浴室乾燥機の掃除が必要な箇所とは。お手入れの仕方を詳しく解説

浴室乾燥機の掃除が必要な箇所とは。お手入れの仕方を詳しく解説

浴室乾燥機にまとわりつく、ホコリやカビはとても厄介です。浴室が汚れ、見た目が悪くなるだけでなく、においや健康への被害、機械の故障にまでつながりかねません。

この記事では、浴室掃除の悩みのタネになりがちな浴室乾燥機の掃除・お手入れの仕方を詳しく解説。浴室乾燥機のパーツごとに掃除やお手入れの仕方は異なるため、パネル・フィルター・ファンの3部位ごとに説明をおこなっていきます。

総合的に注意しておきたいポイントもあわせて解説していくため、これから浴室乾燥機を掃除する方、浴室乾燥機の汚れに悩まされている方はぜひこの記事をご覧ください。

ハウスクリーニングを依頼するなら、「おそうじ革命」がおすすめ!

✔追加料金なしで料金が安い
✔作業の質が高い清掃員
仕上がり保証付きで満足できない場合は無料対応

おそうじ革命を実際に利用した人の評判では「まじめで丁寧」「安い」との声がありました。
気になる人は公式サイトをチェックしてみましょう。

おそうじ革命の公式サイトを見る

浴室乾燥機が汚れてしまう原因

汚れの取り方を知るためには、まずは汚れの原因の正しい把握が大切です。最初に、浴室乾燥機の汚れの原因について解説していきます。

浴室乾燥機の汚れは、主にホコリとカビの2大要素によって構成されています。 繊維のくずやガスが溜まって生まれるホコリと湿気が呼び寄せるカビが、浴室乾燥機にとって脅威となる汚れです。

ホコリとカビの2大要素が現れる原因を、それぞれを詳しく見ていきましょう。

ホコリが溜まる

浴室乾燥機は湿気を吸い、浴室の使用を快適にしてくれますが、まさにその仕組みがホコリを溜める原因です。

浴室乾燥機が浴室の湿気を吸い取ると、同時にに空気中に舞っているホコリも一緒に吸い取ってしまいます。これにより空気の吸入口やフィルターにホコリが溜まり、浴室乾燥機を汚してしまいます。

カビが発生する

水を多用し、湿気が溜まりがちであることから、浴室はカビが発生しやすい場所です。普段のお風呂掃除でも壁や隅に生えたカビに対応しますが、浴室乾燥機の場合あまり馴染みのない場所にカビが生えてしまうことがあります。

じつは浴室乾燥機のカビは、乾燥機の機械の内部に発生することが多くあります。浴室乾燥機は吸入口を通じて浴室とつながっているため、部屋の空気が流れ込んでいるものです。部屋の湿気や空気中のカビの胞子が浴室乾燥機の吸入口へ入り込み、カビが発生してしまいます。

つまり浴室乾燥機は空気を循環させて機能を発揮させるため、機械の内部にカビが生えていると浴室中にカビをばらまくことになってしまいます。浴室乾燥機を動かした際に「カビ臭いな」と感じた場合には、乾燥機の内部にカビが発生している可能性が高いといえるでしょう。

浴室乾燥機の掃除しないでおくデメリット

汚れた浴室乾燥機を一見しても、まずは「見た目が汚い」という心理的な害のことをイメージするかもしれません。しかし、ホコリやカビの溜まった浴室乾燥機を放置してしまえば、心理的な害はもちろん、健康的な害をなしてしまうことにもつながります。汚れの溜まり機械は故障の恐れもあり、大がかりなメンテナンスが必要な状態になってしまえば経済的な害さえ発生することになります。

この項目では、汚れた浴室乾燥機を放置するデメリットを解説していきます。特記すべきデメリットは以下の3つとなります。

  • 臭いニオイが充満するようになる
  • 体に悪影響を及ぼす
  • 性能が低下し故障の原因になる

それぞれのデメリットが産む具体的な害・悪影響を詳しく見ていきましょう。

臭いニオイが充満するようになる

カビの生えた浴室乾燥機を使用していると、カビが原因となって臭いニオイが浴室中に充満してしまいます。カビの臭いの原因はメチルイソボルネオールやゲオスミンという物質で、浴室の他には水道水のカビ臭さの原因となっていることが多いです。

