風呂掃除のやり方を徹底紹介|洗剤選びや掃除を簡単にするコツも解説

風呂掃除のやり方を徹底紹介|洗剤選びや掃除を簡単にするコツも解説

はじめての一人暮らし、これまで家族がやってくれていた家事はすべて自分でやらなければなりません。風呂の掃除も、普段からやっていなければ、用意するべき道具や踏むべき手順をどうすればよいのかわかりにくいことでしょう。

毎日使用する風呂場は、あっという間に汚れも気になってきてしまいます。しかし風呂掃除はどこから手を付ければよいのでしょうか?

この記事では、風呂掃除の基本的なやり方について紹介していきます。汚れの種類ごとに変わる掃除方法や注意点などもあわせて解説していきますので、風呂場の汚れをどうにかしたい方はぜひご覧ください。

ハウスクリーニングを依頼するなら、「おそうじ革命」がおすすめ!

✔追加料金なしで料金が安い
✔作業の質が高い清掃員
仕上がり保証付きで満足できない場合は無料対応

おそうじ革命を実際に利用した人の評判では「まじめで丁寧」「安い」との声がありました。
気になる人は公式サイトをチェックしてみましょう。

おそうじ革命の公式サイトを見る

風呂掃除の基本的なやり方

まずは風呂掃除の基本的なやり方を解説していきます。必要なものや掃除のやり方を、以下の順で見ていきましょう。

  • 風呂掃除に必要なものを準備する
  • 浴槽・壁・ドア・鏡はスポンジと洗剤でこする
  • 床はブラシと洗剤でこする
  • 排水溝はゴミを取り洗剤とブラシでこする
  • 天井は洗剤とペーパーモップで拭く
  • 換気扇は部品にたまったホコリを取る

それぞれのパートを詳しく解説していきます。

風呂掃除に必要なものを準備する

道具が無ければ風呂掃除は始まりません。まずは掃除をおこなううえで必要な以下の道具を準備しましょう。

  • スポンジ
  • ブラシ
  • 浴室用洗剤(中性洗剤)
  • カビ取り剤(塩素系漂白剤)
  • 消毒用アルコール
  • ペーパーモップ
  • ビニール手袋

スポンジやブラシはもちろんのこと、洗剤やカビ取り剤といった道具も必要です。風呂掃除はとても汚れる作業のため、ビニール手袋も欠かせません。これらの品々はスーパーやドラッグストア、通販などでそろえることができます。欠けているものがあれば、掃除をおこなう前に補充しておきましょう。

浴槽・壁・ドア・鏡はスポンジと洗剤でこする

まずは、浴槽や壁、ドア、鏡といった垂直部分が大きいものから掃除しましょう。スポンジと洗剤を用意し、以下の手順でおこなうことをおすすめします。

  1. お湯で濡らす
  2. スポンジと洗剤でこする
  3. 細かい部分をブラシでこする
  4. シャワーですすぐ

垂直部分の大きいものの汚れは、腰より下にある箇所が汚れやすい傾向にあります。頻繁に浴槽にお湯を張っている方は、お湯の水位線(浴槽に満たされたお湯の最上面のライン)の汚れにも注意しましょう。こういった部位は目につきにくく、掃除の際も手が届きにくいことが相まって、しつこい汚れもつきがちです。

全体にお湯をかけて、汚れを熱でふやかすと、軽い力と洗剤で落としやすくなります。入浴の直後の掃除もおすすめです。日常的に掃除をおこなっていれば頑固な汚れもつきにくくなるため、浴槽は可能な限り毎日、それ以外は最低1週間に1回掃除するように習慣づけましょう。

床はブラシと洗剤でこする

次に、床の汚れをブラシと洗剤で落とします。ブラシは古歯ブラシのような小さいものでなく、広い面積をこすることのできる本格的なブラシを用意しましょう。小さな汚れに関しては古い歯ブラシ、全体の汚れは通常の大きなブラシというふうに、道具を使い分けることが大切です。掃除は以下の手順ででおこないます。

  1. 床を濡らす
  2. 洗剤を一面にかける
  3. ブラシでこする

しつこい汚れが付いている場合には、ブラシでこする前に、さらに重曹を床一面に振りまくとよいでしょう。50から100gほどの重曹を撒き、洗剤と一緒にブラシでこすれば、重曹の研磨作用で床の汚れを剥がすように落とすことができます。

