大手不動産会社9社の特徴を徹底比較!おすすめの会社はどこ?

大手不動産会社9社の特徴を徹底比較!おすすめの会社はどこ?

不動産の売買を検討している場合、基本的には仲介を依頼する不動産会社を選ぶことからスタートします。世の中にはたくさんの不動産会社がありますが、安心して任せられそうな大手企業を検討する人も多いのではないでしょうか。

しかし大手の社名は知っていても、実績やサービス内容、評判まで把握している人は多くありません。

そこで本記事では代表的な大手不動産会社9選を紹介し、特徴や口コミを紹介していきます。後半では契約する会社をどの基準で選ぶべきかのポイントも解説します。

ぜひ最後まで読んでいただき、大事なパートナーとなる不動産会社を選ぶ参考にしてください。

おすすめの大手不動産会社9選!利用者の口コミも紹介

それでは早速、大手と呼ばれる不動産会社について見ていきましょう。ここでは2021年の不動産取扱高の大きい9社の特徴を、アンケートで調査した口コミと併せて紹介します。

※アンケート結果:2022/3/3/26・クラウドワークス調べ・回答者100名

三井不動産リアルティ

引用:https://www.mf-realty.jp/

取扱高(百万円)

1,563,891

仲介件数

38,507

店舗数

286

出典:公益財団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集」

三井不動産リアルティグループは2021年の取扱高と仲介件数で1位を誇る、国内でも代表的な不動産会社です。グループが運営する「三井のリハウス」は担当者全員が宅地建物取引士の資格を保有しており、高い専門性でサポートしてくれます。

売主・買主双方に損が生じないように「360°サポート」として物件の設備チェックや保証サービスを充実させており、安心して仲介を依頼できるでしょう。

【利用者の口コミ】

30代・男性
30代・男性
対応がとっても良かったので気持ち良く取引ができました。こちらの要望にたいして事細かに聞いてくださり、とっても好感が持てる不動産屋さんでした。おかげさまでスムーズに取引ができました。
20代・男性
20代・男性
家の近くに売り出し物件があり、現地案内に参加しました。該当物件の良い点、悪い点を親切に説明いただき信頼できる方でした。
50代・男性
50代・男性
三井不動産グループの良い印象があり、売却の相談に行きました。査定価格の根拠や売却までの手続き、スケジュールを丁寧に説明して頂きました。実際に売却に踏み切った際も的確に進めて頂き、結果、査定価格以上で売却できて助かりました。

住友不動産販売

引用:https://www.stepon.co.jp/

取扱高(百万円)

1,241,023

仲介件数

35,122

店舗数

269

出典:公益財団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集」

住友不動産販売は2021年の取扱高が大手の中で2番目という実績豊富な不動産会社です。2021年の店舗数が269と非常に多く、店舗ごとに密に情報共有を行うため売り手・買い手のマッチングがしやすいのが特徴。スタッフの教育にも力をいれており専門性も高く、質問や疑問点が生じたときもすぐに解消できるでしょう。

また、売主の場合はステップオークションという独自サービスが利用できるのも利点です。提携する不動産買取会社に不動産情報を提供することで、高く買い取ってくれる会社をオークションのように探すことができます。

【利用者の口コミ】

50代・女性
50代・女性
住友不動産販売は、ステップオークションという方式でたくさんの不動産会社に査定をしてくれるところがとてもよかったです。
50代・女性
50代・女性
不動産の売却を相談しました。担当いただいた方が、とても親切かつ頭の切れる方で、こちらの意向や状況を適切に汲み取りってくださり、気持ちよく対応してくださいました。
20代・男性
20代・男性
マンションの売却で、専任媒介契約を結んで仕事をしてもらいました。売却条件の提示の仕方やどういう人をターゲットにしたらよいかも丁寧に教えてもらえたので良かったと思います。

東急リバブル

引用:https://www.livable.co.jp/

取扱高(百万円)

1,226,485

仲介件数

25,635

店舗数

193

出典:公益財団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集」

東急リバブルはCMなどで知名度が高い大手の不動産会社です。2021年の取扱高が大手企業で3番目とトップクラスで、特に東急線沿いの不動産売買に特に強みを持っています。

特筆すべきなのが「リバブル売却保証」の独自サービスを提供していること。一定期間に不動産が売却できなかった場合に東急リバブル自体が買取を保証するサービスで、着実に売却をしたい人におすすめです。その他にもユニークなサービスを打ち出しているので、気になる人は公式サイトをチェックしてみましょう。

