クエン酸で排水溝を掃除する方法|メリットと注意点を詳しく解説

クエン酸で排水溝を掃除する方法|メリットと注意点を詳しく解説

キッチンの排水口のヌメリやつまり、臭いなどが気になってはいませんか?そんなときにおすすめなのは、クエン酸を使用した掃除です。

クエン酸は酸味のある食べ物などにも含まれる酸味成分の一種です。成分の刺激が少なく、肌や掃除をする物の素材を傷めずに掃除しやすい特徴があります。さらに入手しやすく安価な素材なため、扱い方さえわかれば便利な掃除アイテムとして活用できるでしょう。

本記事ではそんなクエン酸を使った排水口の掃除方法とメリット、さらに注意点について解説します。クエン酸をうまく活用して、排水口のヌメリや臭いを一挙に解決しましょう。


ハウスクリーニングを依頼するなら、「おそうじ革命」がおすすめ!

✔追加料金なしで料金が安い!
✔作業の質が高い清掃員
仕上がり保証付きで満足できない場合は無料対応

おそうじ革命を実際に利用した人の評判では「スタッフがまじめで丁寧」「値段が安い」との声がありました。
気になる人は公式サイトをチェックしてみましょう。

おそうじ革命の公式サイトを見る

排水溝にクエン酸を使うことで得られる効果

排水口は皮脂や髪の毛、その他の汚れなどでヌメリがうまれやすい箇所です。浴室やキッチンの排水口掃除で、ヌメリや臭いで嫌な思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか?自分の汚れとはいえ、不快さは拭えないでしょう。

しかしそんな排水口にクエン酸を使うことで、以下のような2大効果があります。

  • ヌメリが取れる
  • 臭いが取れる

クエン酸は排水口に集まる汚れに強い特性があるため、掃除に使うことで悩みをそのまま解決してくれるような効果があります。以下で得られる効果について詳しく見ていきましょう。

ヌメリが取れる

クエン酸を使うことで不快さの大部分である、ヌメリを取り除くことが可能です。そもそもこの排水口のヌメリは、石けんの残りカスや皮脂などが原因とされています。

クエン酸を使うことでヌメリの原因の汚れをやわらかくして浮かすことができるため、排水口に起きやすいヌメリを解消できるでしょう。

臭いが取れる

排水口のヌメリには嫌な臭いの原因も含まれています。クエン酸を使うことでヌメリが取れるため、気になる臭いも一緒に取り除くことが可能です。

そもそもクエン酸自体にも消臭・除菌の効果があるため、洗いあがりも臭いを抑え、きれいな状態に導いてくれる効果もあります。また、この特徴から排水口の掃除以外に、トイレの臭いの原因である尿石除去などにも有効です。

排水溝の掃除にクエン酸を使うメリット

クエン酸の優れた効果以外に、排水口の掃除にクエン酸を使うメリットはどのようなものがあるでしょうか?代表的なメリットは以下の5つが挙げられます。

  • 肌や髪についても安心
  • 臭いがないので赤ちゃんやペットがいても使える
  • 浄化槽への影響がない
  • 掃除にかける費用を削減できる
  • 環境への負担が少ない

クエン酸の性質として刺激が少ないため、人や物に影響を与えにくく扱いやすいという特徴がメリットでも挙げられます。それぞれのメリットを詳しく掘り下げてみましょう。

肌や髪についても安心

クエン酸は植物由来の酸味成分なため、もし肌や髪についても荒れたり傷めたりする心配がないというメリットが挙げられます。

そもそも掃除用洗剤などの合成洗剤は汚れを落とすことに特化しているため、肌や髪についてしまうと傷める可能性があるでしょう。

加えて排水口の洗剤だと、次亜塩素酸ナトリウムや水酸化ナトリウムといった塩素系の成分でできており、髪の毛を溶かすほどの効果があります。そのため、万が一素手で触れたり髪の毛についてしまうと危険です。

