換気扇のつけおき掃除完全解説|おすすめ洗剤や汚れを防ぐ方法も紹介

換気扇のつけおき掃除完全解説|おすすめ洗剤や汚れを防ぐ方法も紹介

いつの間にかこびりついた換気扇汚れが気になってきてはいませんか。換気扇は空気中のほこりやカビ、油汚れなどを吸い込んで空気を循環させるため、思った以上に汚れが蓄積しやすい箇所です。特にキッチンの換気扇は料理によって空気中に含まれる油を吸い込むため、あっという間に汚れてしまいます。

そんなときにおすすめなのが換気扇のつけおき掃除です。本記事では換気扇のつけおき掃除について、おすすめの洗剤や洗い方を完全解説します。また、日々の換気扇汚れを防ぐ方法も紹介するのであわせてご覧ください。

効果的なつけおき洗いを学んで、換気扇をきれいにしていきましょう。


ハウスクリーニングを依頼するなら、「おそうじ革命」がおすすめ!

✔追加料金なしで料金が安い!
✔作業の質が高い清掃員
仕上がり保証付きで満足できない場合は無料対応

おそうじ革命を実際に利用した人の評判では「スタッフがまじめで丁寧」「値段が安い」との声がありました。
気になる人は公式サイトをチェックしてみましょう。

おそうじ革命の公式サイトを見る

換気扇のつけおき掃除の方法

さっそく換気扇のつけおき掃除の方法について見ていきましょう。主な作業は以下の手順で行います。

  1. 必要なものを準備
  2. 換気扇の電源を切る・ブレーカーを落とす
  3. 換気扇フィルター・ファンを外す
  4. 換気扇フィルター・ファンをつけおきする
  5. 外せない部分は拭き取り掃除
  6. つけおきしたフィルター・ファンをこすり洗い
  7. すすいだあと乾燥させもとに戻して完了

続いて各手順を詳しく解説します。

必要なものを準備

まずは換気扇のつけおき掃除をおこなう前に以下のものを用意してください。

  • 洗剤:アルカリ性洗剤もしくは薄めた中性洗剤
  • ゴム手袋:手指の汚れ・ケガ防止に使用
  • 新聞紙:壁などの養生用
  • タオル:ガラストップなどの養生用
  • ブラシ・スポンジ:歯ブラシや食器洗い用のスポンジなど
  • ゴミ袋:換気扇をつけおきするときに使用

注意したいのは、洗剤は換気扇に使えるものを選ぶ必要がある点です。換気扇によってはアルカリ性洗剤を使用できないケースもあります。そのため、事前に換気扇の取扱説明書などを読み、対応している洗剤の種類を判明させましょう。

換気扇に使用する洗剤は後述の「換気扇の掃除におすすめの洗剤」の見出しで詳しく紹介しているので、あわせてご覧ください。

換気扇の電源を切る・ブレーカーを落とす

道具を用意できたら、掃除を始める前に換気扇の電源を切る、もしくはブレーカーを落としましょう。掃除中に換気扇の電源がついてしまうと、感電やケガにつながってしまうため忘れずにおこなってください。

ブレーカーを落とせない場合は換気扇の電源だけを切り、掃除中に作動してしまわないよう気をつけて掃除を進めていきましょう。

換気扇フィルター・ファンを外す

次に掃除をする途中で周りに油汚れがついてしまう可能性があるため、換気扇の周りを新聞紙で養生しましょう。余計な汚れがついてしまわないよう、壁や動かせないレンジなどが近い場合は養生しておくと安心です。

なお、コンロの上やコンロ周りに鍋などを置いている場合は一度片付けておきましょう。

また、コンロの天板がガラストップ(強化ガラスでできているもの)の場合は、換気扇の掃除中に部品などを落として割ってしまうリスクがあるため、コンロにタオルを敷いておくことも大切です。

養生が終わったら、続いて換気扇フィルターやファンを外していきます。

もし整流板がついている換気扇の場合は、板を開けるとフィルター面が出てきます。フィルターを外し、広げた新聞紙、もしくはつけおき洗いをするバケツなどに置いておきましょう。