【利用者の口コミ】

30代・男性
30代・男性
ユニークなテレビコマーシャルで有名なこちらの業者さん。扱う物件数が多く、スタッフの方の対応は丁寧・親切で知識も豊富。安心していろいろと相談ができました。
20代・男性
20代・男性
東急リバブルに実家の買取を依頼したのですが、売却するために必要な手続きや書類集めを、自分が仕事でできないところを代わりにサポートしてくれたので、とても助かりましたし、ありがたかったと感じています。
30代・女性
30代・女性
所有している不動産のAI査定をお願いしたところ、非常にスピーディーに査定してもらえた。気軽に使えて、物件の現在価値を把握することができた。

野村不動産グループ

引用:https://www.nomura-re.co.jp/

取扱高(百万円)

893,423

仲介件数

9,322

店舗数

94

出典:公益財団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集」

野村不動産グループは2021年の取扱高が大手企業で4番目の実績を持ちます。グループの中で不動産仲介事業だけでなく、自社ブランドのマンションや戸建ての販売も手掛けています。

売却を検討中の人におすすめなのが、野村不動産ソリューションズ株式会社が運営する『ノムコム』。オンライン相談から実際の売却活動まで頼めるため、近くに店舗がない場合にも利用できます。

【利用者の口コミ】

40代・男性
40代・男性
メリットは物件の質が良く安定した入居が見込めた点です。デメリットは良い物件はあるのですが価格が高い傾向にあり、利回りが標準より低い傾向にあった点です。
20代・男性
20代・男性
中古マンションの仲介を依頼しました。担当者の方はこちらの希望をしっかりと聞き、最初に候補のなかったエリアからも物件を紹介してくれました。購入には至りませんでしたが、良い担当者の方でした。
20代・男性
20代・男性
担当者のレスポンスは早く対応も丁寧だったので高評価です。ただ、中古一戸建てを買うのが初めてだった我々にとって、傷んでいる個所や購入後に必要となった樹木伐採についてサラッと流されてしまい失敗したので、もう少し素人よりの説明があったらなお良かったです。

三井住友トラスト不動産

引用:https://smtrc.jp/

取扱高(百万円)

412,462

仲介件数

7,202

店舗数

72

出典:公益財団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集」

三井住友トラスト不動産は2021年の取扱高が大手各社の中では5番手の不動産会社です。

三井住友信託銀行グループのため、不動産売買で融資を受けたい場合も連携してサポートしてくれます。

また、SUUMOやアットホーム等のポータルサイトでの販売に力を入れており、売主からすればスムーズに買い手を見つけやすいでしょう。なお対応エリアは首都圏・中部・近畿・中国・九州の都市部に限られますので注意してください。

【利用者の口コミ】

30代・男性
30代・男性
年数が経っていたマンションで忍びなかったが、親身になって話を聞いてくれて、売却まで辿り着けたところ。感謝しかない。
40代・女性
40代・女性
三井住友トラスト不動産は手続きがとても早いので頼んでいてとても良かったです。何かあったらまた頼みたいです。
30代・男性
30代・男性
三井住友トラスト不動産は、とてもよくしてくていいです。とてに不動産情報が多く内容に満足ができます。今後もお願いします。

みずほ不動産販売

引用:https://www.mizuho-re.co.jp/

取扱高(百万円)

369,778

仲介件数

3,601

店舗数

50

出典:公益財団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集」

みずほ不動産販売は、金融業界大手のみずほグループに属する不動産会社。2021年の取扱高は大手の中で6番目です。仲介する不動産の品質を担保する独自サービスを提供しており、利用者の約96%が「また取引したい」と感想を寄せています。

独自サービスの一例としては、「建物状況調査(インスペクション)費用をみずほ不動産販売が負担」「住宅設備の修理や瑕疵に対する保証」などが挙げられます。

【利用者の口コミ】

30代・男性
30代・男性
建物の安全性を保障するサービスが充実しています。契約にあたって安心、安全であることを重視した内容であるのが良かったです。
20代・男性
20代・男性
無理な営業もなく相談なども親身に乗ってもらえたので助かりましたし、レスポンスも早くてスムーズな対応でした。
30代・男性
30代・男性
立地が素晴らしいだけでなく、家賃もかなりリーズナブルで助かりました。高い敷金礼金もありませんでした。

三菱UFJ不動産販売

引用:https://www.sumai1.com/

取扱高(百万円)