しかしクエン酸なら多少触れたり髪についても溶かしてしまうことはないため、安心して使うことができます。

ただしクエン酸スプレーやクエン酸の粉が肌や髪についたまま長時間放置してしまうと、酸味成分に反応することもあるため、掃除後は触った手はしっかりと洗い流しましょう。

臭いがないので赤ちゃんやペットがいても使える

クエン酸は掃除に使っても臭いがほぼないため、赤ちゃんやペットがいるご家庭でも安心して使用できるというメリットもあります。

そもそも従来の排水口用の洗剤は塩素系がほとんどで、これらは独特な塩素の臭いを放ちます。塩素系の洗剤を使って気分が悪くなったことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

刺激が強い洗剤であることに加えて臭いも強いとなると、赤ちゃんや小さいお子さん、ペットのご家族がいるケースなどは避けたい場合もあるはずです。

クエン酸なら臭いを気にせず、掃除ができます。

浄化槽への影響がない

クエン酸は水をきれいにする浄化槽へ悪影響がないこともメリットです。

浄化槽とは排水される汚水を微生物できれいにして自然に循環させるもので、人々のライフラインの1つを循環させる仕組みです。

この浄化槽を使用する際には微生物=バクテリアを使用しますが、塩素系の洗剤をはじめとする排水口用洗剤(パイプ洗浄剤含む)、キッチン用漂白剤、カビ取り剤、洗濯槽クリーナーなどは作用が強く、バクテリアを減らしてしまい浄化槽に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

洗剤をまったく使わないというのは難しいかもしれませんが、日常使いなどをクエン酸で代用することで悪影響を少しでも減らすことができるでしょう。

環境への負担も少ない

クエン酸は浄化槽の先の環境への負担も少ない点もメリットです。

合成洗剤などは浄化槽では分解しきれない部分があり、放流する段階で環境への負担も大きいとされています。とはいえ本来ならば洗剤などの有機物が残った水が自然界へ放流されても、自然界の水に含まれる微生物が長い時間をかけて水をきれいにしてくれます。

しかし人間が使う水の量とそれに含まれる有機物が多いため、自然界の分解が間に合わず環境問題となっているのです。

このような理由からもクエン酸を使用する人が1人でも増えれば、環境への負担を減らすことができます。

掃除にかける費用を削減できる

クエン酸は比較的安価に手に入るため、掃除にかかる費用を削減できるというメリットもあります。販売場所もドラックストアからスーパー、100円ショップまでさまざまな場所で取り扱われており、900~100円程度で少量からも手軽に入手することが可能です。

さらにクエン酸はクエン酸はさまざまな掃除に転用することができます。

クエン酸を活用できる掃除例

  • 鏡の水垢取り
  • 水回りの金属類の水垢取り
  • まな板や三角コーナーの消臭
  • 食洗器の洗浄
  • 布類の消臭
  • トイレの便器・床・壁の掃除
  • ペットトイレの掃除

このように多くの箇所の掃除に転用できれば、それぞれ専用の合成洗剤や消臭スプレーを買うより、家庭全体の掃除費用も削減できるでしょう。

また、市販されているクエン酸には掃除用として売っているもの、食品添加物として売っているものがあります。

料理にクエン酸を使う場合はジュース、漬物、ジャム作りなどに役立てることが可能です。もし食品などにも使い回しできそうなら、食品用を選んでおくとよいでしょう。

なお掃除用と食品用のクエン酸は成分などに違いはなく、どちらを掃除に使っても効能に違いはありません。

ただし逆に掃除用のクエン酸を料理に使うことは不可です。掃除用の場合は、人が口にすることを想定した製造法ではないため料理に転用はできないことは留意しておきましょう。


ハウスクリーニングを依頼するなら、「おそうじ革命」がおすすめ!