なお、容器でつけおき洗いをする場合は、部品と水を入れると重くなるため、のちほど排水しやすい配置で始めるのがおすすめです。

次にリング状の鉄板部品があるので、反時計回りに回して外してください。多くは手で回せるような大型なねじで止められていますが、回しにくい場合はドライバーやペンチなどを使ってねじを壊さないようにしながら外しましょう。

最後にシロッコファンと呼ばれる羽部分が見えてくるはずです。外す際にファンが落下してこないよう押さえながら、慎重にファン中央のねじを回して外していきましょう。

換気扇で外せる部品は以上です。なお、これまでで外した部品・ねじはなくさないように十分に気をつけて管理してください。

換気扇フィルター・ファンをつけおきする

いよいよ換気扇のつけおき洗いをおこないます。ビニール袋を広げたバケツなどの容器、またはシンクに換気扇フィルターやファンなどの部品を入れ、40~60度のお湯を全体が浸かる程度溜めます。いずれかの洗剤を投入し、しばらくつけおきしましょう。

つけおき時間は洗剤に記載されてる時間を基準としてください。一般的には1~2時間程度が目安です。

外せない部分は拭き取り掃除

つけおきをしている間に、換気扇の外せない部分の拭き取り掃除をおこないましょう。

スプレータイプの洗剤などを使って、換気扇の外側からレンジフード、細かい部品など順番に拭き取り掃除をします。スポンジもしくはキッチンペーパーなどを使うのがおすすめです。

特にキッチンペーパーは、しつこい汚れがある箇所に洗剤を染み込ませてペーパーを貼り付けて置いておくなど工夫して使うことができます。

また、拭き取り掃除中は洗剤を含んだ油汚れが上から落ちてくる可能性もあるので、目や口に入らないよう注意してください。

つけおきしたフィルター・ファンをこすり洗い

つけおき時間が終わったら、フィルターやファンなどの部品をこすり洗いして、浮いた油汚れを落としていきましょう。ゴム手袋を着けて、歯ブラシやスポンジで部品を優しくこすり洗いすると汚れが落ちやすいです。

特に細かい溝があるファンなどは歯ブラシを活用して、隅々まできれいにしましょう。

すすいだあと乾燥させもとに戻して完了

換気扇の汚れが取れたら最後にしっかりとすすぎ、キッチンペーパーや雑巾などで軽く拭き上げて新聞紙の上などで乾燥させましょう。特に金属部品やねじなどは濡れたままだと錆びの原因となるため、水分はしっかりと取り除いてください。

きちんと乾燥していることが確認できたら、解体した逆順に取り付けて換気扇掃除は終わりです。なお、故障の原因となるため、ねじのつけ忘れには気をつけてください。

換気扇の掃除におすすめの洗剤

換気扇の汚れは強力のため、汚れ具合や換気扇にあわせて適切な洗剤を選ぶことが大切です。ここからは換気扇の掃除におすすめの洗剤をご紹介します。

換気扇のフィルターやファンなどのつけおき用と、レンジフードや換気扇の外側などの外せない部位に使う拭き取り掃除用の2つに分けて紹介するので参考にしてください。

換気扇のつけおきにおすすめの洗剤

換気扇のような油を含んだ汚れをつけおき洗いする場合、いずれかの洗剤が効果的でおすすめです。

  • 重曹
  • 市販のアルカリ性洗剤
  • 酸素系漂白剤

「重曹」と「市販のアルカリ性洗剤」はいわゆるアルカリ性洗剤で、通常では取れないような油汚れに強いとされるアイテムです。ただし前述したように換気扇によってはアルカリ性洗剤に非対応であることがあるため注意が必要です。

もし換気扇が非対応である場合、もしくは肌が弱い人は中性洗剤を使うとよいでしょう。中性洗剤なら純水に近いpH値なため、肌や素材を傷めにくい性質があります。

本記事では酸性である油汚れを中和して落とすアルカリ性洗剤を基本として、その特徴と扱い方を解説します。

重曹

重曹は掃除以外にも料理にも使用される万能の素材で、正確には炭酸水素ナトリウムという成分です。水などで薄めて洗剤として代用することで、油汚れを中和することができます。

