マンションの自動査定とは?メリットやデメリットを解説

マンションの自動査定とは?メリットやデメリットを解説

マンション売却を検討している人にぴったりなのが、わずか数秒でマンションの価格を把握できる自動査定です。不動産会社による査定や一括査定とはどのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、マンションの自動査定に関する基礎知識や良い点と悪い点について解説しています。

自動査定サービスを提供しているサイトも厳選して紹介しているので、マンションの自動査定を試してみたい人はぜひお役立てください。

マンションの自動査定に関する基礎知識

マンションの自動査定では、どのような仕組みで査定額を出しているのでしょうか。ここでは、マンションの自動査定に関する基礎知識を解説します。

マンションの自動査定とは

自動査定では、人間ではなくAIと呼ばれる人工知能がマンション価格を予測します。AIが査定額を予測するために用いているのは、自動で収集したマンション売買のデータです。利用者はオンラインからマンションの情報を入力するだけなので、自分のマンションの価格を簡単にシミュレーションできます。

自動査定に必要な情報

マンションの自動査定を利用するときには、以下のような情報が必要になります。

  • マンション名
  • 住所
  • 最寄駅名
  • 面積
  • 構造
  • 築年数
  • 居住状態

不動産会社の査定や一括査定と違って、マンション以外の情報を入力する必要はありません。ただしできるだけ正確な査定額を得るために、マンションの情報は正確に入力することが大切です。

自動査定をおこなうときの手順

自動査定を利用するときは、パソコンかスマートフォンのどちらかを手元に用意してください。マンションの自動査定をおこなうときの手順を確認していきましょう。

  1. 自動査定のサイトへ行く
  2. マンションの情報を入力する
  3. 査定結果が表示される

自動査定のやり方は専用の入力フォームにマンションの情報を入力するだけなのでとても簡単です。自動査定ではAIが瞬時にデータの分析をおこなうため、数秒待つだけですぐに結果が表示されます。

自動査定がおすすめな人

自動査定は、次のような人におすすめです。

  • シンプルにマンションの価格だけを知りたい人
  • 将来的にマンションを売却する可能性がある人

自動査定は、不動産会社に正式な査定を依頼する前にマンションの参考価格を知っておきたい場合や、いつかマンションを売却するときのために、今の価格を把握しておきたい場合などに向いています。マンションの売却を考えている段階での活用がおすすめです。

一方でマンションの正確な価格が知りたい場合やマンション売却が決定している場合、マンションを売却したお金でローンの残債を支払えるか計算したい場合には向いていません。

マンションの自動査定を利用するメリット

マンションの自動査定を利用するメリットは、次のとおりです。

  • 個人情報が流出する心配がない
  • 営業電話がない
  • 算出にかかる時間が短い
  • 個人の主観が入らない

メリットを詳しくチェックしていきましょう。

個人情報が流出する心配がない

インターネット上で氏名や電話番号を入力すると、「第三者に情報を盗まれるのではないか?」という懸念が少なからずあるかもしれません。しかし自動査定では個人情報が不要のため、個人情報が流出する危険性は一切ありません。結果をもらうためにメールアドレスが必要な場合もありますが、フリーメールで対応できます。

一方、不動産会社や一括査定サイトで査定するときは個人情報の入力が必要です。従来の不動産査定の方法と比較すると、自動査定のサイトは個人情報の流出を気にせず気軽に利用できます。

営業電話がない

自動査定のサイトでは、電話番号を入力する必要がないため不動産業者から営業電話がかかってくることはありません。そもそもマンションの査定額もAIが算出しているので、不動産業者と接する機会がないです。誰にも知られることなくマンションの査定額を算出したいには大きな利点となります。

一括査定サイトや不動産会社に査定を依頼すると、ほぼ間違いなく営業電話がかかってきます。売却を進めるために訪問査定を打診するのは当然ですが、苦手だと感じる人も多いです。自動査定サイトを利用すれば、これらの営業電話の煩わしさから解放されるでしょう。

算出にかかる時間が短い

自動査定サイトでは、マンションの情報を入力した数秒後に査定結果が表示されます。短時間で査定結果を知ることができるのは、AIの処理能力が高いからです。どのサイトも瞬時に計算されるので待ち時間はほぼ必要ありません。

一方で不動産会社に査定を依頼すると、結果が出るまでに机上査定の場合は30分〜1時間訪問査定の場合は3週間〜1ヵ月かかります。査定額をすぐに知りたいなら、自動査定サイトを利用するのがベストです。

個人の主観が入らない

自動査定サイトはAIは過去におこなわれたマンション取引のデータを利用して査定額を算出しているので、どのサイトを利用しても、ほぼ同じ金額の査定結果を得ることができます。