✔追加料金なしで料金が安い!
✔作業の質が高い清掃員
仕上がり保証付きで満足できない場合は無料対応

おそうじ革命を実際に利用した人の評判では「スタッフがまじめで丁寧」「値段が安い」との声がありました。
気になる人は公式サイトをチェックしてみましょう。

おそうじ革命の公式サイトを見る

排水溝の掃除にクエン酸を使うときのポイント

排水口の掃除にクエン酸を使用するときには、扱い方と使用方法にポイントがあります。ポイントは以下の3つです。

  • クエン酸と塩素系漂白剤を絶対に混ぜない
  • 重曹を併用する
  • クエン酸の放置時間を守る

クエン酸はナチュラルな素材とはいえ、扱い方を間違えるとトラブルが起きることもあります。そのため、ポイントを事前に知って適切に活用していきましょう。それぞれのポイントを以下で解説します。

クエン酸と塩素系漂白剤を絶対に混ぜない

クエン酸と塩素系の漂白剤・洗剤は絶対に混ぜてはいけないことを覚えておきましょう。クエン酸=酸性と塩素は混ぜると人体に有毒な塩素ガスが発生するためです。

塩素ガスが発生すると目、鼻、喉などに強い刺激と痛みを与え、大量に吸い込んでしまうと最悪の場合は、塩素ガス中毒に陥る恐れがあります。中毒レベルになると肺に損傷も与えるため、命の危険につながる可能性もあるでしょう。

例えば洗面所やお風呂などの狭い締め切った空間で混ぜてしまえば、かなりの危険がともないます。クエン酸と塩素系の漂白剤は洗剤は混ぜないように注意してください。

混ぜてはいけない具体例は?

排水口に使う洗剤として、よくある排水口向きの洗剤、パイプ洗浄剤などがありますが、これらは塩素系の洗剤であることが多いです。

例えばパイプフィニッシュやパイプハイターなどは塩素系のパイプ洗浄剤で、排水溝のヌメリ・臭いとともにパイプの詰まりを解消するために使う人も多いのではないでしょうか。

クエン酸を掃除に導入するときは、これらの塩素系パイプ洗浄剤とクエン酸を混ぜて使うことがないようにしてください。

また、クエン酸でいえば、レモン汁を使って掃除した箇所に塩素系ものを使っても塩素ガスが発生する恐れがあるため注意しましょう。

クエン酸と塩素系両方を使いたい場合

もしクエン酸を使った洗浄もして、塩素系の漂白剤・洗剤も使いたい場合は、それぞれを別々に使うようにしましょう。

さらに使用する際には先に使ったクエン酸または洗剤を水で入念に流してから、日をあけて使うとより安全です。特にパイプ洗浄剤はパイプ内にどれぐらい洗剤が残っているのか、目視できないため注意が必要になります。

なお万が一に備えて換気のうえで取り扱い、異常を感じたらすぐに離れるようにしてください。

重曹を併用する

一方でクエン酸は重曹と併用するのはおすすめです。重曹はアルカリ性なため、クエン酸の酸性と混ぜても問題ありません。

逆にクエン酸と重曹を混ぜることで、化学反応で炭酸の泡が発生するため、泡で汚れにアプローチできる可能性があります。そのため、掃除の1つの方法として試してみるのもよいでしょう。

ただし水垢に関しては、皮脂などによる酸性の水垢、石けんカスや水によるアルカリ性の水垢があります。この場合は前者の酸性の水垢にはアルカリ性の重曹、後者のアルカリ性の水垢にはクエン酸といったように逆の作用を持つものを使用しましょう。逆の作用のものを洗浄剤として使うことで、汚れを中和して浮かせることができ、それぞれの汚れを落とすことができます。汚れの種類によって使い分けることが重要です。

アルカリ性洗剤と混ぜるのはおすすめできない

アルカリ性と混ぜるのが可能なら、アルカリ系の市販洗剤にクエン酸を混ぜることで洗浄作用が高くなると考えるかもしれません。しかしこの方法はおすすめできません。

なぜなら、そもそもアルカリ性洗剤とクエン酸=酸性を混ぜることは、洗浄剤を中性にしてしまうためです。

中性になってしまうと、それぞれの強みを打ち消し合ってしまいます。クエン酸はアルカリ性の洗剤の洗浄作用を弱めてしまう可能性があるのです。

そのため、重曹とクエン酸で作った炭酸の泡で、意図的に排水溝の汚れにアプローチしたいという場合はよいですが、市販のアルカリ性洗剤にクエン酸を混ぜても洗浄作用が高くなるわけではないと認識してください。