洗剤を吹きかけた場所にキッチンペーパーやクリーナーペーパーなどをお肌のパックのように被せると、洗剤が馴染みやすくなり、より簡単に汚れを落とせるようになります。頑固な汚れが床についている場合には、重曹とペーパーの併用も考えてみましょう。

また、重曹はアルカリ性の物質のため、酸性洗剤と混ざり合うとお互いの効果を打ち消し合ってしまうため注意してください。例えば水垢を落とす効果のあるクエン酸スプレーを使用している場合には、重曹との同時使用は避けましょう。

排水溝はゴミを取り洗剤とブラシでこする

排水口の掃除には中性洗剤、ビニール袋、ブラシを用意しましょう。排水口は不潔になることをどうしても避けられない箇所のため、ビニール手袋などを用意して手を清潔に保つことも大切です。排水口の掃除は以下のとおりにおこないましょう。

  1. フタやヘアキャッチャーを取り外す
  2. 髪の毛などのゴミを取り除く
  3. 中性洗剤とブラシで排水口の内部、フタ、ヘアキャッチャーをこする

排水溝のゴミを取ってから洗剤を使ってブラシでこすりましょう。臭いの発生を防ぐポイントは、こまめにゴミを取り除いて、流れをよくすることです。取り除いたゴミはビニール袋で処分します。排水口には髪の毛が溜まりやすく、汚れと臭いの主な原因となっています。髪の毛そのものの汚れと臭い、物理的に流れが妨げられることによる汚れと臭いの2種類を、こまめな掃除で対策しましょう。

排水溝は週に1回カビ取り剤で除菌

1週間に1回は、排水口にカビ取り剤(塩素系漂白剤)を吹きかけて除菌しましょう。ビニール手袋とカビ取り剤を用意し、以下の手順で除菌をおこないます。

  1. フタやヘアキャッチャーを取り外す
  2. ビニール手袋を装着し、カビ取り剤を各部にふりかけ10分~20分ほど放置
  3. シャワーで充分にすすぐ

カビ取り剤が浸透すると除菌がおこなわれ、臭いの元も強力に排除されます。カビ取り剤を吹きかける際には、換気に注意してください。また、カビ取り剤は塩素系の漂白剤であるため、酸性の洗剤と混ざり合わないように注意してください。有毒な塩素ガスが発生すると、最悪の場合は命を落とすことにつながります。

天井は洗剤とペーパーモップで拭く

天井の掃除には洗剤、ペーパーモップ、消毒用アルコールを用意しましょう。手順は以下のとおりです。

  1. 洗剤をペーパーモップに吹きかける
  2. 天井を拭く
  3. 天井をシャワーで流す
  4. 乾いたペーパーモップで水分を拭き取る
  5. 天井をアルコール消毒する

使用するペーパーモップは床掃除用のもので問題ありません。乾燥したシートをペーパーモップにセットし、洗剤を吹きかけてから天井全体を拭きましょう。ペーパーモップを天井にぴたりと張り付けて、こするように動かすと汚れが落ちやすくなります。

一面を拭き終えたらシャワーで洗剤を流し、乾燥したシートをペーパーモップにセットしなおして水分を拭き取ります。掃除をしている自分が濡れないように、入口の奥から手前に向かっておこないましょう。

消毒用アルコールを天井に吹きかけておくとカビの予防になるため、掃除の仕上げには忘れずにアルコール消毒をおこないましょう。

換気扇は部品にたまったホコリを取る

換気扇には通電する部品があるため、掃除に当たっては他の箇所とは違った注意が必要です。乾燥したブラシや、必要に応じて掃除機を用意しましょう。ファンを洗う際には中性洗剤が必要です。換気扇を多量の水分にさらすと故障の原因になるため、通電部分する部分の水洗いはできません。掃除は以下の手順でおこないます。

  1. 電源を切る
  2. 部品を外す
  3. フィルターなどの部品のホコリを取り除く
  4. 中性洗剤でファンを洗う
  5. 部品を乾燥させ、元の場所に取り付ける