しかし、不動産会社に依頼した場合は査定額が担当者の主観に左右されやすいです。マンション売却に自信を持っている場合や、どうしても契約を取りたい場合は、相場よりも査定額を高く算出することもあります。

自動査定サイトは、このような個人の主観が反映されない点がメリットといえるでしょう。

マンションの自動査定を利用するデメリット

マンションの自動査定を利用するデメリットは、次のとおりです。

  • 正確な査定額ではない
  • 対応できない地域がある
  • 売却に関する相談ができない

デメリットを詳しく見ていきましょう。

正確な査定額ではない

自動査定で算出されるマンションの査定額には部屋の状態や周辺環境が反映されていないため、訪問査定のような正確性は期待できません。実際の相場価格とはかけ離れている可能性があります。自動査定で知ることができるのは、おおよその査定価格であると理解しておきましょう。  

対応できない地域がある

都市部はマンションの取引が豊富なので多くのデータが集まっていますが、人口の減少が続いている地方では取引データが少ないので自動査定に対応できない場合があります。自動査定は可能でも、取引データが少なすぎると査定額の信憑性が低くなる可能性が高いです。

自動査定に対応していないエリアに住んでいる場合は、地域密着型の不動産会社にマンション査定の依頼するといった対応をとりましょう。

売却に関する相談ができない

自動査定ではAIに査定額を算出してもらう以外のことができません。マンション売却のことに関する不安や疑問がある場合は、自分で不動産会社に直接問い合わせる必要があります。

一括査定サイトを利用した場合は不動産会社を紹介してもらえるので、売却に関する相談がしたいなら自動査定ではなく一括査定サイトを利用して不動産会社に依頼しましょう。

マンションの自動査定が可能なサイト6選

ここからはマンションの自動査定サービスを提供しているサイトを6つ厳選して紹介します。

SRE不動産

※画像出典:SRE不動産公式サイト

運営会社名SREホールディングス株式会社
所在地東京都港区北青山3丁目1-2 青山セント・シオンビル2F
設立年2014年4月14日
資本金4億886万円(2022年3月31日現在)

SRE不動産では、ソニーグループが開発したAIにより1都3県のマンションの推定価格を調べることが可能です。マンション名やエリアを入力するだけで、推定価格と詳細な情報を割り出します。

エリアごとにマンション売却の推定価格ランキングも閲覧することも可能です。データは原則1ヵ月ごとに更新しているので、マンション売買や賃貸に役立てることができます。

公式サイトで詳細を見る

マンションナビ

※画像出典:マンションナビ公式サイト

運営会社名マンションリサーチ株式会社
所在地東京都千代田区神田美土代町5-2 第2日成ビル5F
設立年2011年4月
資本金1億円(2020年8月現在)

マンションナビでは、中古マンションの自動計算システムを利用することが可能です。マンション名や駅名を選択するだけで、マンションの相場価格を調べることができます。

なお、会員登録をおこなえば、売却希望物件を登録することが可能です。マイページにアクセスすれば、相場価格の推移もチェックできます。全国2,500店舗の中から自分の所有する物件に合う不動産会社を紹介してもらえるでしょう。

公式サイトで詳細を見る

HowMA

※画像出典:HowMA公式サイト

運営会社名株式会社コラビット
所在地東京都港区芝浦1−13−10第3東運ビル8F
設立年2011年6月
資本金 2,199万7,500円

HowMAは戸建てやマンションの価格をAIが瞬時に査定してくれるサイトです。HowMAを使うためにはアカウント作成が必要なので、マンションの情報とメールアドレスの入力が求められます。あとはメールで査定結果が送られてくるのを待つだけです。

HowMAではAI査定だけでなく、その後の売却活動をサポートするサービスも提供しています。不動産会社に査定を依頼したり、コンシェルジュに売却相談をすることが可能です。また、東京23区と一部地域限定で、オンラインでマンション売却が完結できるサービスも利用できます。

公式サイトで詳細を見る

イエシル

※画像出典:イエシル公式サイト

運営会社名株式会社リブセンス
所在地東京都港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝10階
設立年2006年2月8日
資本金2億3,700万円(2022年6月30日現在)

イエシルは中古マンションの相場価格を今すぐ調べることができるサイトです。約9,000万件のマンション取引情報をもとに、マンションの部屋ごとの相場価格をAIが査定しています。査定に必要な情報は、マンション名か駅名、学区名だけです。販売価格も調べることができるので、売却だけでなく購入を考えている人にも向いています。

イエシルでは不動産査定だけでなく、オンライン上で不動産の専門家に質問することも可能です。豊富な資格と経験を持つアドバイザーが在籍していて、優良な不動産会社の担当者を紹介してもらうことができます。 