そのうえ、もともとが食品添加物(注1)にも使われる素材なため、触れても刺激が少なく肌が弱い人や子どもがいるご家庭でも安心して使いやすいというメリットもあります。

購入も薬局やスーパーなどで簡単かつ安価に買うことができるため、手軽なアイテムとしておすすめです。

また、重曹は掃除に使えるアルカリ性洗剤のなかでは、アルカリ性が最も低いです。とはいえある程度の油汚れには効果があるため、まずは重曹で始めてつけおき洗いをしてみるとよいでしょう。

もし重曹を使って汚れが残っていると感じた場合は、後述の市販のアルカリ性洗剤や酸素系漂白剤などアルカリ度が高いものを次の掃除のときに使ってみてください。

注1)重曹には掃除用と食品用(食品添加物)があります。掃除用として使うぶんには効能に違いはありませんが、食品に使えるのは製造過程の衛生管理の問題から食品用の重曹のみなため注意してください。

重曹でつけおき洗いする場合
換気扇のフィルターやファンが浸かる量のお湯(40~60度)に重曹1カップを入れて溶かす

市販のアルカリ性洗剤

市販のアルカリ性洗剤はより汚れを落とすことに特化しているため、油汚れを中和して溶かしやすく換気扇掃除に向いています。例えば有名なアルカリ性洗剤では、マジックリンなどが挙げられるでしょう。油汚れの除去と除菌効果で換気扇をきれいにすることができます。

また、この際、市販のアルカリ性洗剤は液体と粉のタイプがありますが、つけおき洗いをするなら粉末タイプが効果的でおすすめです。

なお、市販のアルカリ性洗剤は家庭用と業務用があり、前者が弱アルカリ性、後者が強アルカリ性となっています。家庭用=弱アルカリ性のものはつけおき洗いなどに、業務用=強アルカリ性のものはしつこい油汚れ用として部分的に使うのがおすすめです。

なぜなら強アルカリ性はしつこい油汚れには効果的ですが、効果が強いために金属を腐食させたり塗装を変色させてしまう恐れがあるためです。もし強アルカリ性を使いたい場合は、取り扱いや用量を守って部分的に使い分けていきましょう。

市販のアルカリ性洗剤でつけおき洗いする場合
40~60度のお湯に換気扇のフィルターやファンを浸け、洗剤の容器に記載されている用量を確認して、指示通りの分量をお湯に投入してよくかき混ぜる

酸素系漂白剤

より高いアルカリ性でアプローチしたい場合は酸素系漂白剤がおすすめです。酸素系漂白剤は上記の洗剤と同じくアルカリ性で、かつステンレスなど換気扇のような素材でも幅広く使用できる素材です。

温度が高いお湯に反応することで、漂白剤に含まれる活性酸素が油や色素を分解する効果があります。さらに漂白剤系のなかで比較すると臭いも比較的きつくないため、タイミングを悩まずに使うことができるというメリットもポイントです。

なお、この場合も液体と粉末タイプがあるため、つけおき洗いする場合には粉末タイプをおすすめします。

また、酸素系漂白剤に似たものでいわゆる「プールの臭い」の形容される塩素系漂白剤がありますが、こちらは金属などに使うと強すぎて錆びの原因となります。そのため、換気扇などキッチンの金属類の掃除には向いていません。間違えて使用しないよう注意しましょう。

酵素系漂白剤でつけおき洗いする場合
40~60度のお湯に換気扇のフィルターやファンを浸け、洗剤の容器に記載されている用量を確認して、指示通りの分量をお湯に投入してよくかき混ぜる

換気扇の外側の拭き取りにおすすめ洗剤

次に換気扇の外側や取り外せない箇所の拭き取り掃除におすすめな洗剤を紹介します。この場合は水などで流すことができないうえ、形に沿って散布しやすいものが効果的なため、スプレータイプの洗剤がおすすめです。