353,360

仲介件数

4,307

店舗数

42

出典:公益財団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集」

三菱UFJ不動産販売は2021年の取扱高が大手各社の中で7番手に位置する会社です。金融業界では知名度トップクラスの三菱UFJ銀行グループのため、売主・買主ともに相手から信頼を得られやすいのが強み。銀行系なので、住み替えに伴う住宅ローンや相続に関してもワンストップで相談ができるのも利点です。

店舗数は大手の中ではやや少なめで、対応エリアも関東・中部・近畿に限られるので、これらの地域で不動産売買を検討中の人にはおすすめです。

【利用者の口コミ】

30代・男性
30代・男性
銀行からの紹介だったため、住宅ローンの手続きと連動して取引を行うことが出来、スケジュール感がつかみやすかった。
40代・女性
40代・女性
三菱UFJ不動産販売販売は手続きがすごくスムーズで親切だったので依頼してとても良かったと思いました。
40代・女性
40代・女性
家を建てる時用の土地を探していたのですが、他所のところで直前に契約ができないトラブルに見舞われ落ち込んでいた時に気分転換を兼ねてこちらに足を運びました。とても親身になって物件を探してくれて、未公開情報もほうふにありこちらに変えて良かったです。

オープンハウス

引用:https://oh.openhouse-group.com/

取扱高(百万円)

293,482 

仲介件数

7,232

店舗数

52

出典:公益財団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集」

オープンハウスは東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・福岡を中心に展開する不動産会社で、大手の中で2021年の取扱高は8番目です。土地の調達から設計、施工、販売までをワンストップで手掛けるビジネスモデルを採用しており、都心部の狭い土地でも家が建てられるという強みがあります。

東京・千葉・埼玉・神奈川の4エリアでは不動産買取にも力を入れています。狭小地や変形地も買取できるので、そのような土地の使い道に困っている人におすすめです。

【利用者の口コミ】

30代・男性
30代・男性
提供される家のクオリティは高く、自分のこだわりを性能として取り込んだ独自性ある物件の獲得が叶う点が良かったです。
20代・女性
20代・女性
とにかく迅速に対応してもらえた。自分が住みたい物件の下見も当日出来ないにも関わらず、オーナーさんと連絡をとってくださり、当日内見できたので良かった。
30代・男性
30代・男性
他者に比べて、価格が高い印象があるが、震度6以上の地震でもびくともしなかった。地震に強い印象がある。

積水ハウスグループ

引用:https://sumusite.sekisuihouse.co.jp/kanto/

取扱高(百万円)

234,596

仲介件数

8,078

店舗数

115

出典:公益財団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集」

積水ハウスグループは2021年の取扱高が大手企業の中で9番目にランクインしています。ハウスメーカーとして知名度が高い会社ですが、自社メーカーの中古物件を中心に不動産の仲介も扱っています。積水ハウスで建てた家を売買したい方にとっては、おすすめの会社です。

また、住宅メーカー10社と共同で策定した高精度の査定基準を持っており、住宅の価値をしっかりと見極めて査定をしてくれるでしょう。

【利用者の口コミ】

30代・女性
30代・女性
対応していただいたスタッフの方がとても親切で不動産売買においてのメリットだけではなくデメリットなども教えていただいたことがとても信頼できました。
30代・女性
30代・女性
色んな大手不動産をまわりましたが、こちらが一番スタッフの対応も良くて親身になって話を聞いてくれました。アフターケアも迅速に対応して頂き満足しています。
30代・女性
30代・女性
実家の建て替えの際に積水ハウスで家建てるのを検討しました。1〜2ヶ月ほど実際に営業さんと打ち合わせをしましたが、かなり良い印象でした。まだ若い方だったので知識は不十分だった感じはありますが、一生懸命対応してくれてよく調べてくれました。割と夜遅くにメールしてしまうことが多かったのですが、夜でもメールを返してくれて不安を解消しながら日々過ごすことができたのは担当の営業さんのおかげです。ただ、金額の問題で別のメーカーさんで契約しました。

大手の不動産会社を利用するメリット・デメリット

大手の不動産会社と聞くと弱点はないように感じますが、メリットだけでなくデメリットも存在します。どちらもきちんと理解して、自分に合うかどうか判断しましょう。

大手不動産会社を選択するメリット

まずは代表的なメリットを3つ紹介します。

  • 販売力の高さ
  • 信頼度がの高さ
  • サービスの安定性

販売力の高さ

大手の第一の強みは販売力です。大手は資金力を活かして広告、ポータルサイト、DMなどの手段を利用して不動産の宣伝をすることが可能です。全国的なネットワークを利用して店舗間で情報交換できるため、買い手が見つかりやすいというメリットもあります。なかなか買い手が見つからない、急いで売却したいといった場合に、大手はおすすめです。