公式サイトで詳細を見る

ハウスドゥ

※画像出典:ハウスドゥ公式サイト

運営会社名株式会社And Doホールディングス
所在地東京都千代田区丸の内1丁目8番1号丸の内トラストタワーN館17F
設立年2009年1月
資本金33億7,645万円(2022年6月末現在)

ハウスドゥでは人工知能が自動で不動産を査定してくれる、「10秒でDo」という無料アプリを配信しています。郵便番号や住所など不動産の情報を入力するだけで、市場相場の金額を知ることが可能です。査定にかかる時間はわずか10秒で、査定結果は最大3件まで保存することができます。

査定結果を確認したあとは、そのまま不動産会社に詳細な査定を依頼することも可能です。Web版の10秒でDoも公開されているので、アプリをダウンロードする前に試してみましょう。

公式サイトで詳細を見る

ミライアス

※画像出典:ミライアス公式サイト

運営会社名ミライアス株式会社
所在地東京都渋谷区渋谷1-6-5 SK青山ビル4階
設立年2018年10月
資本金3,333万円

ミライアスは、マンション名を入力するだけで誰にも知られることなくマンションの査定結果が受け取れる自動査定サービスです。東京や神奈川、千葉や埼玉など一部の地域限定となっていますが、都道府県名からマンションの相場を確認することも可能です。過去の販売事例に基づいてAIが算出しているので、販売事例がない場合には対応していません。

より具体的な査定価格が知りたいときは、不動産会社に査定を依頼することができます。無料の売却相談も実施しているので、売却を検討している人は売却相談の問い合わせフォームを利用しましょう。

公式サイトで詳細を見る

東急リバブル

※画像出典:東急リバブル公式サイト

運営会社名東急リバブル株式会社
所在地東京都渋谷区道玄坂1丁目9番5号
設立年1972年3月10日
資本金13億9,630万円

東急リバブルでは、不動産の情報を登録するだけでAIがスピード査定をおこなうサービスを提供しています。マンションの場合は売却と賃貸のダブル査定に対応しているので便利です。登録者が1万人を超えていて、電話番号の入力も必要ないので安心して利用することができます。

査定結果はマイページからいつでも確認することが可能です。最新の査定価格についてはメールで確認できたり、利用者が依頼した場合は東急リバブルから電話をもらったりすることができます。電話が苦手な場合はチャットで相談することも可能です。

公式サイトで詳細を見る

マンションの自動査定を使うときのポイント

最後にマンションの自動査定を利用するときのポイントについて解説していきます。

一括査定も併用する

自動査定サイトを活用するときは、一括査定サイトも併用することをおすすめします。前述したようにAIで算出したマンションの査定額は正確ではありません。しかし自動査定の結果と一括査定の結果を比較すれば、マンションの相場価格がわかります。自動査定の価格だけ見て売却を判断するのではなく、一括査定の結果も確認することが大切です。 

正確な査定額が知りたい場合は不動産会社に依頼する

自動査定の結果を見て売却する決心がついたら、すぐに売却活動を始めるのではなく不動産会社に査定を依頼しましょう。依頼する査定方法は、机上査定ではなく訪問査定です。不動産会社に訪問査定を依頼すれば、AI査定よりも正確なマンションの価値がわかります。

ただしこのとき、不動産会社を適当に選ぶのはNGです。査定の正確性を担保するためにも、利益重視ではなく顧客を大事にしてくれることがわかる、信頼できる不動産会社に査定を依頼しましょう。

まとめ

自動査定サイトを利用すれば、所有しているマンションの価値をすぐに調べることができます。AIは処理能力が高いので、蓄積した膨大なマンションの取引データから査定額を簡単に算出することが可能です。必要なのはマンションの情報だけなので、個人情報が流出する心配や営業電話がないこともメリットといえます。

しかし、自動査定は査定額が正確ではないため、本気でマンションの売却を考えている人には向いていません。今後マンションを売却する可能性のある人や、自分のマンションの価値だけ知りたい人におすすめです。今回紹介した自動査定サイトを利用して、自分のマンションの価値を把握しておきましょう。

他にもマンション売却については、こちらの記事がおすすめです。
マンション査定のおすすすめ12選!失敗しない選び方から売却のコツまで解説
【必見!マンション売却ガイド】費用や税金・流れまで徹底解説
【2023年最新】今後のマンション価格推移は?グラフで動向を予想

この記事の著者
駅探PICKS編集部
駅探PICKS編集部
駅からみつかる楽しい・便利な情報を編集部が厳選してお届け。普段何気なく利用している駅の近くにも、あなたにピッタリのサービスが見つかるかも?