浴室乾燥機は部屋中の空気を循環させることで、部屋を涼しくしたり温めたり、乾かしたりするため、それらの機能を使うだけで浴室内すべてがカビのニオイで満たされてしまうようになります。浴室内に吹く風すべてにニオイの原因が乗ってしまうため、逃げ場はありません。汚れた浴室乾燥機を放置することは、浴室じゅうを臭くしてしまうことと同義なのです。

体に悪影響を及ぼす

内部にカビが溜まり、ホコリのたまった浴室乾燥機の風は不健康の源を浴室中に循環させてしまいます。ホコリとカビ菌はアレルギーや喘息、肺炎などの症状を引き起こす可能性があるため、健康への被害を軽く見積もることはできません。

悪臭と同様、汚れた浴室乾燥機を使用してしまえば、飛び散るホコリとカビ菌が部屋中に満たされることになります

性能が低下し故障の原因になる

ホコリとカビは人間の身体だけでなく、浴室乾燥機そのものにも悪影響を与えてしまいます。汚れが溜まることで性能が低下し、故障の原因につながります

フィルターにホコリやカビが蓄積すると空気を吸い込みにくくなり、部屋を暖めたり乾かしたりするのが難しくなってしまいます。本来であれば快適な浴室を実現できた性能も低下してしまい、異音を放ってしまうこともあります。性能が低下すると消費電力が激しくなり電気代もかさむほか、定期的な掃除を怠って使用を続けると、最悪の場合は故障を起こし電気が入らなくなることさえあります。

浴室乾燥機の掃除が必要な箇所 

汚れた浴室乾燥機を放置していると、心理的・身体的・経済的な悪影響に襲われる可能性があります。こうした害を防ぐためには定期的な掃除が欠かせないものですが、浴室乾燥機は一見複雑な機械であるため、「どこをどうやって掃除すればいいのか?」「そもそも専門家でもない人間が掃除をしていいのか?」と混乱してしまうかもしれません。

浴室乾燥機には自分で掃除できる部分と、必要に応じて専門の業者の力を借りたい部分に分かれています。浴室乾燥機をパネル、フィルター、ファンの三要素に分解して、それぞれの掃除の仕方や、掃除をおこなうべき人についてを解説していきます。それぞれを順番に見ていきましょう。

パネル|自分でできる

パネルの掃除は自分でできます。浴室乾燥機の種類によってはカバーといわれていることもありますが、乾燥機を覆っている部品であることが重要です。パネルは空気の出入り口のため、ホコリが溜まることは避けられません。浴室の湿気にも直接触れるため、カビにも注意が必要です。浴室乾燥機乾燥機のうち、もっとも汚れる場所といえるでしょう。

なお、パネルの掃除は1週間に1回おこなうことをおすすめします。掃除機で吸い取り、雑巾で拭き取る可能な簡単な掃除のため、自分ではどうしようもないほどしつこい汚れでない限りは、自分で掃除してみましょう。

フィルター|自分でできる

フィルターの掃除も掃除機と雑巾があれば可能であるため、自分でおこなうことができます。フィルターはパネルを通じて出入りをする空気の通り道で、風に吹かれたホコリなどをキャッチするために設置されています。網目状の構造で汚れをキャッチしているため、網目がすべて埋まるほど汚れてしまうと正常に機能しません。その性質上ホコリはとても溜まりやすく、カビに注意する必要があります。

多くのフィルターはパネル(またはカバー)の内側にあります。スライド式でつまみ出せるようになっているモデルも多いため、可能な場合にはフィルターを取り出して掃除機と雑巾で掃除をしましょう。フィルターの掃除は、1ヵ月に1回おこなうことをおすすめします。

ファン|必要なら業者に依頼する

ファンは浴室乾燥機の内側にあるため、自分で掃除をおこなうのは難しいかもしれません。掃除にあたってはネジを取って解体する必要があります。浴室乾燥機はファンが回転して浴室を循環させる空気を発生させる仕組みの機械です。よって、カビが生えていると胞子を浴室中に拡散させることになってしまいます。

浴室乾燥機の多くは手の届きにくい高所にあり、ドライバーやレンチなどの工具を使用した作業もともないます。ファンがどこにあるかわかりにくいモデルもあるため、不安な方は業者に依頼するほうが安心です。費用の相場は1万円ほどです。

ハウスクリーニングを検討している人におすすめの「おそうじ革命」

ハウスクリーニングを依頼するなら「おそうじ革命」がおすすめ!