部品をすべて外したり、ファンを洗ったりすることは手間であるため、大掃除の際におこなうことをおすすめします。その際は、上記の手順に加えて洗剤や重曹で外せる部品をつけ置きすると除菌や汚れの防止にもつながります。もちろん、通電する部品は取り外さず、つけ置きにしないでください。取り付けるときも乾燥は必須です。

外した部品をなくしたり、元の取り付け位置を見失ったりしないようにするために、整理してから掃除をおこないましょう。

風呂掃除の場所別おすすめ頻度

風呂掃除は場所によって掃除の難易度が異なるため、毎日全箇所を掃除するわけにはいきません。以下の表を参考に、掃除のスケジュール組みを考えてみましょう。

掃除をする頻度掃除をする場所

毎日

  • 浴槽
  • 排水口
1、2週間に1回
  • ドア
1、2ヵ月に1回
  • 天井
1年に1回
  • 換気扇

この表で挙げたものは一例です。たとえば、普段はシャワーをメインに使用しており、毎日浴槽でお湯に浸かってはいない人は、浴槽の掃除の頻度を落としてもよいでしょう。

自分の生活スタイルを基準に清掃頻度を変えることをおすすめしますが、「あまり使わないから」と放置しては結局汚れてしまうため、習慣として掃除をおこなうこと自体は忘れないようにしましょう。

風呂の気になる汚れには洗剤の使い分けが必要

ひとくちに汚れといっても、水垢やカビなど性質の違う汚れがたくさんあるものです。すべての汚れを一律の同じ洗剤で落とすことは難しいため、必要に応じて使い分けをおこなうことはとても大切です。

この項目では、風呂用洗剤の使い分けを解説していきます。汚れにとって重要な要素はアルカリ性、酸性などの液性です。液性に応じた洗剤が必要になるため、自分の風呂場の汚れそれぞれに対応できる洗剤を用意して掃除をおこないましょう。

風呂用洗剤は液性を確認

先述のとおり、風呂用洗剤には中性・酸性・アルカリ性といった液性が存在しています。アルカリ性の汚れには酸性洗剤、酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使用するというふうに、汚れの種類によって使い分けると効果的な掃除ができることを覚えておきましょう。

それぞれの液性の特徴は以下のとおりです。     

  • 中性洗剤:軽い汚れに使用。洗浄力は弱いが日常的な掃除に適している。
  • 酸性洗剤:水垢や石けんカスに効果あり。クエン酸も酸性。塩素系洗剤と混ぜてはいけない。
  • アルカリ性洗剤:カビや皮脂汚れに効果あり。重曹もアルカリ性。

カビ取り剤などの塩素系洗剤はアルカリ性に分類されています。カビ取り洗剤に多くありますが、塩素系洗剤は酸性洗剤と混ざることがないように注意しましょう塩素系洗剤と酸性洗剤が混ざると有毒ガスが発生してしまい、健康や命に危害が加えられます。

大半の酸性洗剤・塩素系洗剤には「混ぜるな危険」と表示があるため、その指示に従うことが大切です。

風呂汚れの種類別掃除のやり方

洗剤の液性を頭に入れたうえで、風呂場に洗われるそれぞれの汚れがどのような性質を持ち、どのような洗剤で除去できるのかを見ていきましょう。代表的な風呂場の汚れと対応する洗剤は以下のとおりです。

  • 水垢:酸性洗剤
  • カビ:カビ取り剤(塩素系漂白剤)
  • ピンク色の汚れ:中性洗剤とアルコール
  • 石けんカス:酸性洗剤
  • 垢や皮脂汚れ:中性洗剤やアルカリ性洗剤

それぞれの細かい掃除の仕方もあわせて見ていきましょう。

水垢:酸性洗剤

水垢はアルカリ性の汚れのため、酸性洗剤が有効です。市販の酸性洗剤や、クエン酸粉末を溶かしたクエン酸水のスプレーなどで落とすことができます。

鏡や蛇口などに、水分が多くある箇所に付着している水垢は、しつこいウロコ状の汚れを形成してしまうことも多いものです。そういった頑固な水垢は、酸性洗剤を吹きかけたあとにキッチンペーパーやラップで覆って20分ほど放置しておくと、スポンジでこすり落としやすくなります。