信頼度が高い

大手不動産会社は知名度があり、販売実績も豊富なため安心して任せられます。困ったときのサポート体制も整っているので、初めて不動産売買をする人には特におすすめです。

購入する側からしても、知名度が高い不動産会社が取り扱っている物件であれば安心感があるので、契約がまとまりやすくなるメリットもあります。 

サービスの安定性

大手不動産会社には提携会社が多くあるケースがほとんどです。たとえば不動産に関連する法律の専門家、司法書士、税理士などもこのひとつです。ハウスクリーニング会社、設備管理会社を自社で抱えているケースもあります。

不動産の売却では多くの手続きや作業が必要となります。自分で専門家に相談したり専門業者に依頼したりするのは意外と手間がかかります。このような煩雑な手続きや作業をワンストップで相談できる点も、大手のメリットでしょう。

大手不動産会社を選択するデメリット

大手の不動産会社にはデメリットもあります。代表的なものを2つ紹介します。

  • 担当者に当たり外れがある
  • 優先度が低くなる可能性もある

担当者に当たり外れがある

不動産会社選びでは担当者を信頼できるかどうかも重要です。大手の場合、従業員が多い分、担当者によって対応品質にばらつきがあることもあります。

不動産売却では長期にわたり担当者とやりとりするため、相性が悪いとストレスがたまってしまうでしょう。担当者に不安を感じる場合には変更を申し出ても構いません。 

優先度が低くなる可能性もある

大手不動産会社は1人の担当者が多くの案件を抱えているケースもよくあります。そのため個別で優先的に売却活動を行ってもらうことが難しいこともあるでしょう。

経験が少ない担当者であれば、なかなか売却活動が進まずに時間ばかりが過ぎてしまうこともあるので注意が必要です。

不動産会社の選び方

本記事では大手の不動産会社について詳しく紹介していますが、中小の不動産会社にもそれぞれ強みがあります。大手に加えて中小も選択肢に入れるとなると、どの基準で選べば良いか迷ってしまうかもしれません。

ここでは会社規模に関係なく、不動産会社を選ぶ際のポイントについて解説します。

不動産会社の得意分野を知る

不動産は、マンション・戸建て・土地・農地・投資物件…といった具合にさまざまな種類があります。まずは自分が売買したい不動産の扱いに長けているかどうかを評価軸としましょう。都心部に強い、地方に強いなど、エリアによっても得意不得意は分かれます。

不動産会社の得意分野を見極めるには、公式ホームページなどに記載されている取引実績や主に扱っている不動産を確認する方法があります。

また宅建業免許番号で調べる方法もあります。宅建業免許番号は、不動産業を開業する際に申請して国から割り当てられる番号です。これを調べることで、過去の取引実績や行政処分の対象になったことがないかを知ることもできます。

査定を依頼して見積書をチェックする

不動産売却では、まず不動産会社に査定を依頼し、売却価格の目安を把握することが大切です。ここでポイントとなるのが見積書です。

見積書には査定額以外にも重要な情報が記載されているため、見落とすことなくきちんと確認することが大切です。具体的には次の項目をチェックしてみましょう。

  • 不動産の情報
  • 査定価格
  • 周辺環境
  • 流通性比率

自分が所有している不動産の価値がどの程度で、なぜそのような価値として評価されているのかを知れば売り出し価格の設定で迷わなくなります。

たとえば、不動産のある周辺で都市開発が進めば価値が将来高くなる可能性があります。査定額が想定よりも高い場合は、こうした背景があることが多いです。

流通性比率は、査定した不動産がどの程度売りやすいかを示す数字です。100%を基準としてそれ以上であれば売りやすい不動産、それ以下であれば売るのが難しい不動産であると判断されていることになります。

見積書を確認してわからない点は、不動産会社の担当者に遠慮なく確認しましょう。丁寧な対応をしてくれる不動産会社であれば信頼度もアップするでしょう。

1社だけで決めてしまわない

不動産会社を選ぶ際には、複数の会社に査定を依頼して金額を比較することが大切です。知名度や家からの近さだけで不動産会社を決めてしまうと、実際にはその物件の扱いが不得意で、売却がスムーズに進まないこともあります。

とはいえ、日々忙しくしている人は何社もの会社に足を運ぶ時間がとれないこともあります。最近ではそのような人向けに、複数社に一括で査定依頼ができるネットサービスが登場しているので利用してみましょう。

