間を取られたくない人は、不都合を感じるかもしれません。

また、日本ワークスが提供するのは好立地のハイグレードマンションなので、相場よりも価格が高いのが実態です。できるだけ初期費用を抑えたい人の場合、投資先物件を探すのは難しい可能性があります。

さらに日本ワークスは、東京エリア以外の物件は扱っていません。地方在住の人もサービスを利用して投資できますが、物件内覧や管理状況の確認の際は遠方から出向く必要があるため、時間や費用がかかります。

公式サイトで詳細を見る

日本ワークスの特徴

※画像出典:https://www.nworks.co.jp/

日本ワークスの基本情報
運営会社株式会社 日本ワークス
運営開始 1996年7月
提携金融機関数15社
対象エリア主に東京23区内
対応不動産マンション
累計分譲戸数7,000戸以上
公式サイトhttps://www.nworks.co.jp/

日本ワークスは都内23区を中心にハイグレードな資産運用型マンションを販売しています。入居者へのワンストップサービスで高い需要を維持し、入居率は年間を通して98%以上です。

また購入後は、入居者募集・原状回復費用サポート・確定申告書作成など、充実したサポートを提供しています。加えて以下のような優れた特徴も兼ね備えています。

東京23区で7,000戸以上分譲の不動産投資会社

日本ワークスは、都内23区を中心に7,000戸以上・180棟以上のマンションを分譲している不動産投資会社です。25年以上の開発・販売実績で培ったノウハウで、人気が高く将来性のあるエリアを厳選して取得し、開発・分譲しています。

都心に輝きのある生活ををコンセプトにした、デザイン性の高さと使いやすさが共存するハイグレードの資産運用型マンションは、常に高い需要を維持しています。

ワンストップサービスで入居率98%以上

日本ワークスのマンションは入居者の満足度が高いため、1年を通して98%以上の高い入居率を維持しています。企画・供給・入居者募集・賃貸管理・メンテナンスを日本ワークスグループの総合力でワンストップ展開し、入居者サポートに積極的です。

また、日本ワークスは快適に暮らせることを常に考えて企画・開発し、扉一枚も決して妥協はしません。ワイドサイズの機能的なキッチンやデッドスペースを活用した収納などを採用し、入居者が使いやすく過ごしやすい空間を提供しています。

購入後のサポートが充実

日本ワークスは、家賃滞納や入居者トラブル対応・原状回復費用のオーナー負担分サポート・集金代行または家賃保証の3大サポートをオーナーへ提供しています。さらに提携の税理士に確定申告書・不動産収支内訳書の作成も無料で依頼可能です。

購入後の管理業務や申告手続きなどを徹底的にサポートするので、運用の負担を最小限にできます。

公式サイトで詳細を見る

日本ワークスはこんな人におすすめ

ここまで挙げられた特徴やメリットを踏まえて、日本ワークスは以下の3つのニーズがある人におすすめです。

  • 都内の人気物件で不動産投資したい人
  • じっくり相談して投資物件を決めたい人
  • 不動産投資に手間をかけたくない人

以下で詳しい理由を解説します。

都内の人気物件で不動産投資したい人

日本ワークスは、都内で25年以上の分譲実績を活かした入念な市場調査や、周辺環境調査をおこなってマンション開発しています。

用地確保から外観・内装デザインなどを一貫してプロデュースし、高い入居率の確保や、資産価値を長く維持できるマンションを提供することが可能です。

じっくり相談して投資物件を決めたい人

日本ワークスは顧客のニーズ把握や、ライフプラン作成を重要視する不動産投資会社です。

営業担当者は投資物件の紹介をおこなう前に、顧客の年収や資産、家族構成などを細かくヒアリングし、具体的なライフプランを設計。そしてニーズを詳しく聞き取り、ライフプランとすり合わせて最適な物件を紹介してくれます。

また、無料のオンライン個別相談サービスも利用可能です。物件の選び方や投資収益の予測・計算などを随時相談できます。

不動産投資に手間をかけたくない人

日本ワークスは、入居者トラブル対応・原状回復費用のオーナー負担分サポート・集金代行または家賃保証などの3大サポートがあり、購入後の負担を最小限にできます。

さらにグループ会社のワークス合人社がマンションを管理し、管理費・修繕積立金などの収納事務や、修繕の計画・実施などの組合代行業務をオーナーに代わって引き受けるため、不動産運用で発生するさまざまな作業の手間がかかりません。