ここでも以下でおすすめの洗剤を詳しく解説します。

アルカリ性洗剤

油汚れはアルカリ性が汚れを浮かせやすいため、拭き取り掃除にもアルカリ性洗剤がおすすめです。スプレータイプのアルカリ性洗剤なら、気になる箇所に直接吹き付けて汚れを落とすことができます。除菌・消臭効果があるものも多いため、お手入れすることで汚れ防止にもなります。

掃除箇所掃除方法
換気扇表面の掃除方法表面に吹き付けてキッチンペーパーやスポンジで磨いて汚れを落としたあと、水で何度か拭き上げて洗剤を取り除く。
汚れ強い場所の掃除方法泡タイプを気になる箇所に吹き付けて少し置いておく。液だれが気になる場合はキッチンペーパーに含ませて貼り付けて置く。最後に洗剤が気にならなくなるまで拭き上げる。

中性洗剤

アルカリ性洗剤が使えない換気扇、または肌が弱い人には中性洗剤をおすすめします。アルカリ性洗剤ほどの洗浄力はありませんが、肌や素材を傷めずに軽度の汚れを落とすことができます。

例えば代表的なものではウタマロクリーナーや食器用洗剤の泡タイプなどがおすすめです。

掃除箇所掃除方法
換気扇表面の掃除方法表面に吹き付けてキッチンペーパーやスポンジで磨いて汚れを落としたあと、洗剤と汚れがなくなるまで水で何度か拭き上げる。
汚れ強い場所の掃除方法泡タイプを気になる箇所に吹き付けて少し置いておく。液だれが気になる場合はキッチンペーパーに含ませて貼り付けて置く。最後に洗剤が気にならなくなるまで拭き上げる。

換気扇のつけおき掃除の注意点

次に換気扇のつけおき掃除での注意点を紹介します。換気扇や汚れに対しては使う洗剤の性質を理解することが重要です。以下で詳しい注意点を予習していきましょう。

換気扇の素材によっては使えない洗剤がある

すでにお伝えしたように換気扇に使われている素材によっては使えない洗剤があり、無理に使用すると換気扇を傷めてしまう可能性があります。

特にアルカリ性洗剤(重曹・アルカリ性洗剤・酸素系漂白剤)などは、換気扇によっては錆びや変色の原因となってしまうので、汚れを落としたいからといって確認せず使用するのは禁物です。

一度傷んでしまえば取り返しがつかないため、必ず事前に換気扇の取り扱い説明書を読んで確認するようにしましょう。

効き目の強い洗剤は刺激が強め

前提として換気扇のような強い汚れにアプローチしたい場合、重曹以外の市販洗剤は刺激が強い洗剤であることが多いです。頑固な汚れを落としやすい分、どうしても刺激は強めになります。

そのため、強い洗剤の取り扱いには手袋を使用し、必要に応じてゴーグルなどで目も保護してください。また、換気などが必要な場合もあるため、洗剤の取り扱い方法をきちんと理解したうえで掃除をおこないましょう。

換気扇のしつこい汚れを防ぐ方法

最後につけおき掃除後に、換気扇のしつこい汚れを日々防ぐ方法をご紹介します。主なポイントは以下の通りです。

  • 定期的に掃除をする
  • フィルターカバーを装着する
  • 換気扇フードをリンスや柔軟剤で拭く
  • ひどい汚れはプロに依頼

以下で詳しい方法を解説します。

定期的に掃除する

しつこい汚れは繰り返し汚れが蓄積することによって生まれます。そのため、定期的に掃除をすることが一番の予防対策になります。掃除の目安は部位ごとに以下の周期がおすすめです。