✔追加料金なしで料金が安い
✔作業の質が高い清掃員
仕上がり保証付きで満足できない場合は無料対応

おそうじ革命を実際に利用した人の評判では「まじめで丁寧」「安い」との声がありました。

厳選した会社にハウスクリーニングを依頼

おそうじ革命の公式サイトを見る

浴室乾燥機を掃除する流れと掃除するときのポイント

浴室乾燥機の掃除を自分でおこなう前に、掃除のやり方を把握しておきましょう。パネルやフィルターは比較的簡単な掃除となっていますが、ファンの掃除は人によっては難しい作業になってしまうかもしれません。

ここでは浴室乾燥機の汚れを解消するための流れを解説していきます。自分でできるものに関してはそのプロセスをしっかりと把握し、難しそうだと感じる場合には業者の利用も考慮に入れましょう。

浴室乾燥機のパネルの掃除の仕方

浴室乾燥機のパネルの掃除は、以下の流れでおこなうことをおすすめします。

  1. パネルを外す
  2. 掃除機でホコリを吸い取る
  3. 絞った雑巾で汚れを拭き取る
  4. しつこい汚れにはアルコールや洗剤を使う
  5. 細かい汚れに綿棒を使う
  6. 乾いた雑巾などで濡れを拭き、乾燥させる

まずは浴室乾燥機のパネルを外しましょう。浴室乾燥機の取り扱い説明書に従い、過剰な力を加えてパネルを壊すことのないように丁寧に取り外します。浴室乾燥機の多くは高所にあるため、取り外しの際には防水靴を履いたり床を乾燥させたりして、転倒を防ぐようにしましょう。手が届かない場合には無理をせず、脚立などの使用をおすすめします。

パネルを取り外したら手の届きやすい場所に置いて掃除を開始します。まずは掃除機で表面のホコリを吸い取り、次に雑巾で汚れを拭き取ります。雑巾は一度水につけてから固く絞ったものを使用し、軽い力で擦るように拭き取ることが大切です。

しつこい汚れにはアルコールや中性洗剤を含んだ雑巾を使用しましょう。液体をパネルにたくさん垂らすよりも、少量を雑巾に含んで使用するほうが効率的です。アルコールや洗剤による肌荒れが心配な人は、重曹水でも汚れ落としの代用が可能です。細かい汚れや角に溜まった汚れは、水や洗剤で湿らせた綿棒を使って掃除しましょう。

汚れが取れたら乾いた雑巾でパネルの湿りを取り除き、しっかり乾燥させてから浴室乾燥機に再装着しましょう。

浴室乾燥機のフィルターの掃除の仕方

フィルターの掃除も、おおむねパネルと似た流れでおこないますが、フィルターの性質を踏まえて使う道具を変える必要もあります。

  1. パネルを外す
  2. 掃除機でホコリを吸い取る
  3. 水洗いができるフィルターの場合は水で洗う
  4. 絞った雑巾で汚れを拭き取る
  5. しつこい汚れには中性洗剤を使う
  6. 細かい汚れには歯ブラシを使う
  7. 水洗いができる場合は再び水洗い
  8. 雑巾で水分を拭き取り、乾燥させる

まずはフィルターを取り出します。フィルターはパネルのあとに取り外すことが一般的ですが、モデルによっては乾燥機の外側に出っ張ったツマミを引っ張ることでフィルターを取り出せる場合があります。

最初に、パネルと同じように掃除機でホコリを吸い取りましょう。フィルターはパネルよりもホコリが溜まりやすいので、掃除機で相応の量のホコリを吸い取ることができます。続いて、水洗いができる場合はフィルターを水で洗い、汚れを流します。

なお、水洗いができるかどうかは事前に説明書で確認しましょう。

細かい汚れはパネルと同様に雑巾や中性洗剤で拭き取りますが、フィルターは網目状の構造を持っているため、細かい汚れには歯ブラシを使いましょう。近年は汚れを落としやすい雑巾としてマイクロファイバークロスという商品が出回るようになっていますが、マイクロファイバークロスでフィルターを掃除すると網目状の構造を傷つけて壊してしまうため、使用は避けてください。

仕上げの水洗いをおこなった場合とそうでない場合でも、最後に乾いた雑巾で水分を拭き取り、よく乾燥させましょう。乾燥したらフィルターを浴室乾燥機へ取り付け、掃除は終了です。

浴室乾燥機のファンの掃除の仕方

ファンの掃除は以下の流れでおこないましょう。複雑な工程を踏むため、苦手な作業だと感じた人は業者の代行を利用も検討しましょう。

  1. ブレーカーと電気を切る
  2. パネルとフィルターを外す
  3. ファンの固定を解き、取り外す
  4. 中性洗剤でつけ置き洗い
  5. ブラシでファンを掃除する
  6. 洗剤と水ですすぐ
  7. 雑巾で濡れを拭きとり、乾燥させる