あくまでも汚れに対して使い分けることが重要です。

クエン酸の放置時間を守る

植物由来で安全性が高いクエン酸ですが、使用の際は必ず放置時間を守るようにしましょう。作用が優しいとはいえ、長時間放置すると酸性の成分が排水口の素材を傷めてしまう恐れがあります。

また、クエン酸濃度が高い場合は、素材を傷める可能性も上がってしまうため、放置時間は守って取り扱うことが大切です。しっかりと掃除をしたいと思うかもしれませんが、無理に長時間やるよりこまめに回数を重ねるほうが清潔に保つことができます。

次の見出しで具体的な掃除方法をご紹介するので、ぜひ時間の目安を覚えておきましょう。

クエン酸と重曹を使った排水溝の掃除の仕方

最後にクエン酸や重曹を使用した排水口の掃除の仕方をご紹介します。まず用意するのは以下のものです。

  • クエン酸・・・大さじ2
  • 重曹・・・100ミリリットル(半カップ)
  • お湯(60度程度)・・・200ミリリットル(1カップ)

続いて詳しい手順を解説するので、汚れにあわせて使いわけてください。

①排水口に重曹を振りかける

まずキッチンの排水口の受け皿・蓋などは取り外し、別途中性洗剤などで洗っておきましょう。

次に排水口に重曹100ミリリットルを全体的に振りかけます。もし受け皿の汚れも気になる場合は排水口と同じく重曹かけましょう。

重曹をかけたあとは、5分ほど放置します。

②クエン酸水をかける

次にお湯200ミリリットルにクエン酸大さじ2を混ぜて、クエン酸水を作ります。

そして、5分経過した排水口に作ったクエン酸水をかけましょう。重曹と反応して泡立ってくれば成功です。2分~最大10分汚れにあわせて放置してください。

放置後、お湯でしっかりと洗い流して終了です。排水口が傷む恐れがあるので、放置時間は必ず守るように気をつけてください。

また、掃除の頻度としては、週に1回ほどがおすすめです。

まとめ

また、さまざまな掃除に活用できたり、環境への負担も軽かったりとクエン酸は多くのメリットを有しています。

しかし、クエン酸自体が万能の粉というわけではないため、酸性の汚れはクエン酸、アルカリ性の汚れは重曹といったように、性質を理解して使い分けるようにしてください。炭酸の泡で汚れにアプローチしたい場合は、ご紹介した排水口掃除のように併用するのもよいでしょう。

排水口の嫌な汚れや臭いを解消して、快適なキッチンを取り戻しましょう。


ハウスクリーニングを依頼するなら、「おそうじ革命」がおすすめ!

✔追加料金なしで料金が安い!
✔作業の質が高い清掃員
仕上がり保証付きで満足できない場合は無料対応

おそうじ革命を実際に利用した人の評判では「スタッフがまじめで丁寧」「値段が安い」との声がありました。
気になる人は公式サイトをチェックしてみましょう。

おそうじ革命の公式サイトを見る

他にも、おすすめのハウスクリーニング業者について知りたいという方には、こちらの記事が人気です。

ハウスクリーニング業者おすすめ19選丨選び方や口コミ・評判を紹介

ハウスクリーニングの料金相場について、詳しく知りたいという人にはこちらの記事がオススメです。

ハウスクリーニングの相場は?間取りや物件別に料金の目安を解説

この記事の著者
駅探PICKS編集部
駅探PICKS編集部
駅からみつかる楽しい・便利な情報を編集部が厳選してお届け。普段何気なく利用している駅の近くにも、あなたにピッタリのサービスが見つかるかも?