カビ:カビ取り剤(塩素系漂白剤)

カビの汚れには、文字どおりカビ取り剤が有効です。カビは湿度が高く、スポンジやブラシが届きにくい場所に頻繁に発生してしまいます。浴室は水分・湿度だけでなく、石けんカスなどが栄養分となってしまうため、特にカビが発生しやすいのです。

掃除の際にはパッキン部分や扉の隅など目の届きにくい場所に注意しましょう。カビ取り剤のスプレーをかけ、10分から20分ほど放置したあとであれば落ちやすくなるため、スポンジでこすりつつ水で流しましょう。

ピンク色の汚れ:中性洗剤とアルコール

ピンク色の汚れは一見するとカビが原因と思われますが、実際にはロドトルラという菌の一種です。中性洗剤でこすると簡単に落ちますが、ロドトルラは普通に空気中に浮遊している菌であるため換気とアルコールで予防をおこなうことがとても大切です。

ルドトルラはカビよりも繁殖スピードが速く、水気がある場所であれば瞬く間にピンク色の汚れを広げてしまいます。放置するとこの汚れから黒カビが生えるため、予防を万全としたうえで、ピンク色の汚れが目についたら即座に中性洗剤で洗い落としましょう。

石けんカス:酸性洗剤

石けんカスはアルカリ性の汚れのため、酸性洗剤が有効です。水道水のミネラルと石けん成分が反応して白くこびりついてできたもので、洗い流した石けんが残りがちな壁や床などに付着しやすくなっています。

市販の酸性洗剤やクエン酸で中和させると落ちやすくなるため、洗剤を振りかけてからスポンジやブラシでこすり落としましょう。

垢や皮脂汚れ:中性洗剤やアルカリ性洗剤

人体由来の垢や皮脂汚れは酸性であるためアルカリ性洗剤が有効ですが、軽度なものであれば中性洗剤でも汚れを落とすことが可能です。この汚れは人の触れた場所を代表にどきにでも発生するもののため、中性洗剤をつかった普段の掃除をしっかりとおこなうことで大部分は落とすことができます。

しかし、掃除の行き届いていない場所では重度な汚れとなり、中性洗剤で排除できなくなってしまう場合もあるでしょう。そういったしつこい垢・皮脂汚れにはアルカリ性洗剤や重曹を振りまき、しばらく放置してからスポンジ・ブラシでこすると落ちやすくなります。

風呂掃除をする際の注意点

風呂掃除では洗剤がとても有効な手段になりますが、何も考えずにさまざまな洗剤を使ってしまうと思わぬトラブルの原因になります。この項目では、風呂掃除をする際に把握しておきたい注意点を解説していきます。

強い洗剤の頻繁使用は浴室素材に悪影響

強酸性、強アルカリ性の洗剤は強い洗浄力を持ちますが、汚れに対して強力な反応を起こせることは、薬剤として危険な性質を持っていることを忘れてはいけません。洗浄力の強い洗剤を使うと、浴槽やタイルの素材が傷む可能性や肌を傷める場合があるため注意が必要です。

例えば、業務用の強アルカリ性の洗剤が肌に触れると強烈な化学反応で火傷のような傷を負ってしまいます。一般的に購入できる洗剤にそこまでの威力はありませんが、酸性やアルカリ性といった液性が強ければ強いほど物質に負担をかける法則は把握しておく必要があります。

風呂掃除に重曹やクエン酸がおすすめされるのは、これらが食品にも使用されるほど穏やかな液性を持った、比較的安全な材料であるからです。基本的には中性洗剤や重曹、クエン酸を利用してこまめに掃除をおこない、どうしても落ちない頑固な汚れが出た場合に、より洗浄力の強い洗剤を使うことをおすすめします。

洗剤は混ざらないように注意

液性の異なる洗剤を混ぜてはいけません。意図的に混ぜるだけでなく、汚れた部位に洗剤を吹きかけたあと、そこを水で流したりせずに別の洗剤を使用した場合でも問題が起きることがあります。

酸性洗剤とアルカリ性洗剤を同時に使用すると中和が起きて洗浄効果がなくなりますが、より深刻なのは「混ぜるな危険」と表記されている洗剤を混ぜ合わせてしまった場合です。