掃除のためにはファンを取り外す必要がありますが、その際にはブレーカーと電源を切ってください。万が一取り外し中にファンが回転してしまうようなことがあれば大怪我をしてしまいます。

パネルからファンの取り外しの手順は、説明書を確認しながら正しい手順でおこないましょう。ネジ穴がシリコンカバーで隠されている場合なども少なくないため、説明書から場所を照らし合わせながら、ドライバーやレンチなどの適切な工具を使用し、ファンを取り外していきましょう。取り外した部品をなくしたり、どの部分がどこに対応するかを忘れないように保存しておきましょう。

ファンは中性洗剤で1時間ほどつけおき洗いにします。その間に、ブラシや掃除機で浴室乾燥機の内側を掃除するとより効率的でしょう。乾燥機の内側には通電する部品もあるため、水分を使わない掃除方法を使います。

つけ置き洗いが終わったらファンを取り出し、ブラシを使って汚れを取りましょう。つけ置きで汚れが落ちやすくなってるため、ブラシで軽くこするだけで大丈夫です。汚れが完全に落ちたら洗剤と水ですすぎ、乾燥させてから元の位置に戻します。ファンを外す前と違う取り付けをおこなわないように注意してください。

浴室乾燥機を掃除するときのポイント3つ

浴室乾燥機の掃除を失敗しないために注意しておきたいポイントを3つ紹介していきます。掃除をおこなう前に目を通しておきましょう。

掃除をするときは忘れずブレーカーを落とす

繰り返しになりますが、浴室乾燥機は電化製品です。誤って取り扱うと通電や思わぬトラブルの原因となり、怪我をしたり最悪死に至る場合があります。そのため、必ずブレーカーを落としてから掃除をおこなってください。

また、ファンの掃除の仕方で説明したように、掃除中のファンの回転で怪我をする恐れがある他、濡れた手で浴室乾燥機を触ると感電する場合があります。そのため掃除をする場合はブレーカーを落としたうえで、浴室乾燥機の電源を切ってからおこなうと安全です

マスクやゴーグルを着用する

浴室乾燥機は高所にあるため、部品の取り外しの際にホコリが落ちてくる場合があります。掃除のために部品を動かすことでホコリと一緒にカビの胞子が飛散ため、掃除の際にはマスクとゴーグルを使用しましょう。

部品や金具の箇所を覚えておく

フィンを取り外す過程では、ネジやパーツなどの細かい部品を多数目にします。取り外したものはいいものの、「どの部品がどこに使っていたものか使われていたものかわからない」と混乱をしてしまえば、浴室乾燥機を正しい状態に戻すことができなくなってしまいます。

取り外した部品の在り処は明確にしておきましょう。掃除中になくす恐れもあるため、わかりやすいところでパーツごとに分けての管理が大切です。

また、もじ解体するのが苦手な方は業者に依頼したほうが安心して汚れを落とすことができます。費用は1万円ほどなので、苦手意識を感じる方は無理せず業者への依頼をおすすめします。

まとめ

浴室乾燥機を安全に使うためにはこまめな掃除が必要です。汚れを放置するとホコリやカビによって害が発生するため、パネルは1週間に1回、フィルターは1ヵ月に1回掃除をおこなうようにしましょう。

ファンは難しい取り外しが必要になるため、業者に掃除を依頼することもおすすめします。自分で掃除をおこなう場合には流れを頭に入れ、各種の注意点を踏まえながら進めていくようにしましょう。

浴室乾燥機の掃除をこまめにおこなえば、浴室を快適に利用できる状態を維持しておくことができます。掃除を習慣化し、汚れの心配をなくしてきれいな浴室を楽しみましょう。

ハウスクリーニングを依頼するなら、「おそうじ革命」がおすすめ!

✔追加料金なしで料金が安い
✔作業の質が高い清掃員
仕上がり保証付きで満足できない場合は無料対応

おそうじ革命を実際に利用した人の評判では「まじめで丁寧」「安い」との声がありました。
気になる人は公式サイトをチェックしてみましょう。

おそうじ革命の公式サイトを見る

この記事の著者
駅探PICKS編集部
駅探PICKS編集部
駅からみつかる楽しい・便利な情報を編集部が厳選してお届け。普段何気なく利用している駅の近くにも、あなたにピッタリのサービスが見つかるかも?