  • 換気扇カバー:週に1回
  • フィルター:1ヵ月~3ヵ月に1回
  • ファン:半年に1回

換気扇は面倒な掃除ですが、定期的に手入れしておけば1回1回の負担が軽くなります。とはいえ忙しいなかだと換気扇は忘れがちかもしれません。

そんな場合はカレンダーに書き込んだりスケジュールで組んで、大掃除のタイミングや長期休みなどに調整し、掃除するタイミングを決めておくとよいでしょう。

フィルターカバーを装着する

市販のフィルターカバーを換気扇に取り付けることもおすすめの方法です。フィルターカバーは換気扇フィルターの表面につけることで、換気扇内部に付着する汚れを軽減してくれる便利なアイテムです。

さらに汚れが気になってきたときはフィルターカバーを使い捨てにできるため、手軽に日々の手入れを効率的にしてくれます。付着する汚れが減るため、定期的な換気扇フィルターやファンの掃除も楽になるでしょう。

フィルターカバーの注意点

換気扇のフィルターカバーは、吸込み口を多少なりとも塞ぐことになるため、換気機能を損なう場合もあります。そのため、使用の際は換気効果の変化やそれにともなう電気料の変化などがないか、気をつけておきましょう。

換気扇フードをリンスや柔軟剤で拭く

洗浄したあとの換気扇フードをヘアケア用のリンスや衣類用柔軟剤を染み込ませたタオルなどで拭き上げるのもおすすめです。リンスや柔軟剤を塗ると、表面に油汚れを防止する膜が作られ、汚れが蓄積しにくくなる効果があります。

特にリンスは静電気を抑える効果もあるため、埃なども付きにくくなるでしょう。

また、散布する量は原液をタオルにつけてそのままでもよいですが、3~5倍に薄めて使用しても問題ありません。

ひどい汚れはプロに依頼

もし自分で掃除をしても換気扇のひどい汚れが気になる場合はプロに依頼しましょう。換気扇の掃除はハウスクリーニングサービスを利用することで掃除をしてもらえます。家庭では取り扱えない用具や洗剤などを使ってプロがしっかりと掃除をしてくれるため、よりきれいな仕上がりが叶うはずです。

汚れや臭いが気になる、自分で換気扇の掃除ができないという人は検討してみてください。


ハウスクリーニングを依頼するなら、「おそうじ革命」がおすすめ!

✔追加料金なしで料金が安い!
✔作業の質が高い清掃員
仕上がり保証付きで満足できない場合は無料対応

おそうじ革命を実際に利用した人の評判では「スタッフがまじめで丁寧」「値段が安い」との声がありました。
気になる人は公式サイトをチェックしてみましょう。

おそうじ革命の公式サイトを見る

まとめ

キッチンの換気扇は扱うものの性質上、どうしてもしつこい汚れがついてしまいます。そのため定期的につけおき掃除などをおこなって、落ちない汚れになってしまう前に掃除するのがおすすめです。

また、つけおき掃除をする場合は、ご自宅の換気扇に使える洗剤とその洗剤の特性・取り扱い方法をしっかりと理解し、肌や換気扇を傷めないよう気をつけて洗浄してください。換気扇をきれいに保ち、気持ちのよいキッチンで料理をしましょう。


ハウスクリーニングを依頼するなら、「おそうじ革命」がおすすめ!

✔追加料金なしで料金が安い!
✔作業の質が高い清掃員
仕上がり保証付きで満足できない場合は無料対応

おそうじ革命を実際に利用した人の評判では「スタッフがまじめで丁寧」「値段が安い」との声がありました。
気になる人は公式サイトをチェックしてみましょう。

おそうじ革命の公式サイトを見る

他にも、おすすめのハウスクリーニング業者について知りたいという方には、こちらの記事が人気です。

ハウスクリーニング業者おすすめ19選丨選び方や口コミ・評判を紹介

ハウスクリーニングの料金相場について、詳しく知りたいという人にはこちらの記事がオススメです。

ハウスクリーニングの相場は?間取りや物件別に料金の目安を解説

この記事の著者
駅探PICKS編集部
駅探PICKS編集部
駅からみつかる楽しい・便利な情報を編集部が厳選してお届け。普段何気なく利用している駅の近くにも、あなたにピッタリのサービスが見つかるかも?