塩素系洗剤と酸性洗剤が混ざると有毒な塩素ガスが発生するように、人体に危険を及ぼす可能性があるからです。塩素ガスは低濃度でも鼻やのど、目につらい刺激を与え、肺の奥まで浸透してしまうと深刻な中毒症状を引き起こしてしまいます。最悪の場合には死に至るため、「混ぜるな危険」と表記のある洗剤が混ざり合うようなことは避けてください。

風呂掃除を簡単にするコツ

普段から風呂を清潔にすること意識しておけば、毎日の掃除と定期的な大掃除の両方の負担を減らすことができます。汚れへの対処方法だけでなく、風呂掃除を簡単にする細かいコツも把握しておきましょう。

こまめな掃除で汚れを溜めない

ピンク色の汚れが黒カビの原因であるように、風呂場の汚れは「汚れが汚れを呼ぶ」性質が強いものです。入浴のついでに掃除もおこなえば汚れが付着しにくくなります。簡単な掃除でよいため、毎日の掃除を習慣化しましょう。

水切り・乾燥で水垢予防

水分がついたままの浴槽や壁、床などから水垢が発生するため、入浴や風呂掃除のあとは欠かさず水切りして乾燥させましょう。

水切りワイパーやマイクロファイバークロスなどの吸水性の高い清掃用具で水分を拭き取れば、時間や手間をあまりかけずに乾燥のしやすい状態にできます。毎日の掃除とともに、水切りを習慣化するとよりよい汚れ対策になるといえます。

ボディソープやシャンプーなどの収納を工夫

ボディソープやシャンプーなどのボトルを床や棚に置くと、接地面の隙間に水分や石けんカスなどが入り込んで汚れの原因になってしまいます。こうした入浴用具は床や棚などに直接置かずにフックに吊り下げることで、汚れの発生を抑えられます。

日頃の掃除を楽にするためにも、風呂場にはなるべきモノを直置きしないようにしましょう。

頑固な汚れはプロに任せるのもおすすめ

これまで掃除をする時間が取れなかったために、個人の力では打つ手がないほどに風呂場が汚れてしまっている場合もあるでしょう。どうしようもなく頑固な風呂汚れに対しては、ハウスクリーニング業者への依頼をおすすめします。

ハウスクリーニング業者は風呂掃除のプロでもあるため、長期間放置してしまった頑固な汚れや落としにくい汚れをきれいにしてもらえます。汚れの放置は更なる汚れを呼ぶため、自分では手に負えないと感じた場合はプロの力を借りて早めに除去し、次からは自分で掃除をする習慣を身につけて汚れを防ぐようにしましょう。

ハウスクリーニングを検討している人におすすめの「おそうじ革命」

ハウスクリーニングを依頼するなら「おそうじ革命」がおすすめ!

✔追加料金なしで料金が安い
✔作業の質が高い清掃員
仕上がり保証付きで満足できない場合は無料対応

おそうじ革命を実際に利用した人の評判では「まじめで丁寧」「安い」との声がありました。

厳選した会社にハウスクリーニングを依頼

おそうじ革命の公式サイトを見る

まとめ

風呂場はこまめな掃除と道具・洗剤の使い分けで清潔な状態を保つことができます。それぞれの汚れの原因や性質を考慮し、必要なものを用意しましょう。

洗剤の液性は汚れの種類や安全な使用法にも関わってくるため、正しい知識を身につけることが大切です。日頃から風呂掃除をおこなっておけば、最終的な手間を減らすことは簡単です。

1日1回の簡単な掃除とコツを把握し、風呂掃除の習慣を身につけましょう。

ハウスクリーニングを依頼するなら、「おそうじ革命」がおすすめ!

✔追加料金なしで料金が安い
✔作業の質が高い清掃員
仕上がり保証付きで満足できない場合は無料対応

おそうじ革命を実際に利用した人の評判では「まじめで丁寧」「安い」との声がありました。
気になる人は公式サイトをチェックしてみましょう。

おそうじ革命の公式サイトを見る

この記事の著者
駅探PICKS編集部
駅探PICKS編集部
駅からみつかる楽しい・便利な情報を編集部が厳選してお届け。普段何気なく利用している駅の近くにも、あなたにピッタリのサービスが見つかるかも?