公式サイトで詳細を見る

日本ワークスの申し込みの流れ

日本ワークスでマンションを購入し、運用するまでの流れは次のとおりです。

  1. 公式サイトから個別相談を申し込む
  2. ライフプラン設計と物件紹介
  3. ローン申請・売買契約締結
  4. マンションの運用スタート

それぞれ詳しくみていきましょう。

①公式サイトから個別相談を申し込む

公式サイトトップページの各種お問い合わせから個別相談を申し込みます。専用フォームに住所・氏名・メールアドレスなどを入力し、希望する日時を指定して送信しましょう。

後に担当者より相談日時の確認がきます。

②ライフプラン設計と物件紹介

相談日には現在の年収・資産・家族構成などを営業担当者がヒアリングし、ライフプランを設計。物件へのニーズも細かく聞き取り、ライフプランとあわせて吟味したうえで、投資先物件を紹介してもらいます。

③ローン申請・売買契約締結

次に購入する物件を決定し、売買契約を締結します。その際、提携している15社の金融機関のローン商品のなかから、最適な条件のものを選んで紹介してもらえます。ローン内容の条件をしっかりと確認をし、売買契約締結に進みましょう。

④マンションの運用スタート

売買契約が締結すれば、ついにマンションオーナーとして運用がスタート。同時に管理・運営業務代行サポートとして、入居者募集や審査・契約業務、各種点検・メンテナンスのワンストップサービスが開始します。基本的な管理は任せられるため、オーナーとしてマンションの運用を見守っていきましょう。

公式サイトで詳細を見る

日本ワークスのよくある質問

ここでは日本ワークスのよくある疑問に答えていきます。

買うなら新築・中古どちらがよい?

新築・中古はそれぞれのメリットや投資目的、運用期間などを参考に選びます

新築は入居者ニーズに応える最新設備があり、新品なためメンテナンス費用が抑えられるメリットがあります。一方中古は、新築よりも価格が安く、初期費用を抑えて利回りよく運用できるのがメリットです。

投資目的や準備資金、運用期間などを営業担当者に伝えて相談し、新築・中古それぞれの物件を詳しく吟味して、最適な物件を選びましょう。

年数が増えるごとに家賃収入は下がる?

日本ワークスが提供するハイグレードマンションの家賃は、年数を重ねても大きく下がりません

通常、建物が古くなれば家賃は下がります。ただし、高い技術を用いて建築され、適切なメンテナンスをおこなっているマンションは古くなりにくいため、家賃を大きく下げる必要がありません。

どのような人がマンションを購入している?

日本ワークスでマンションを購入する人は、20代後半から50代の人が中心です。なかでもマイホームとして購入し、結婚や退職で賃貸用に転用する人や、預貯金のかわりとして購入する人が多くみられます。

その他に相続税対策や、定年前に退職して不動産投資で収入を得るセミリタイヤの人など、マンション購入の目的は多様化しています。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

日本ワークスは都内23区を中心にハイグレードな資産運用型マンションを販売しています。1年を通して入居率98%以上の好立地にあるマンションは、高い需要を長く維持し、売却時の現金化がスムーズです。

さらに入居者トラブル対応や、原状回復費用の負担などの手厚いサポートがうけられるため、日本ワークスのサービスはメリットが多くとても魅力的です。ただし、営業電話が頻繁にかかってくる可能性があることや、物件価格が相場よりも高いなどのデメリットもあります。

日本ワークスのサービスを利用する際は、営業担当者にニーズを詳しく伝え、ライフプランを作成しましょう。ライフプランの実現に向けて最適な物件を選び、着実にしっかりと資産運用しましょう。

公式サイトで詳細を見る

この記事の著者
駅探PICKS編集部
駅探PICKS編集部
駅からみつかる楽しい・便利な情報を編集部が厳選してお届け。普段何気なく利用している駅の近くにも、あなたにピッタリのサービスが見つかるかも?