そのようなサイトは一括査定サイトと呼ばれ、不動産の情報を1度入力するだけで複数社にまとめて査定を依頼することができます。提携する不動産会社の審査基準を設けていることも多いため、初めて査定を依頼する人も安心して利用できます。

不動産会社に依頼する際の注意点

続いて、不動産会社に売却を依頼する際の注意点を解説します。事前に注意点を理解しておけば、悪徳業者につかまるリスクを避けられます。

よく理解してスムーズな売却ができるようにしてください。

売却を急がせる不動産会社

不動産の売却をとにかく急かすような担当者には要注意です。不動産会社の営業担当者は、契約件数や売上の目標を抱えていることが多いため、ノルマ達成のために売却を急かされているかもしれません。

「値下げしないと売れ残ってしまう」「今売らないと損をする」など売主を焦らせる発言をされたら、一度冷静になって「別の担当者の話を聞きたい」と要望を出すことも必要です。

査定額が極端に高額

複数社に不動産査定を依頼した際、極端に高額な査定額を提示してくる不動産会社もあります。もちろん高額で売却できたほうが理想ではありますが、この場合は警戒が必要です。

不動産会社のなかには、契約を取るためにあえて相場より高い査定額を出す会社もあります。契約して高値で販売を開始してもなかなか買い手が現れず、売り出し価格を下げさせられるケースも少なくありません。

明らかに他社より高額な査定額を出す会社には査定の根拠を入念に確認しましょう。

担当者との相性

不動産会社の候補をいくつかに絞る際には、実績やサービス内容をもとにしてもよいでしょう。しかし最終的には、担当者との相性が最も重要です。

信頼できる不動産会社であっても担当者との相性が合わない場合は、意思疎通がうまくいかず売却をスムーズに進めるのは難しくなります。

担当者も人間なので、話し方や雰囲気が合わないケースもあり得ます。もしもそのように感じたら担当者変更を申し出たり、違う店舗に相談に行くのも選択肢です。

不動産会社に関するQ&A

最後に、不動産会社に売却を依頼する際に出てくる疑問点について解説します。大手と中小の比較、仲介と買取の比較をメインに解説しますので参考にしてください。

Q:不動産を売却する際、大手と中小のどちらを選択したほうがよい?      

A:会社の規模にとらわれることなく、自分が売却したい不動産の特徴をよく理解して、その領域が得意な不動産会社を選択することをおすすめします。

例えば中小でも「地域情報に精通している」「大手よりも交渉に柔軟に応じてくれやすい」などメリットもあります。メリットデメリットを把握し、自身に合う会社を選びましょう。

Q:大手と中小ではかかる費用が異なる?

A:大手と中小で費用が変わるケースはあります。例えば仲介手数料の場合、大手は値引きに応じてくれないケースが多いですが、中小の場合は柔軟に相談に乗ってくれるケースもあります。

媒介契約を結ぶ前にどの程度の交渉が可能か、きちんと確認しておくことをおすすめします。

Q:不動産買取と仲介はどちらを利用したほうがよい? 

A:不動産買取と仲介ではそれぞれメリット・デメリットが異なります。結論から言えば、急いで売却する必要がなければ仲介を利用することをおすすめします。

仲介は不動産会社に売却活動を依頼して広く一般から買主を探す方法です。これに対して買取は、不動産会社自身が買主となります。

仲介では売却まで最低3カ月程度の期間が必要とされますが、買取は買い主を探す必要がないため最短1週間で契約が成立するのがメリットです。

ただし買取の場合は、一般的な売却相場の7割程度に売り値が下がります。大幅に金額が変わるので、すぐに資金が必要な事情がない限り、仲介を選ぶことをおすすめします。

まとめ

本記事では、大手の不動産会社9選や、大手に依頼するメリット・デメリットについて解説してきました。

大手不動産会社は他社と差別化するために独自のサービスを提供しています。各社のサービスを比較して相性が良さそうなところに相談してみましょう。

不動産会社選びで迷った際に便利なのが、一括査定サイトです。一度情報を入力するだけでまとめて複数の不動産会社に査定を依頼できるので効率的に会社を探すことができます。

ぜひ本記事の内容を参考にして、納得のいく不動産売買をスタートさせてください。

この記事の著者
駅探PICKS編集部
駅探PICKS編集部
駅からみつかる楽しい・便利な情報を編集部が厳選してお届け。普段何気なく利用している駅の近くにも、あなたにピッタリのサービスが見つかるかも?